この記事は約3分で読み終わります。

訪日韓国人観光客は2013年は約246万人、2014年は約276万人で、2015年は400万人を突破し順調に増加しています。男女の比率はほぼ同数で、年齢的には若い世代が多い訪日韓国人観光客ですが伝統的に儒教の影響が強いのでマナーと注意すべき点を紹介します。

 

短期滞在者が多い訪日韓国人観光客

訪日韓国人観光客の滞在日数:JNTOより引用

訪日韓国人観光客の滞在日数:JNTOより引用

訪日韓国人観光客の滞在日数は3日以内が36.1%、4〜6日間が53.7%となっており、1週間以内の滞在で約9割を占めるほどに短期滞在者が多いです。

そのかわりリピーターが多く、初回訪問者は32.5%、2〜5回目が41.6%で、リピーター率はほぼ7割に達しています。入出国空港は関西が25.5%、次いで福岡が17.2%と西日本からの入国が多いことが特徴で、成田は15.6%と、全訪日外国人観光客の平均(35.9 %)よりも少ないのが特徴です。

<関連>

訪日韓国人観光客の訪日旅行の目的

訪日韓国人観光客の訪日旅行の目的は、温泉旅行と日本食、そしてショッピングの人気が高い傾向にあります。なかでも日本食に最も期待していた人が33.1%と、全国籍平均(26.0%)よりも高く、食への興味が高いことがうかがい知れます。

 

訪日韓国人観光客の飲食時のマナーと注意点

訪日韓国人観光客は食事についてのマナーは、まずスプーンで食すことが多く、皿を持ち上げて食べることはありません。1番注意すべきは儒教の影響です。とくに目上の人には敬意を表すのが基本的マナーであり、1番目上の人が手を付けるまで食べない、また1番目上の人が食べ終わる前に自分の食事を終わらせる、といったマナーがあります。

また目上の人に酒を注ぐ時には両手でおこなうのがマナーです。目上の人から注がれた酒は横を向いて飲むのが見えないようにするのがマナー。喫煙時は目上の人に断ってから吸う必要があるので注意しましょう。

訪日韓国人観光客の食事提供時のマナーと注意点

日本食に慣れていますが、洋食などを選べるビュッフェスタイルを取り入れると安心です。またキムチを添えると好感度もアップします。訪日韓国人観光客は食事の量の多さを重視する人も多いので、ボリュームには注意が必要です。味噌汁や小鉢などの追加料金は嫌がられます。

 

訪日韓国人観光客の行動とマナーに関する注意点

自己主張が強く、曖昧なことを嫌います。とくに不満を表明する時など、かなり直接的に感情を表現することがあります。冷静に応対するよう注意しましょう。

せっかちな人が多く行列をつくって待つということは苦手です。とくに飲食店や小売店などでは他の顧客とのトラブルになりかねません。日本でのマナーを知ってもらう配慮が必要です。

訪日韓国人観光客の好感度をアップするための配慮

夫婦連れの訪日韓国人観光客の場合ツインベッドよりもダブルベッドが好まれます。また温泉好きで健康・美容にも関心が強いので、温泉の効能などを説明してあげると喜ばれます。

韓国では宿泊料金を部屋単位で支払うので、日本の個人単位の宿泊料金システムには馴染みのない人も少なくありません。事前に正確に説明しておくと安心です。

 

まとめ:リピーター多く満足度も高い訪日韓国人観光客

政治的には時には軋轢のある日韓両国ですが、訪日韓国人観光客は日本の旅行には期待が大きく満足度も高いです。隣国であることから滞在日数は短いですが、リーピーターが多いのでていねいな接客に心がけましょう。日本人に比べ感情表現がストレートなので注意が必要です。とくに目上の人へ敬意を表することがマナーなので忘れずにしましょう。

<参照>

訪日韓国人観光客インバウンドデータ集

 

訪日ラボに「いいね」をして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…