飲食店のための国籍別インバウンド対策・おもてなしポイント:訪日マレーシア人観光客編

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

日本を訪れる東南アジアからの訪日外国人も増えてきました。その中で2016年に日本を訪れたマレーシア人は394,200人。伸び率は前年比29.1%で急成長しており、東南アジアにおいてはタイに次ぐ市場となっています。

マレーシアは民族としてはマレー系が約66%、中国系が約26%、インド系が8%という大きな3つの民族によって構成されています。宗教別ではマレー系はほとんどイスラム教徒、中国系は仏教徒、もしくはキリスト教徒、インド系はほとんどヒンドゥー教を信仰しています。こうした宗教上いくつか気をつけるポイントがあるマレーシアからの訪日外国人観光客をおもてなしする上で気をつける点をどこでしょうか?

 

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

マレーシア人の食事に対する考え方

  • イスラム教徒が多くを占めるが、中国系やインド系が暮らす多民族国家であり、それぞれの食文化や食の好みが尊重される。
  • 国民全体で同じものを食べるという意識はない。

 

マレーシア人の食事の際のマナー

  • マレー系はナイフとフォークを使って食事をする。
  • インド系は右手を使った食事をする。
  • 中国系は箸、スプーン、フォークを使って食事をする。
  • チップの習慣はない。

 

 マレーシア人に好まれる日本食

  • 魚介類全般が好まれ、エビやカニなどに対しても抵抗はない。
  • 特に天ぷらの人気が高まっている。
  • 近年は寿司、刺し身を食べたいという人が増えている。

 

マレーシア人に嫌われる食事内容

  • イスラム教徒の場合、豚肉、アルコールが禁止されている。また、その他の肉に関しても宗教上適切な屠殺方法で処理された肉以外を口に出来ない。
  • イスラム教徒の場合、豚肉が入っている可能性が高い食事、豚を連想させる食事などは(ラーメンなど)好まれない。
  • ヒンドゥー教では牛が神聖な生きものであるため、牛を食べる事が出来ない。また厳格なヒンドゥー教の場合は肉食が一切出来ない。
  • なまものが苦手な人が少なかずいる。
  • 刺し身などに挑戦する人も増えているが、基本的に生魚を食べる習慣は無い。

 

訪日マレーシア人観光客に喜んでもらうには?

  • 宗教の違いによって食べられるものが異なる場合がほとんどなので、必ず事前に何が食べられないのかを確認する。
  • イスラム教では血液は不浄なものとして認識されているので、肉類、魚の焼き具合には注意をする。
  • 手間はかかるが、食べられないものがある場合はその代わりになる食材を使って料理を提供するなど、宗教ごとに個別の対応をして上げると喜ばれる。
  • 自分で好みの味付けに出来るように、黒胡椒、チリパウダー、チリソースなどを卓上に用意してあげると良い。
  • 露出の多い服装ははしたないと思われるため、避けたほうが良い。

 

訪日マレーシア人観光客への情報提供の仕方

  • メニューに材料の表記をしてあげる、もしくはどんな素材を使用して調理を行うのかなどを説明してあげると、安心を与えることが出来る。

 

<参照>

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

訪日ラボおすすめのセミナーや記事をご紹介します。

観光地域づくりに必要な”巻き込み力”とは?実例から学ぶ地域コンテンツの活性化ポイント


訪日外国人数は過去最大を見込んでいる2024年ですが、一方で誘客する企業や地域、自治体などでは今でも多くの課題に臨んでいます。

訪日ラボでも、山梨県(富士山)のオーバーツーリズム対策について、対策の重要性とそれに取り組む関係者の姿勢について取材をしてきたばかりです。

そこで今回は、地域産業や関係者を巻き込むことによって起きた地域活性化について最新のデータや情報をお届けします。

  • "巻き込み力"とは何か
  • 組織や地域で創り上げるコンテンツはどのようなメリットをもたらすのか

など、国内最大級の遊び予約サイト「アソビュー!」の専門家とともにこれからのポイントを徹底解説します!

詳しくはこちらをご覧ください。
観光地域づくりに必要な”巻き込み力”とは?実例から学ぶ地域コンテンツの活性化ポイント


【インバウンド情報まとめ 2024年6月後編】富士山の登山規制・通行料の徴収 7/1から開始 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年6月後半版レポートから、6月のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください。

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

富士山の登山規制・通行料の徴収 7/1から開始 / 5月の訪日外国人数304万人、3か月連続で300万人超え【インバウンドまとめ 2024年6月後編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに