この記事は約2分で読み終わります。

近年増えている訪日外国人観光客を飲食店がおもてなしする際には、「食べることが出来ないもの」「食べてはいけないもの」「食べたくないもの」でニーズを整理することが出来ることを「飲食店のための国籍別インバウンド対策・おもてなしポイント」シリーズでご紹介しました。

また、国による習慣・文化によるものとは別に「イスラム教」、「仏教」、「ユダヤ教」「ヒンドゥー教」などの宗教ごとに気をつけるポイントがあります。それぞれの宗教ごとに「食べてはいけないもの」が細かく定義されており、その内容は非常に多義に渡っています。

飲食店の立場としてはご予約をいただいた際、料理の提供前に「何を食べる事が出来ないのか?」を伺うということにつきますが、今後増えていく訪日外国人観光客をおもてなしする上で、簡単に宗教ごとの違いを理解しておくことも重要と言えます。

宗教別に見る「食べてはいけないもの」一覧表

宗教別「食べてはいけないもの」一覧表

宗教別「食べてはいけないもの」一覧表

簡単に各宗教ごとに戒律で「食べてはいけない」とされているものを理解するため、それらをまとめた一覧表となります。こうして一覧で見ていくと、特にこれといって「食べてはいけないもの」がないキリスト教、と比較して各宗教は戒律が厳しいことがわかります。

キリスト教

今回まとめた宗教の中では最も食べ物に関する戒律が緩く、肉や魚を食べることにも特に制約がなく、「ワインは神の血で、パンは神の肉」という言い方もあるほど、アルコールを飲むこと自体は問題なく、唯一酩酊してしまうことのみが禁止されています。

イスラム教

イスラム教で食べても良いものはハラールミールと呼ばれており、何を食べて良いのかについて極めて厳格に規定されています。肉類は一般的に食べることが許されていますが、イスラムの教えに従って屠殺された肉(ハラールミール)以外を食べることは出来ません。また宗教上、豚は汚れのあるものとして最大の禁忌となっています。

ユダヤ教

イスラム教と同様に豚を食べる事が禁忌とされており、カシュルートという食事に関するルールが存在します。特に注意すべきが牛乳、乳製品と肉類を提供、調理、保存することが厳禁とされているということで、こうした食事ルールを守るために家にキッチン、冷蔵庫が2つあるというユダヤ教の家庭も珍しくないようです。

ヒンドゥー教

個人差はありますが、ヒンドゥー教では肉類全般、魚介類全般が避けられる傾向にあります。牛が神聖な生き物とされていますが、牛を傷つける事がない牛乳、乳製品に関しては食べることは禁止されていません。その他には五葷と呼ばれるネギ科の植物を食べることが禁じられています。

仏教

宗派によって、また個人差もありますが、基本的には殺生が禁じられているため肉食が避けられます。また、ヒンドゥー教と同様に五葷と呼ばれるネギ科の植物を食べることも禁じられています。

 

まとめ

全ての宗教ごとにどういった食べ物を食べてはいけないとされているかを覚える事は難しいですが、こうした一覧表で頭の隅に入れておけば、実際に該当する宗教を信仰するお客様が来店されても慌てることはないでしょう。いずれにしても飲食店の立場としては、ご予約をいただいた際、料理の提供前に何を食べる事が出来ないのかを明確に確認することが大切です。

 

<参照>

 

訪日ラボに「いいね」をして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…