リオ五輪の裏側で行われていた訪日プロモーション:東京五輪だけでなく、全国各地を紹介

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

平成28年(2016年)8月23日、リオオリンピックの閉会式で行われた日本のパフォーマンスを見ましたか?

任天堂のマリオ、サンリオのハローキティ、コナミのパックマン、小学館のドラえもん……など世界的に人気のキャラクターが多数登場。映像と設備を組み合わせ、「マリオになった安倍首相がドラえもんの力を借りて、日本から真っ直ぐに地中を通過しブラジルの土管から登場する」という前代未聞のパフォーマンスは世界的に注目を集めました。これまでオリンピック情報を扱ってこなかったゲームメディアまで取り上げています。2020年の夏季オリンピック、パラリンピックは日本だということを、アピールすることに大きく成功したと言えるのではないでしょうか。

<関連記事>

リオデジャネイロオリンピック閉会式の日本演出、東京五輪プロモ「トーキョーショー」がすごい

8月6日(日本時間)に開会されたリオオリンピック。日本は金メダル12個、銀メダル8個、銅メダル21個と合計41個ものメダルを獲得し、史上最多獲得という大躍進でした。早いもので本日8月22日(日本時間)に閉会式を迎えました。閉会式は7:45〜11:00と、時間帯的に生中継を見るのが難しかった方も多いのではないでしょうか。オリンピックの閉会式では引き継ぎ式として、次の開催都市への五輪旗の引き渡しと次期オリンピックのPRショーが行われるのが通例です。リオオリンピックの次に控えるのは、言うまでもな...

【海外の反応】安倍首相マリオ姿「トーキョーショー」への海外メディア、ネットでの反応まとめ

オリンピックの閉会式では次の開催年がパフォーマンスをすることで知られていますが、リオオリンピックの閉会式で、日本はプロジェクションマッピング(※建物や物体、あるいは空間などに対して映像を映し出す技術の総称 ※wikipediaより引用)や素晴らしいダンスパフォーマンス、幻想的な雰囲気の音響効果だけでなく、紹介映像の中に漫画やアニメ、ゲームのキャラクターが登場し、観客を楽しませました。しかし、その中で一番の驚きとなったのは、 マリオに扮して土管から現れた安倍首相でしょう。海外の様々なニュース...

さて、このようなパフォーマンスは「日本」という漠然とした印象を与えることには役立ちますが、何か具体的な事柄を知ってもらう、楽しみにしてもらうためのものではありません。

肯定的なイメージを醸成するような効果はありますが、東京オリンピック、パラリンピックをきっかけに訪日外国人観光客を集め、さまざまな観光地に足を運んでもらうためには、また別の取り組みが必要となります。いったい、どのような施策が行われていたのでしょうか。今回は、リオオリンピック、パラリンピックで実施されていた日本のプロモーション活動についてご紹介します。

 

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

リオ五輪を活用した訪日外国人観光客向けのプロモーション

ブラジルで開催されているリオオリンピック、パラリンピックの機会を活用して、次期開催国である日本が訪日外国人観光客向けのプロモーション活動を行う。しかも日本国内ではなく、ブラジルで。実施する国が違うようにも、気が早いようにも感じられる話ですが、これは実際に行われています。五輪はそれだけ重要なイベントなのでしょう。

日本のキャラクターを活用し、世界的に注目を集めた引継式とは対照的に、日本の観光地の魅力を詳細に紹介する内容になっています。瞬間的に騒がせる引継式のパフォーマンスと、縁の下の力持ちのように機能する地道な情報発信といった具合に、二本柱の施策として理解できるかもしれません。

リオデジャネイロに日本の魅力を紹介するブースを設置

ブラジル、リオデジャネイロ州に位置する「Tokyo 2020 JAPAN HOUSE」では、リオオリンピック、パラリンピック開催期間中、「Visit Japanブース」が設置され、訪日外国人観光客向けのプロモーションが行われました。

同施設には2020年東京オリンピック、パラリンピックのコンセプトやエンブレムなどを見ることができる「東京2020組織委員会エリア」、関係各社が出店する「パートナーエリア」が設置されています。これらは主に2020年東京オリンピック、パラリンピックのイメージを伝えることが主な目的です。

その一方で、日本の食文化や伝統文化、観光情報などを紹介する「関係省庁エリア」、その他の道府県の風景、歴史的建造物などを紹介する「自治体エリア」、茶道、浴衣、書道などが体験できる「文化体験エリア」なども用意されています。

さらにステージショーが行われ、沖縄県の伝統芸能「エイサー」をベースに空手の型を取入れたパフォーマンスを行う「琉球国まつり太鼓」などが参加しています。

リオ五輪で東京をアピール!6万7千人の集客に成功した「Tokyo 2020 JAPAN HOUSE」とは

昨日8月22日(日本時間)に閉幕したリオ五輪。その閉幕式で行われた引き継ぎ式でのPR「トーキョーショー」がマリオ扮する安倍首相のサプライズ出演や、素晴らしい演出で話題になったのは昨日の記事の通り。<関連記事> 東京2020「体操男子代表 メダリスト記者会見」より引用リオ五輪での東京や日本のPRは閉会式にとどまりません。リオデジャネイロ市バッハ地区に開設された「Tokyo 2020 JAPAN HOUSE」が好評を博しています。日本代表選手団メダリスト記者会見にもつかわれたこともあり、意識せ...

海外メディア向けに画像や動画を提供

このほかにも、メディア向けの情報発信が各種行われています。

ライブラリーサイト「ジャパン・オンライン・メディアセンター(JOMC)」では、47都道府県の観光資源の映像、画像が著作権フリーで配信されます。記事などを制作するときの良質なフリー素材として使えるというわけです。

また、報道機関との連携によるテレビやインターネットでのコンテンツ配信も。アトランタオリンピック陸上競技・金メダリストであるカナダのドノバン・ベイリー氏が日本の歴史、伝統文化などを体験する映像がBBC ネットワークで放映されるほか、AP通信、ロイターなど世界各国のメディア向けに日本を紹介するコンテンツを発信し、ニュースへの掲載を図ります。

リオ五輪でもPR!JNTOがジャパン・オンライン・メディアセンター(JOMC)開設:メディア向けに高クオリティーな著作権フリー画像・動画を配

日本政府観光局(JNTO)は先日閉会式を迎えたリオオリンピックと9月に始まるリオパラリンピックにあわせて、訪日プロモーションとして「ジャパン・オンライン・メディアセンター(JOMC)」を開設しました。現地時間8/18には、リオデジャネイロ市バッハ地区で開催されいている「TOKYO 2020 JAPAN HOUSE」にて開設イベントを実施。今回は、JNTOの取り組みとして「ジャパン・オンライン・メディアセンター(JOMC)」についてご紹介します。<関連記事> 目次「ジャパン・オンライン・メデ...

まとめ:4年後に向け、今からしっかりとした取り組み

東京オリンピック、パラリンピックが行われるのはリオオリンピック、パラリンピックから4年も先のこと。しかし、すでに積極的なプロモーション活動が行われています。東京都の話はもちろん、その他の道府県、日本の伝統や文化に関する情報も発信されています。

東京オリンピック、パラリンピックは訪日外国人観光客を対象とするインバウンドビジネスにとって、またとないチャンスです。これだけ周到に準備をしていても、やり過ぎということにはならないのではないでしょうか。旅行業者、観光業者の方も4年後を視野にいれた取り組みを行っていくべきなのではないでしょうか。

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

専門家が徹底議論!地域に眠る観光資源の「磨き上げ」、結局何をしたらいいの


観光庁は、インバウンドの地方誘客を目的とし、「観光資源の磨き上げ」を推進しています。

これに沿って観光コンテンツの造成や発信力強化に取り組みたいと思うものの、「何からやればいいのかわからない」「やってはみたものの、まだ観光客を呼びこめていない」といった悩みを抱えている自治体・企業の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、食体験、ツアー造成、アクティビティ、アドベンチャートラベルなどを専門として第一線で活躍するスペシャリストたちが集結

「観光資源の磨き上げ」とは何なのか、外国人を惹き付ける観光コンテンツはどう作り、どう発信するべきなのか、徹底議論します!

詳しくはこちらをご覧ください。
専門家が徹底議論!地域に眠る観光資源の「磨き上げ」、結局何をしたらいいの?

成功事例から見るインバウンド対策とは。外国人採用の実例から紐解く成長戦略

インバウンド(国際)市場の拡大に伴い、国内では大阪万博やインバウンドへの対応などでグローバルに対応できる環境が必要になっており、日本企業にとって国際市場での競争力確保は重要な課題の一つとなっています。

その鍵を握るのが、インバウンド対策と効果的な外国人採用です。外国人観光客やビジネスパートナーを惹きつけ、国際的な人材を活用することで、企業は新たな成長戦略を構築し、市場で競合に勝つことができます。

今回のセミナーでは、実際に行われた人材活用法を通じて、インバウンド対策と外国人採用が企業にもたらす効果について解説いたします。

実際の事例から学び、自社に適した戦略を見出すためのヒントを得ながら、日本企業がグローバルな舞台で勝ち抜くために必要なスキルや知識を共有し、新たなビジネスの可能性を発見できる機会となっています。

詳しくはこちらをご覧ください。
成功事例から見るインバウンド対策とは。外国人採用の実例から紐解く成長戦略

【インバウンド情報まとめ 2024年5月前半】外国人宿泊者数「中国」がコロナ後初の1位に 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年5月版レポートから、4月~5月前半のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

※【インバウンド情報まとめ】は2024年5月より月2回発行いたします!最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。
岸田首相「2030年に訪日客6,000万人」改めて言及 / 外国人宿泊者数「中国」がコロナ後初の1位に【インバウンド情報まとめ 2024年5月前編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる4月から観光・インバウンドに関わる仕事に就いたり、関連部署へ異動となり、知識のインプットに追われていませんか? また、より一層事業を推進するために必要な学び直しの機会を設ける担当者も増えてきております。
このセミナーでは、
新担当になって、インバウンドの何から始めたらいいか分からない
インバウンド推進が本格化し、改めて情報やノウハウを学び直したい
そもそもインバウンドに興味があるが、情報を収集できていない
方にとって必要な基礎情報と、知っておきたい新情報をお届けする機会となっております!
詳しくはこちらをご覧ください。
→4月までに学んでおきたい!【基礎から始めるインバウンド対策】 〜ラーチーゴー & ジャパンガイドが教える市場別最新データ〜

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに