ボンドが運営する動画メディア「bond Japanese」が登録者数30万人を突破

ボンドが運営する動画メディア「bond Japanese」が登録者数30万人を突破

インバウンドや外国人獲得をターゲットとした広告主様向けのマーケティング支援サービスをスタート

[ボンド株式会社]

外国人向け動画メディア「bond Japanese」を運営するボンド株式会社(本社:東京都練馬区、代表取締役:住吉 良介、以下「ボンド」)は、登録ユーザーが30万人を突破し、インバウンドをターゲットとしたマーケティング支援事業を開始したことをお知らせします。

アジアを中心として、日本に関心の高いユーザーが世界中から多数集まる「bond Japanese」内で動画プロモーションを行うことで、広告主様は、インバウンド市場や潜在的な留学生層、日本での就労を望む層に対して効果的にリーチすることが可能となります。


bond Japanese

「bond Japanese」(https://www.facebook.com/bondjapanese/)は2017年3月に正式リリースした動画メディアです。主に、日本語教育と日本文化紹介の動画を英語を用いてSNS上(Facebook, Instagram, Youtube)で配信しているため、日本や日本文化、日本語に対して非常に関心の高い外国人がメインユーザーです。アジア人が多くを占めており、ご好評につきまして、ユーザーからは旅行案内や日本への留学及び就労相談などのお問い合わせを多数いただいております。リリースして日は浅いですが、登録ユーザー数は30万を超え、高いエンゲージにより熱量の高いユーザーが集まるメディアへと成長しています。

現在の日本の課題

訪日観光客の増加や越境EC、高齢社会化による学生や労働人口の減少、東京オリンピック対策など、現在日本では各企業が外国人にリーチする必要性や重要性が高まっています。IT技術の革新により、日本にいながら外国人にリーチすることは可能になったものの、効果的なプロモーションやターゲットとのコミュニケーションの手立ては目下模索中というのが現状です。

動画メディアによるPR

「bond Japanese」(https://www.facebook.com/bondjapanese/)で動画プロモーションを行うことで、日本に対して高い関心を有する外国人に対して、効果的に商品やサービスを訴求をすることが可能です。「bond Japanese」専属のパーソナリティもいるため、動画内でパーソナリティが出演することで、多様な動画プロモーションの提供も期待できます。​企画・動画制作・配信・レポートといった一連の動画プロモーション作業をボンドが全て担うため、広告主様にはお手間をかけることなく外国人に対してPRする体制が整っています。

今後の展望

世界の架け橋となるというボンドの企業理念を全うすべく、既存の動画チャンネルの成長とチャンネル数の増加を通じて、日本や日本のサービスを海外に発信してまいります。

ボンド株式会社について



ボンドは、"Create cultures, across cultures. Be the linking bridge of the world through technology"を掲げ、外国人向け動画メディア「bond Japanese」の運営と、多言語交換プラットフォームアプリ「bond」の開発を行なっております。

■会社概要
会社名  : ボンド株式会社
URL   : http://bond-co.jp/
本社   : 東京都練馬区
代表取締役: 住吉 良介
設立   : 2016年12月
事業概要 : 外国人向け動画メディア「bond Japanese」の運営
多言語交換プラットフォームアプリ「bond」の開発(※開発中)

<関連>

Favicon訪日ラボ

 

インバウンド向けPR動画を作る上で、絶対に知っておくべき「映像文法」とは

インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに訪日外国人に関するニュースやデータを毎日配信するインバウンドビジネスの総合メディアです。

Favicon訪日ラボ

 

国内外で注目を集めるインバウンドムービー:Ad Archインバウンド向け動画企画・制作サービスを開始

インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに訪日外国人に関するニュースやデータを毎日配信するインバウンドビジネスの総合メディアです。

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!