関西圏で進むインバウンド向け無料Wi-Fiの整備:HANKYU-HANSHIN WELCOME Wi-Fiの利用方法が簡単に

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

訪日外国人観光客の増加を背景に、国内の交通業界では訪日外国人観光客受け入れ環境の整備を進めています。

以前の記事でもご紹介したように、鉄道業界でも外国語対応や、訪日外国人観光客向け観光案内所の拡充、地域の特色を活かしたインバウンド向けサービスの提供など、さまざまな取り組みを開始しています。

阪急阪神ホールディングス株式会社の運営する阪急電鉄と阪神電車でも、訪日外国人観光客受け入れ環境の整備を進めています。

<関連記事>

鉄道業界で進むインバウンド対策:東急電鉄 インバウンド向け通訳サービス「SMILE CALL(スマイルコール)」400台を一斉導入

訪日外国人観光客が日本国内を周遊するにあたって、国内の交通機関におけるインバウンド対策は必須です。これまでのご紹介した交通業界のインバウンド誘致に向けた取り組みとして、JR東日本では、インバウンド向けに鎌倉駅のリニューアル実施や、運行廃止の寝台特急「北斗星」を再利用したインバウンド向けホステルを開業。小田急電鉄では、タイに新事務所を開設しました。また、東京メトロでは訪日外国人観光客向け対策広報キャンペーンとして「すすメトロ!」を展開しています。国内の鉄道業界におけるインバウンド対策が進む中...

東京駅でロボットが訪日外国人観光客をおもてなし:JRと日立が対話型ヒューマノイドロボット導入へ 「AI」×「インバウンド」の可能性とは

年々増え続ける訪日外国人観光客に伴い、2020年の東京オリンピックに向け政府は、観光ビジョンの中で訪日外国人観光客数の目標を、4000 万人まで引き上げました。しかし、訪日外国人観光客の受け入れにおいて、最も大きな問題になっているのが「外国語対応」。訪日外国人観光客が旅行中に困ったこと:観光庁より引用観光庁により発表された「訪日外国人旅行者の国内における受入環境整備に関する現状調査」では、訪日外国人観光客が、旅行中に困ったことや、受け入れ環境のニーズに関して紹介されています。「旅行中に困っ...

インバウンド受け入れを進める東京メトロ:銀座線で訪日客向け無料Wi

訪日外国人観光客の増加を背景に、国内の交通業界では訪日外国人観光客受け入れ環境の整備を進めています。以前の記事でもご紹介したように、鉄道業界でも外国語対応や、訪日外国人観光客向け観光案内所の拡充、地域の特色を活かしたインバウンド向けサービスの提供など、さまざまな取り組みを開始しています。東京地下鉄株式会社(以下、東京メトロ)でも、訪日外国人観光客向けに、あらたなサービスを開始します。<関連記事> 東京メトロ、銀座線の車両内でインバウンド向け無料Wi-Fiサービスを開始東京メトロは、2016...

JRグループ、インバウンド向け鉄道パス「JAPAN RAIL PASS」販売方法を拡充:さらなる地方訪問進むか

訪日外国人観光客が年々増加している中、国内の各業界の間でインバウンド誘致が注目されはじめています。以前の記事でもご紹介したように、鉄道業界でも訪日外国人観光客受け入れ環境の整備にさまざまな取り組みやサービスの開始を行っています。JRグループでは、訪日外国人観光客向けのサービスとして新たな取り組みを開始します。<関連記事> 目次JRグループ6社、インバウンド向けパス「Japan Rail Pass」を国内でも販売へ:来年3月8日より7日間大人3万3000円から:車両種類、期間ごとの購入が可能...

 


阪急・阪神沿線における無料Wi-Fi「HANKYU-HANSHIN WELCOME Wi-Fi」、「Japan Connected-free Wi-Fi」と連携

「HANKYU-HANSHIN WELCOME Wi-Fi」×「Japan Connected-free Wi-Fi」

「HANKYU-HANSHIN WELCOME Wi-Fi」×「Japan Connected-free Wi-Fi」

阪急阪神ホールディングス株式会社の運営する阪急電鉄と阪神電車では、インバウンド向けの無料Wi-Fi「HANKYU-HANSHIN WELCOME Wi-Fi」を提供しています。

12月26日より、訪日外国人観光客により快適なインターネット環境を提供することを目的に、「HANKYU-HANSHIN WELCOME Wi-Fi」は、全国に整備してある無料Wi-Fiに簡単に接続できるアプリ「Japan Connected-free Wi-Fi」(*)との連携を開始します。

*Japan Connected-free Wi-Fi:NTTブロードバンドプラットフォームが提供する無料Wi-Fiへの接続アプリ

関西地方に訪れる訪日客にとってさらに無料Wi-Fiの利用が手軽に

以前であれば、訪日外国人観光客は「HANKYU-HANSHIN WELCOME Wi-Fi」を利用する際、エントリーページでの認証手続きを行う必要がありました。

しかし、今回の連携により、訪日外国人観光客は、「Japan Connected-free Wi-Fi」の利用登録を一度行うだけで、簡単に無料Wi-Fiを利用することができます。

「Japan Connected-free Wi-Fi」に登録しなくても、「HANKYU-HANSHIN WELCOME Wi-Fi」を利用できますが、この点に関しても、利用方法が複雑であることから、刷新が行われるとのこと。

また、以前であれば訪日外国人観光客が「HANKYU-HANSHIN WELCOME Wi-Fi」を利用する際、阪急電鉄・阪神電気鉄道が発売するインバウンド向け全線フリー乗車券「HANKYU TOURIST PASS」、「HANSHIN TOURIST PASS」のどちらかを購入する必要がありましたが、増加する訪日外国人観光客数を背景に、販売条件の見直しも行います。

サービス提供エリアは沿線157駅+関西の一部商業施設

サービス提供エリア:プレスリリースより

サービス提供エリア:プレスリリースより

「HANKYU-HANSHIN WELCOME Wi-Fi」のサービス提供エリアは157駅。
阪急阪神ホールディングス株式会社の運営する阪急電鉄・阪神電気鉄道と能勢電鉄、北大阪急行電鉄、北神急行電鉄、六甲産観光の沿線が対象となります。(一部駅を除く)

また、阪急三番街、ツーリストセンター大阪・梅田、阪急京都観光案内所、 阪急西宮ガーデンズ、甲子園歴史館など、大阪府、京都府、兵庫県の一部商業施設でも利用が可能です。

以前に比べ利用方法が簡単に:沿線上の観光促進&訪日客の利便性向上が実現

利用イメージ:プレスリリースより

利用イメージ:プレスリリースより

先述の通り、「HANKYU-HANSHIN WELCOME Wi-Fi」は、

  1. 「Japan Connected-free Wi-Fi」経由
  2. 「HANKYU-HANSHIN WELCOME Wi-Fi」にダイレクトで接続

の2通りの方法で接続することができます。

「Japan Connected-free Wi-Fi」経由の場合、「Japan Connected-free Wi-Fi」のアプリをインストール後、利用登録を行い、アプリ起動後「Connect」ボタンをタップするのみで利用が可能になります。

「HANKYU-HANSHIN WELCOME Wi-Fi」にダイレクトで接続する場合、利用規約に同意後、SNSアカウント、もしくはメールアドレスを入力し、認証を行い、セキュリティ警告に同意することで利用が可能になります。

今回の、阪急電鉄・阪神電気鉄道の取り組みにより、沿線を訪れる訪日外国人観光客の利便性向上・街の回遊促進が実現します。

 

まとめ:関西圏でさらなる快適な訪日観光が可能に:「Japan Connected-free Wi-Fi」との連携も進む

訪日外国人観光客の増加を背景に、阪急阪神ホールディングスはインバウンド受け入れ環境の整備を進めています。

京都や大阪は、訪日外国人観光客に人気のスポットとなっており、関西への訪日外国人観光客の訪問はこれからも進むことが予測されます。

また、全国各地の無料Wi-Fiの多くは、「Japan Connected-free Wi-Fi」と連携しているために、訪日外国人観光客に情報喚起することで、訪日外国人観光客にとってさらに快適な国内周遊が可能になります。

<関連記事>

訪日客は近鉄の駅でもWi

訪日外国人観光客の増加を背景に、国内の交通業界では訪日外国人観光客受け入れ環境の整備を進めています。以前の記事でもご紹介したように、鉄道業界でも外国語対応や、訪日外国人観光客向け観光案内所の拡充、地域の特色を活かしたインバウンド向けサービスの提供など、さまざまな取り組みを開始しています。近畿日本鉄道株式会社(以下、近鉄)でも、訪日外国人観光客受け入れ環境の整備を進めています。<関連記事> 目次近鉄、訪日客向けに無料Wi-Fiサービス「KINTETSU Free Wi-Fi」の提供を開始20...

<参照>

【2023年インバウンド最新動向を予測】国・地域別デジタルマーケティング戦略


2022年10月からついに入国者数の上限撤廃、短期滞在者のビザ免除等が実施され、訪日観光が本格的に再開されました。

未だ"完全回復"には至っていないものの、観光地によってはすでに多くの訪日外国人観光客が訪れているところもあり、「インバウンド対策」への関心が急速に高まっています。

では、今やるべきインバウンド対策とはなんでしょうか。そしてそれを国・地域別に見ると、どういった違いがあるのでしょうか。

インバウンド対策を何から始めたら良いか悩んでいる方や、インバウンドの最新動向を知りたい方向けに

  • 最新の訪日観光の状況や今後の予想
  • 国・地域別のデジタルマーケティング
  • 外国人向け情報発信の際に意識すべきこと

などがわかる資料を公開しています。

資料をダウンロードする(無料)

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!