訪日韓国人観光客数の動向:3年間で倍増し、2015年には約350万人を記録

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

訪日韓国人観光客の人数は2012年以降順調に増加して2015年には400万人を突破し、訪日外国人観光客数1位の中国(約500万人)に次ぐ第2位の訪日数となります。リピーター率も7割を超える訪日韓国人観光客の日本旅行に関する人数を確認してみましょう。

 

「訪日ラボ」の最新インバウンドノウハウが配信されるメルマガに登録する

韓国の人口・人数

韓国の主要都市の人口:ja.wikipedia.orgより引用

韓国の主要都市の人口:ja.wikipedia.orgより引用

韓国の人口は約5千万人、最大都市のソウル市の人数は約1千万人、そしてソウル・仁川を中心とする広域市(韓国の地方行政地区 日本の政令指定都市のようなもの)の合計人数は2200万人に達し、韓国全体の人口の半分近くを占めています。

ただし韓国政府はこのソウル一極集中を是正し始めているのでソウル周辺地域の人数は今後は減少すると考えられます。

訪日韓国人観光客の旅行形態

訪日韓国人観光客の団体旅行・個人旅行の比率:観光庁 訪日外国人消費動向調査より引用

訪日韓国人観光客の団体旅行・個人旅行の比率:観光庁 訪日外国人消費動向調査より引用

訪日韓国人観光客は東アジアからの観光客の中では団体旅行参加者が少なく、個人旅行者が多くなっています。個人旅行者のうちでもパッケージツアーの利用者は1割未満、個別手配の個人旅行者の人数割合は7割弱となっており、団体旅行での訪日は16%程度に留まっています。

 

1990年代の訪日韓国人観光客の人数

訪日韓国人観光客人数は1990年に74万人、翌91年には86万人となり、以後90年代はほぼ100万人にむけて緩やかに増加していきます。しかし97年のタイの通貨バーツの空売りをきっかけとするアジア通貨危機で、韓国経済は大きな打撃を受け98年には訪日韓国人観光客人数は72万人を割り込みました。

2000年代の訪日韓国人観光客の人数

訪日韓国人観光客人数は2000年に100万人を突破、01年113万人、以後年率20%近くで増加し06年には200万人を達成します。しかし08年のリーマンショックの影響が大きく、2009年には大幅に減少し160万人を割り込む急降下をしました。

 

東日本大震災以降の訪日韓国人観光客の人数

リーマン・ショック後の201o年には240万人まで復活したものの、翌年東日本大震災の2011年には166万人となりました。その後の訪日韓国人観光客人数は翌12年には200万人、13年246万人、14年276万人、15年には400万人と推移しています。

12年以降の増加が著しく3年間でおよそ2.5倍になっています。とくに15年は対前年比145.3%となっています。

訪日韓国人観光客の日本旅行への期待と満足度

訪日韓国人観光客は日本食に期待する人が65.2 %、ショッピングは43.1%、その他に温泉入浴は30.2%、自然・景勝地観光が27.7%となっています。また繁華街の街歩き も人気です。日本旅行全体に満足した人は9割以上と高く、再び来たいという訪日韓国人観光客もまた9割になっています。

 

まとめ:訪日韓国人観光客の4人に1人が5回以上の訪日経験者

訪日外国人観光客人数でNo.2の訪日韓国人観光客は2015年に約400万人、親日家の多いとされる訪日台湾人観光客人数の367万人よりも多くなっています。訪日韓国人観光客は日本に一番近くに位置するので短期滞在者が多いですが、5回以上の訪日回数を誇るリピーターも約26%に達しています。

<参照>

訪日韓国人観光客インバウンドデータ集

データでわかる訪日韓国人観光客

2000年代から、日本語を学ぶ学生が増えています。その理由は、日韓交流の増加により日本語が就職に有利と判断され始めていること、日本文化に対する関心が高くなってきていることなどが挙げられます。実際に、韓国の日本語学習者数は約91万人(2006年)と世界の中でもトップで、世界の日本語学習者の約3割(30.6%)を占めていることになります。

訪日韓国人観光客の特徴

日本の製品やコンテンツに強い関心を持っており、距離的にも近い韓国はインバウンド消費を狙ううえで無視できない国のひとつです。リピーターが多く、自分の興味に合わせた旅行プランを練る傾向のある韓国人観光客は、東京都などの定番観光スポット以外にも足を運びます。

訪日ラボおすすめのセミナーをご紹介

インバウンド市場の最新動向がわかる訪日ラボおすすめのセミナーをご紹介します。

2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション

昨年12月、JTBが2024年の旅行動向見通しを発表し、 訪日外国人旅行者がコロナ前の2019年を上回る過去最多の3,310万人に達するとの予測を立てました。

インバウンド市場が回復の動きを見せる中、訪日外国人を集客するために、どのような対策をすべきかお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで本セミナーでは、訪日外国人の集客支援を行う2社にて、 2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション成功のポイントを独自の視点から紐解いていきます。

【訪日外国人の行動データと口コミデータで紐解く】2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに