訪日韓国人観光客と接する時のマナーと注意点

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

訪日韓国人観光客は2013年は約246万人、2014年は約276万人で、2015年は400万人を突破し順調に増加しています。男女の比率はほぼ同数で、年齢的には若い世代が多い訪日韓国人観光客ですが伝統的に儒教の影響が強いのでマナーと注意すべき点を紹介します。

 

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

短期滞在者が多い訪日韓国人観光客

訪日韓国人観光客の滞在日数:JNTOより引用

訪日韓国人観光客の滞在日数:JNTOより引用

訪日韓国人観光客の滞在日数は3日以内が36.1%、4〜6日間が53.7%となっており、1週間以内の滞在で約9割を占めるほどに短期滞在者が多いです。

そのかわりリピーターが多く、初回訪問者は32.5%、2〜5回目が41.6%で、リピーター率はほぼ7割に達しています。入出国空港は関西が25.5%、次いで福岡が17.2%と西日本からの入国が多いことが特徴で、成田は15.6%と、全訪日外国人観光客の平均(35.9 %)よりも少ないのが特徴です。

<関連>

訪日韓国人観光客の行き先の傾向:東京、大阪、福岡などが人気でアジア諸国とは異なる傾向

訪日韓国人観光客は2015年には対前年比45.3%の高い増加率で増えて400万人を突破しました。日本食を食べることや、街歩き・ショッピングそれと日本の自然や景勝地観光を主な目的にしています。訪日韓国人観光客の行き先を確認してみましょう。 入出国施設に特徴ある訪日韓国人観光客入出国に成田・羽田空港を利用する訪日韓国人観光客はそれぞれ12.3%、15.6 と少なめです。代わりに西日本の施設の利用率が高く関西空港は25.5%、福岡空港は17.2%です。また博多港を入出国に利用している人は6.0%...

訪日韓国人観光客の訪日旅行の目的

訪日韓国人観光客の訪日旅行の目的は、温泉旅行と日本食、そしてショッピングの人気が高い傾向にあります。なかでも日本食に最も期待していた人が33.1%と、全国籍平均(26.0%)よりも高く、食への興味が高いことがうかがい知れます。

 

訪日韓国人観光客の飲食時のマナーと注意点

訪日韓国人観光客は食事についてのマナーは、まずスプーンで食すことが多く、皿を持ち上げて食べることはありません。1番注意すべきは儒教の影響です。とくに目上の人には敬意を表すのが基本的マナーであり、1番目上の人が手を付けるまで食べない、また1番目上の人が食べ終わる前に自分の食事を終わらせる、といったマナーがあります。

また目上の人に酒を注ぐ時には両手でおこなうのがマナーです。目上の人から注がれた酒は横を向いて飲むのが見えないようにするのがマナー。喫煙時は目上の人に断ってから吸う必要があるので注意しましょう。

訪日韓国人観光客の食事提供時のマナーと注意点

日本食に慣れていますが、洋食などを選べるビュッフェスタイルを取り入れると安心です。またキムチを添えると好感度もアップします。訪日韓国人観光客は食事の量の多さを重視する人も多いので、ボリュームには注意が必要です。味噌汁や小鉢などの追加料金は嫌がられます。

 

訪日韓国人観光客の行動とマナーに関する注意点

自己主張が強く、曖昧なことを嫌います。とくに不満を表明する時など、かなり直接的に感情を表現することがあります。冷静に応対するよう注意しましょう。

せっかちな人が多く行列をつくって待つということは苦手です。とくに飲食店や小売店などでは他の顧客とのトラブルになりかねません。日本でのマナーを知ってもらう配慮が必要です。

訪日韓国人観光客の好感度をアップするための配慮

夫婦連れの訪日韓国人観光客の場合ツインベッドよりもダブルベッドが好まれます。また温泉好きで健康・美容にも関心が強いので、温泉の効能などを説明してあげると喜ばれます。

韓国では宿泊料金を部屋単位で支払うので、日本の個人単位の宿泊料金システムには馴染みのない人も少なくありません。事前に正確に説明しておくと安心です。

 

まとめ:リピーター多く満足度も高い訪日韓国人観光客

政治的には時には軋轢のある日韓両国ですが、訪日韓国人観光客は日本の旅行には期待が大きく満足度も高いです。隣国であることから滞在日数は短いですが、リーピーターが多いのでていねいな接客に心がけましょう。日本人に比べ感情表現がストレートなので注意が必要です。とくに目上の人へ敬意を表することがマナーなので忘れずにしましょう。

<参照>

訪日韓国人観光客インバウンドデータ集

データでわかる訪日韓国人観光客

2000年代から、日本語を学ぶ学生が増えています。その理由は、日韓交流の増加により日本語が就職に有利と判断され始めていること、日本文化に対する関心が高くなってきていることなどが挙げられます。実際に、韓国の日本語学習者数は約91万人(2006年)と世界の中でもトップで、世界の日本語学習者の約3割(30.6%)を占めていることになります。

訪日韓国人観光客の特徴

日本の製品やコンテンツに強い関心を持っており、距離的にも近い韓国はインバウンド消費を狙ううえで無視できない国のひとつです。リピーターが多く、自分の興味に合わせた旅行プランを練る傾向のある韓国人観光客は、東京都などの定番観光スポット以外にも足を運びます。

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

訪日ラボおすすめのセミナーや記事をご紹介します。

訪日ラボ トレンドLIVE! Vol.2 〜見逃せないインバウンドの最新情報をお届け〜


初回から人気を博した「訪日ラボ トレンドLIVE!」シリーズの第二弾を開催!

TVや新聞などでも日々取り上げられているインバウンドの動向ですが、業界が盛り上がるにつれて情報把握が難しくなっています。

「訪日ラボ トレンドLIVE!」では、訪日ラボとして取材や情報収集を行っている中で、これこそは把握しておきたいという情報をまとめてお伝えしています。

今回も、インバウンド業界最大級メディア「訪日ラボ」副編集長が、今月6月のインバウンドトレンド情報や、独自の取材で気づいたことについてお話ししていきますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

<本セミナーのポイント>

  • 毎月インバウンドの最新動向がわかる!
  • インバウンド業界最大級メディア「訪日ラボ」を運営する副編集長 石橋が登壇!
  • 30分間でサクッと学べる!

詳しくはこちらをご覧ください。
訪日ラボ トレンドLIVE! Vol.2 〜見逃せないインバウンドの最新情報をお届け〜

【インバウンド情報まとめ 2024年5月後半】「世界で最も成長している観光地」トップに東京 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年5月後半版レポートから、5月のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

※【インバウンド情報まとめ】は2024年5月より月2回発行いたします!最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

「世界で最も成長している観光地」トップに東京 / 富士山前のコンビニ、撮影防止の「黒幕・防護柵」設置【インバウンド情報まとめ 2024年5月後編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに