この記事は約2分で読み終わります。

訪日タイ人観光客は、他の訪日外国人観光客と比べて、ホテルの利用率はあまり高くなく、その反面、旅館利用者が多くなっています。なぜ、このような傾向があるのでしょうか。今回は、訪日タイ人観光客の宿泊施設の利用の仕方について解説します。

 

訪日タイ人観光客のホテル利用率

まずは訪日タイ人観光客のホテル利用率について見ていきましょう。訪日タイ人観光客のホテル利用率は79.0%となっており、ホテル利用率の高い訪日香港人観光客(91.9%)、訪日中国人観光客(88.2%)や、訪日外国人全体(84.4%)と比較しても決して高いとはいえません。

訪日タイ人観光客は意外と知人・親類宅に泊まるケースが多い

訪日タイ人観光客の宿泊先の特徴は親族・知人宅への宿泊が11.7%となっており、訪日外国人全体の7.7%と比較すると高い傾向にあります。

主な来訪目的(単一回答)によれば、訪日タイ人観光客は親族・知人訪問が6.1%と、全体(5.6%)と比較して多少高く、したがって知人を訪ねての訪問で知人宅に泊まるケースや、観光目的でも知人宅を利用するケースがあるものだと見られます。

とはいえ、大勢としては「訪日タイ人観光客が最も泊まるのはホテルである」ということは変わらず、「他の訪日外国人観光客と比較して、ホテル利用率が低い」という特徴がある、という印象です。

 

どうしてホテルの人気が低いのか

それでは、ホテルの人気が低いのであれば旅館はどうでしょうか?訪日タイ人観光客の旅館宿泊率は18.7%となっており、際立って高い数値とは言えません。

訪日タイ人観光客の訪日前に期待していたことの項目を見てみると

  • 日本食を食べることが79.7%(全体69.7%)
  • 日本の歴史・伝統文化体験が24.5%(全体16.7%)
  • 日本の日常生活体験が20.8%(全体15.4%)
  • 日本のポップカルチャーを楽しむ13.2%(全体9.2%)

と、日本文化を楽しみに訪問する傾向があることがわかります。また、タイ国内では日本のお菓子や食品などがコンビニでも手に入るほどに普及しており、日本ブームともいうべき状況になっています。

であるのにも関わらず、旅館も数値が低い。これはどのようなことなのでしょうか。

仮説:訪日タイ人観光客は1度の旅行で1種の宿泊施設しか泊まらない

観光庁の訪日外国人消費動向調査の宿泊先の項目は、回答方式が複数回答となっています。たとえば、1回の訪日旅行で1日目がホテル、2日目が旅館、といった場合には、ホテルと旅館双方に得票されることになります。

また、他の宿泊施設での宿泊率も、他の訪日外国人観光客と比較して際立って高い数値を示しているものはありません。

従って、訪日タイ人観光客は、1度の訪日旅行でホテルを利用するなら(宿泊地を変えたとしても)ホテルに泊まり続け、旅館に宿泊するなら旅館に泊まり続けるのではないかと考えられます。

 

まとめ:日本ならではの体験ができる宿泊施設を求める訪日タイ人観光客

訪日タイ人観光客は比較的ホテルの利用率が低い傾向にあります。かといって、旅館に集中しているわけでもなく、他の宿泊施設についても際立って宿泊率が高いわけでもありません。

そのため、調査の回答項目が複数回答であるという特徴から、訪日タイ人観光客は1度の訪日でホテルに泊まったならホテルに泊まり続ける特徴がある、とうことが見えてきます。

<参照>

訪日タイ人観光客インバウンドデータ集

 

役にたったら
いいね!してください

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…