飲食店のための国籍別インバウンド対策・おもてなしポイント:訪日韓国人観光客編

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

日本政府観光局(JNTO)の情報によると、2016年に日本を訪れた韓国人の数は5,090,300人となっています。

【速報】2016年のインバウンドは過去最高の2403.9万人!

昨日2017年1月17日、JNTOより訪日外客数統計の2016年年間値が発表され、2016年のインバウンドは過去最高の2403万9千人であったことがわかりました。2015年の1973.7万人に対し、前年比21.8%増となり、初の2000万人突破。JNTOが統計を取り始めた1964年以降、最多の訪日者数となりました。 目次2016年 2400万人突破!このままのペースであれば4000万人も不可能じゃない2013年から振り返るインバウンド市場各国のインバウンド市場推移訪日中国人観光客訪日台湾人...

地理的に近い事もあり今後も増加が期待されていますが、訪日韓国人観光客をおもてなしする上で、飲食店が気をつけるべきポイントはどのようなものなのでしょうか?

 

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

食事に対する考えかた

  • 基本的に食事は誰かと一緒に楽しむものという考えで、会話を楽しむ傾向がある。
  • 食事と健康との間には密接な関係があると考えているため、食品の効能、有機野菜などに強い関心がある。
  • 旅先では食事を楽しみたいという考えが強い。

 

食事の際のマナー

  • 日本と同様にご飯は左、汁物は右、おかずは中央。端とスプーンを食膳の右側に縦に置き、先端を相手に向ける。
  • 食器は持ち上げずに食べる
  • 目上の人と食事をする時は、相手のペースに合わせる。相手の許可がない限りお酒を飲んではいけない。同様にタバコも目上の人前では吸ってはならない。
  • 大皿から自分の箸で直接食べる、共通の丼鉢を複数人で回して食べる。
  • 丼ぶりものは、ご飯と具を混ぜてから食べる。
  • 酒はグラスが空になってから注ぐ。目上の人に酒を注ぐ場合は両手を使う。
  • 相手から酒を勧められた場合は断らないのがマナーとされる。
  • 支払いは年長者がする事が多い。
  • チップ文化はない。
  • 人前で鼻をかむのは下品とされる。

 

好まれる日本食

  • 海の幸全般。寿司は高級料理とされ好まれる。
  • ラーメン、お好み焼き、トンカツなどB級グルメの人気が高い。
  • 日本全国の名物料理、北海道のカニ、大阪のたこ焼き、名古屋のひつまぶし、高松の讃岐うどん、長崎のチャンポンなどを好む。
  • しゃぶしゃぶは日本から伝わっているため、韓国でもポピュラーな食べもの。
  • 温かい鍋物を好む。
  • うどんなどのもちもちとした食感を好む。
  • 全体的にあっさりした味付けを好む。

 

嫌われる食事内容

  • おかずの種類や量が少ないと不満を持つ。またお代わりに追加料金が発生する事も嫌われる。
  • 本来温かい料理が冷たいものを嫌うため、お弁当などは出さないほうが良い。
  • 脂っこい料理は好まない。
  • すき焼きのたれなどの甘い醤油の味を嫌う。
  • キムチ風の漬物は嫌われる(韓国のキムチは発酵しており塩辛い)
  • 生卵を食べる習慣はない。
  • 軍隊生活でカレーを毎日食べた世代は、カレーを嫌う場合がある。
  • 食事中に緑茶を飲む習慣は無い。食事中は麦茶かトウモロコシ茶。
  • 韓国では大きなテーブルに沢山の料理を並べて饗すのが一般的であるため、懐石料理のように一品一品料理が運ばれてくることを嫌う。

 

訪日韓国人観光客に喜んでもらうには?

  • 有機野菜や健康志向の食材を使ったメニュー。
  • キムチがとにかく好きな人が多いため、韓国産のキムチを提供出来ると喜ばれる。
  • 食事は温かい状態で提供し、お弁当を出すことは出来る限り避ける。
  • 食事には汁物が欠かせないため、鍋などの汁物を提供すると喜ばれる。
  • 一品一品提供するのではなく、大きなテーブルに沢山の料理を出して饗す。
  • マナーとして器を持って食べる習慣がないため、汁物を出す場合は必ずスプーンをつける。
  • お膳で食事を提供する場合は、日本では食器を手に持って食べてもマナー違反では無いことを教えてあげると良い。

 

情報提供の仕方

  • 食事メニューはハングル表記があったほうが良い。
  • 料理の食材に関する詳細情報、効能などを説明してあげると喜ばれる。
  • ご飯や味噌汁、トンカツのキャベツなど無料でお代わりが出来るものは事前に教えてあげると良い。
  • 韓国は公共の場における禁煙化、分煙化が進んでいるため、喫煙者のためのスペースを用意してあげると良い。
  • 韓国ではインターネット上の人気から韓国国内で一気に広まることが多いため、ホームページは韓国語を入れる、もしくは韓国語版のホームページがあると良い。

 

その他の注意事項

  • 儒教文化が強いため、目上の人、社会的地位が上の人、年長者を敬う気持ちが非常に強い。
  • 赤で書かれた名前は故人を意味する。
  • 政治思想で衝突が考えられる内容(竹島、慰安婦、靖国神社、日章旗)などの話題は避ける。
  • 日本語で言うところの「朝鮮人」という言葉に差別的な印象を持つ。

 

<参照>

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

訪日ラボおすすめのセミナーや記事をご紹介します。

訪日ラボ トレンドLIVE! Vol.2 〜見逃せないインバウンドの最新情報をお届け〜


初回から人気を博した「訪日ラボ トレンドLIVE!」シリーズの第二弾を開催!

TVや新聞などでも日々取り上げられているインバウンドの動向ですが、業界が盛り上がるにつれて情報把握が難しくなっています。

「訪日ラボ トレンドLIVE!」では、訪日ラボとして取材や情報収集を行っている中で、これこそは把握しておきたいという情報をまとめてお伝えしています。

今回も、インバウンド業界最大級メディア「訪日ラボ」副編集長が、今月6月のインバウンドトレンド情報や、独自の取材で気づいたことについてお話ししていきますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

<本セミナーのポイント>

  • 毎月インバウンドの最新動向がわかる!
  • インバウンド業界最大級メディア「訪日ラボ」を運営する副編集長 石橋が登壇!
  • 30分間でサクッと学べる!

詳しくはこちらをご覧ください。
訪日ラボ トレンドLIVE! Vol.2 〜見逃せないインバウンドの最新情報をお届け〜

【インバウンド情報まとめ 2024年5月後半】「世界で最も成長している観光地」トップに東京 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年5月後半版レポートから、5月のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

※【インバウンド情報まとめ】は2024年5月より月2回発行いたします!最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

「世界で最も成長している観光地」トップに東京 / 富士山前のコンビニ、撮影防止の「黒幕・防護柵」設置【インバウンド情報まとめ 2024年5月後編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに