インバウンド向けPR動画を作る上で、絶対に知っておくべき「映像文法」とは

インバウンド向けPR動画を作る上で、絶対に知っておくべき「映像文法」とは

現在、多くのインバウンド向け動画は、英語・中国語(北京語/簡体字)・日本語の3ヶ国語で展開されることが多くなっています。しかし、世界には多数の言語があり、英語・中国語(北京語/簡体字)をおさえたとしても、言語が伝わらない国々が多くあります。

日本政府観光局(JNTO)による訪日外国人観光客数は、上位10カ国までの国が、それぞれ異なる言語を使用しており、それら一つ一つの国に言語展開することは様々な理由から難しく、インバウンド動画プロモーションの言語展開対象言語を限定せざるを得ない状況となっています。

そのような条件において 「映像文法」つまり映像における"お作法" は言語によらず視聴者に意図を伝えることができるソリューションとなります。この「映像文法」について、今回はご紹介したいと思います。

 

インバウンドの約88%がアジア系 その上位10位まで9つの母国語で構成されている

インバウンドにおける主要顧客はどのような言語を使っているのでしょうか?JNTOより発表されている訪日外客数の最新版、2月の集計を見てみましょう。

2017年2月のインバウンド市場 外客数別シェア率:JNTOより
2017年2月のインバウンド市場 外客数別シェア率:JNTOより

インバウンド市場における訪日外客数 上位4カ国をとっても、公用言語は全て異なる言語を使用しています。

  • 1位:韓国=韓国語
  • 2位:中国=(各地域・民族ごとに方言がたくさんありますが、)基本的に北京語/文字は簡体字。
  • 3位:台湾=北京語/文字は繁体字。南方や年配者は台湾語
  • 4位:香港=広東語/文字は繁体字

続くインバウンド市場 訪日外客数ランキング5位以下の国々もそれぞれ言語が異なっています。

  • 5位:タイ=タイ語
  • 6位:マレーシア=マレー語
  • 7位:フィリピン=タガログ語
  • 8位:ベトナム=ベトナム語
  • 9位:インドネシア=インドネシア語
  • 10位:シンガポール=英語・マレー語・北京語・タミル語

 

インバウンド向け動画の言語展開を最小限に留める「映像文法」とは

今後、インバウンド動画プロモーションを活用し、より多くの国から外国人訪日観光客を増やすためには、映像表現の整備が必要であると考えられ始めています。すなわち「 映像文法」の整備 です。

映像文法とは、読んで字のごとく映像における文法を意味しています。文法とは、文章を構成するきまりや規範です。つまり映像における 映像文法とは「映像を構成するきまりや規範」といった意味 になります。

映像文法を整備することによって「 伝えたい内容をストレートに表現することができ、また言語に頼らずとも正しく伝えることができる 」というメリットがあり、必要最低限の言語展開であっても"伝わる"動画にすることができるのです。

基本的な映像文法の例

映像文法の理解のために一例を出すと、

  • 1カット目:人物が驚く顔+2カット目:(美しい)景色=驚くほど美しい景色

といった、分かりすいカット編集構成にすることで、 視聴者が深く考えることなく、感覚的に内容を伝えることができる ものです。映像文法がしっかりと構成されたインバウンド向け動画は、 言語展開を行っていない国の視聴者に対しても、内容や意図を正確に伝えることが出来ます

言語を超えた理解が必要とされる動画プロモーションの有名な場として、世界最大のスポーツイベント・オリンピックのプロモーションがあります。この「映像文法が整った、伝えたい内容がストレートに表現されている」事例として、記憶にも新しいリオ五輪閉会式で流された次期開催都市TOKYO紹介の動画を見てみましょう。

映像文法から見るリオ五輪閉会式 次回開催都市TOKYO紹介動画

リオ五輪閉会式で展開された東京五輪の紹介映像は、クールでスピード感を感じながらも、 映像文法の整った分かりやすいカット構成で展開 されています。

スポーツ、日本を表現した本映像は前後のカットとの繋がりは全て共通点があり、まるで連想ゲームのように見れるストーリーになっています。それでは、冒頭カットから見ていきましょう。

「2020年に向けてウォーミングアップしている東京は、スポーツを愛している」というメッセージからスタートします。



リオ五輪閉会式 TOKYO紹介動画:NHKより
リオ五輪閉会式 TOKYO紹介動画:NHKより

CUT1〜3:各種目にあるポーズ・動きつなぎ。



リオ五輪閉会式 TOKYO紹介動画:NHKより
CUT1リオ五輪閉会式 TOKYO紹介動画:NHKより
リオ五輪閉会式 TOKYO紹介動画:NHKより
CUT2リオ五輪閉会式 TOKYO紹介動画:NHKより
リオ五輪閉会式 TOKYO紹介動画:NHKより
CUT3リオ五輪閉会式 TOKYO紹介動画:NHKより

CUT4:中休み(ゴール/的を狙う視線)



リオ五輪閉会式 TOKYO紹介動画:NHKより
CUT4リオ五輪閉会式 TOKYO紹介動画:NHKより

CUT5~7:ゴールに向かって一斉にスタートする種目



リオ五輪閉会式 TOKYO紹介動画:NHKより
CUT5リオ五輪閉会式 TOKYO紹介動画:NHKより
リオ五輪閉会式 TOKYO紹介動画:NHKより
CUT6リオ五輪閉会式 TOKYO紹介動画:NHKより
リオ五輪閉会式 TOKYO紹介動画:NHKより
CUT7リオ五輪閉会式 TOKYO紹介動画:NHKより

CUT8:水を切って伸びある姿勢で進んでいく水泳→低い姿勢で突き進む新幹線



リオ五輪閉会式 TOKYO紹介動画:NHKより
CUT8リオ五輪閉会式 TOKYO紹介動画:NHKより

CUT9:伸びのある動きで、一点を突くフェンシング



リオ五輪閉会式 TOKYO紹介動画:NHKより
CUT9リオ五輪閉会式 TOKYO紹介動画:NHKより

CUT10:中休み(東京の街)



リオ五輪閉会式 TOKYO紹介動画:NHKより
CUT10リオ五輪閉会式 TOKYO紹介動画:NHKより

CUT11:上空へ向かって駆け上がっていくカメラワーク(次カット選手目線とシンクロ)



リオ五輪閉会式 TOKYO紹介動画:NHKより
CUT11リオ五輪閉会式 TOKYO紹介動画:NHKより

CUT12:スカイツリーを飛び越える棒高跳び選手



リオ五輪閉会式 TOKYO紹介動画:NHKより
CUT12リオ五輪閉会式 TOKYO紹介動画:NHKより

CUT13:高飛びの選手と同じ目線のカメラワークからの東京



リオ五輪閉会式 TOKYO紹介動画:NHKより
CUT13リオ五輪閉会式 TOKYO紹介動画:NHKより

全てのカットで被写体の動き・カメラワーク・メッセージなど、前後のカットと繋がりのあるカットが展開されていきます。

本映像は冒頭箇所以外の部分では言語テロップを使用していないにも関わらず、カットとカットの繋がりを丁寧に描くことで、言語・文化・国境を超えた全ての視聴者に、無意識のうちに理解でき、魅力的に感じてもらえるような構成になっています。

 

まとめ:言語・国境を超えたインバウンド動画プロモーションでは、映像文法を重視

日本に興味を持ち、訪日を検討している外国人観光客の使用言語(母国語)は非常に多くあります。
機会損失を防ぐためにも、インバウンド動画プロモーションは、正しい映像文法で分かりやすいストレートな表現を心がけて制作してはいかがでしょうか。

<関連>

Favicon訪日ラボ

 

国内外で注目を集めるインバウンドムービー:Ad Archインバウンド向け動画企画・制作サービスを開始

インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに訪日外国人に関するニュースやデータを毎日配信するインバウンドビジネスの総合メディアです。

<参考>

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

Ad Arch

Ad Arch

Ad Arch(アドアーチ)株式会社 代表取締役兼プロデューサー 白川 裕喜。国内外での映像制作経験より、人種・国籍・文化を超えた理解を得るグローバルスタンダードな映像制作を拡げる試みを行っている。外国人映像クリエイターとの共同制作やインバウンド制作実績から得た事例、動画プロモーションのコツを発信します。