この記事は約4分で読み終わります。

インバウンドビジネスやインバウンド関連サービスで成功を収めている企業はどのような対策をし、どのような成功・失敗例があるのでしょうか。シリーズ「インバウンドの中の人」は、まさしくインバウンド業界の渦中にいるキーパーソンを対象にお話を伺います。

今回は、訪日外国人旅行者の行動解析ツール「inbound insight(インバウンドインサイト)」を提供する株式会社ナイトレイの代表取締役 石川 豊氏にお話を伺いました。

inbound insight(インバウンドインサイト)のナイトレイ、1.3億の資金調達

SNSの投稿などを切り口に、インバウンドの行動解析ができるツール「inbound insight(インバウンドインサイト)」などを運営する株式会社ナイトレイ(以下、ナイトレイ)が、ニッセイ・キャピタル株式会社・SMBCベンチャーキャピタル株式会社・株式会社レジェンド・パートナーズを引受先とした第三者割当増資を実施し、総額1.3億円の資金調達を実施しました。

これをうけて訪日ラボでは「インバウンドの中の人」シリーズとしてナイトレイの代表取締役 石川 豊氏(以下敬称略)にインタビューを実施。今回の資金調達の目的や、ナイトレイの考える今後のインバウンドについて聞いてみました。

<inbound insight(インバウンドインサイト)関連記事>

――今回の出資の経緯や、その目的を教えてください。

石川:

「inbound insight」はサービス開始から1年半で4,300社を超える企業や自治体に利用いただくなど際立った成長を遂げており、具体的には「自社で訪日外国人対策を推進する企業(小売業、メーカー、自治体等)」や「インバウンド対策ソリューション提供企業(広告、決済、リサーチ等)」向けのサービス提供を中心に、新機能の開発・サービス改善、人員増強を行なっていく予定です。

また、inbound insight事業と並行展開してるロケーションインテリジェンス事業(B2B)・アプリ事業(B2C)も含めた3つの事業で事業拡大を目指していきます。

――現在までのinbound insightの利用企業数はどのような推移をたどっていますか。

石川:

inbound insightは2015年7月のリリースから1年間で約3,000社、現在は約4,500社が利用いただいています。

――たった1年半でinbound insight利用企業数4,500社にのぼったとのことですが、その推移の転換点はいつでしょうか。

石川:

明確な転換点はないですが、ガイアの夜明けやWBSなどマスメディア(特にTV)に取り上げられたタイミングで大きく伸びました。

――やはりインバウンド関連企業が多いと思いますが、どのような業種の企業がinbound insightを利用していますか。

石川:

小売、メーカー、観光関連、広告代理店、インバウンドソリューション企業、鉄道関連企業、自治体等の幅広い業種で利用いただいています。

――少々質問の視点を変えて、ナイトレイ社内に外国人スタッフは居ますか。

石川:

現在、海外出身のメンバーが2名います。中国出身のエンジニアと、フランス出身です。今後も日本に限定せず、グローバルにナイトレイにジョインしてくれる人を探していきたいです。

――そのスタッフの「外国人ならでは」の取り組みなどはありますか。

石川:

基本的には日本人と同様にそれぞれの得意とする分野で活躍してもらっていますが、中国語などの外国語の解釈や現地の文化を理解する上でサポートしてもらうこともあります。

――ナイトレイは以前からロケーション分析を扱っていましたが、「インバウンド」に目を付けたのはいつごろなのか、またその理由を教えてください。

石川:

2014年後半です。当時から日本人や日本語を中心にロケーションデータ解析を提供している中で、クライアントから「訪日外国人が日本のどこで何をしているのかがわからず困っている」「訪日外国人の動向データも解析してほしい」といったニーズが多くなってきたためです。

――なるほど、クライアントの要望からスタートした事業なのですね。その「インバウンド市場」ですが、今後どのような動きになると見ていますか。

石川:

今後も東京オリンピックやその先にかけて訪日客数は増加していくでしょう。特に中国や東南アジアなど、所得上昇やビザの緩和等で日本へ旅行できる潜在層が増えていますし、初めての訪日外国人に関しては東京、京都、大阪等のゴールデンルートへの訪問が多くなるのは仕方ないとして、FITやリピーターは地方都市やディープなスポットへと分散する動きが目立ってくると思います。

――ありがとうございました。最後に、使用を検討している企業・団体に向けて「inbound insightをこのように活用してみては?」という中の人からのアドバイスはありますか。

石川:

統計データプランや訪日消費データプランを活用して訪日外国人についての定量データを把握していただいた上で、
更にSNS解析プランを使って詳細かつタイムリーな定性データ(クチコミ、写真、興味関心)を分析する使い方がオススメです。

 

インタビュイープロフィール

会社名:株式会社ナイトレイ

代表者:代表取締役 石川 豊

創業:2011年1月

本社所在地:東京都渋谷区南平台町15-11 南平台野坂ビル4F

URL:http://nightley.jp/

 

訪日ラボに「いいね」をして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…