月給200万円「世界最高の仕事キャンペーン」が大成功!豪クイーンズランド州の観光PR戦略から学ぶ自治体のインバウンド誘致法とは?

月給200万円「世界最高の仕事キャンペーン」が大成功!豪クイーンズランド州の観光PR戦略から学ぶ自治体のインバウンド誘致法とは?

訪日外国人観光客数が年々順調に増えていることから、日本国内の地方自治体はインバウンド誘致を進めており、これまで訪日ラボでもご紹介してきたように様々な取り組みが行われてきました。

このシリーズでは、少し特殊なPR方法で国内外から多くの観光客を獲得した海外の自治体における観光PR戦略 についてご紹介します。第一回目は2009年に行われたオーストラリアのクイーンズランド州における観光PRについて。

豪クイーンズランド州とは?ブリスベンを州都に持つ豪北東部の都市:近くには世界遺産グレートバリアリーフが

クイーンズランド州とは、オーストラリア連邦北東部の州。オーストラリアで2番目に面積の大きな州で、オーストラリア大陸の4分の1を占め、その総面積は170万平方キロに達します。州都はブリスベンとなっており、聞き覚えのある人もいるかもしれません。

また、海岸線に沿って2000km以上移動したところには、世界遺産である「グレート・バリア・リーフ」が位置しています。

[直面していた課題]近くに世界遺産を持つも州の魅力が伝わらず、観光分野が伸び悩み

一見、世界遺産を観光地として持つ同州にPRなど必要ないのでは?と感じる方も多いかもしれません。しかし、グレートバリアリーフ付近の島々は、比較的観光客から知名度が低く、一般的に旅行者が海でバカンスを楽しむ際、多くの旅行者は、ハワイやモルディブなどを選択する場合が多い という現状がありました。

クイーンズランド州が提供する観光データベースによると、PRキャンペーンが始まる前4年間の年間宿泊客数は、36,296人、38,474人、40,746人、39,953人と増えてはいるものの伸び悩みが見られる状況です。

グレートバリアリーフ付近の島々は、「オーストラリア大陸から日帰りツアーで行く場所」というイメージが定着してしまい、島に実際に宿泊できるという事実は認知されていない状況にあってことがこの理由 だと考えられ、この状況を変えるべくクイーンズランド州政府観光局は、ブリスベンにある広告会社カミンズ・ニトロとタッグを組み、同地域に観光客を呼び込むため、観光PR事業を開始。具体的な内容はどのようなものだったのでしょうか?

クイーンズランド州がとった観光PR施策とは?実際どの程度効果があったのか?

[PR施策]月200万円で島の管理人を募集!Best Job In The World(世界で最高の仕事)キャンペーンの開始

Best Job In The World(世界で最高の仕事)キャンペーン イメージ画像:XCOM Medeiaより
Best Job In The World(世界で最高の仕事)キャンペーン イメージ画像:XCOM Medeiaより

グレートバリアリーフという世界遺産を持つクイーンズランド州は、「Best Job In The World(世界で最高の仕事)」キャンペーン を開始しました。

これは、グレートバリアリーフ付近の島であるハミルトン島の管理人としての働いてくれる人を募集するというもの。専用ウェブサイトや新聞・雑誌の広告、SNS、マスメディアとのコラボを通じてキャンペーンの告知は行われました。

  • 場所:クイーンズランド州・バリアリーフの島々
  • 給与:150,000AUD(日本円で約1,236万円)
  • 仕事内容:プール清掃・魚の餌付け・情報発信
  • 期間:半年
  • 応募資格:18歳以上・英語力必須・アウトドア好きであること

などが募集要項・主な仕事内容として挙げられます。  

同キャンペーンには、珍しい求人であることや給料が高額であるという点から世界中から応募者が殺到。約34,000件のビデオ応募が寄せられました。 最終的に、イギリス人のベン・サウスオールさんが管理人としてのポジションを獲得しました。

管理人として当選したベン・サウスオールは、写真や動画付きのブログを更新し、自身の島での暮らしを日記に綴りながら、世界中にクイーンズランドの観光地としての魅力を発信しました。

[結果]約80億円相当の宣伝効果!BBCなど各国大手メディアに取り上げられリゾート予約件数は140%に!

「Best Job In The World(世界で最高の仕事)」キャンペーンは、世界各国で話題となり、米CNN、TIMES誌、英BBCなどで取り上げられ、大きな話題を呼びました。

ハミルトン島の問い合わせ件数は、前年度180% となり、Wotifというホテル予約サイトでは ハミルトン島のリゾート予約は140% に。AFPによると、このキャンペーンは、比較的低予算(日本円で約1億2,000万円)で行われたにもかかわらず、1億1000万オーストラリアドル(日本円で約80億円)相当の宣伝効果を生み出した としており、数字上でもその成果は表れています。

このように、奇抜な観光PRで、大きな反響を獲得した豪クイーンズランド州。この事例から日本国内の自治体のインバウンド向けPRにおいて必要なこととして何が学べるのでしょうか?

[学び]一般人目線の徹底を!新しい発想でメディアも巻き込もう

一般人目線からの地方の持つ魅力配信は、インバウンドのみならず日本人観光客の誘致としても有効な手段です。以前であれば、有名人などが観光大使として任命されPR活動を行うといった事例が一般的でした。しかし、最近ではマンネリ化している感も否めず、最近では、大学生など一般人目線から地域の魅力を配信する動きが国内では見られる ようになっています。

今回ご紹介した豪クイーンズランド州の事例のように、その地域出身の人からではなく、事前に地域の持つ観光資材を見直し、世間に向けてアピールしたうえで、一般人からPR大使を選定することで、説得力が増します。

また、既存の観光PR手法にとらわれない新たな発想も必要になります。「求人広告」という観点から最終的に観光PRまでつなげた「Best Job In The World(世界で最高の仕事)」キャンペーンのように、違った切り口からアプローチすることにより、テレビや新聞、雑誌などメディアから取り上げられる可能性も上がります。

Favicon訪日ラボ

 

大学と提携しインバウンド誘致を進める試み:JTBやJR東日本、弘明寺商店街など 「外国人」「若者」の声は大きなメリットに

訪日外国人観光客の増加を受け、政府は東京オリンピックが開催される2020年までに、現在の約2倍である4,000万人、2030年までには6,000万人の訪日外国人観光客を誘致することを目標としています。インバウンド誘致は、あらゆる業界や自治体で注目されており、訪日外国人観光客を取り込むことによって、収益増加、地域活性化などそれぞれの目標を達成しようという動きが各地で見られます。近頃では、インバウンド誘致の新しいアプローチの形として、近隣の大学など教育機関と提携し、若者や留学生の声を取...

Favicon訪日ラボ

 

北陸3県の訪日外国人宿泊者数は全体のわずか1%:スポーツーリズムやインターン受入でインバウンド誘致に本腰

格安航空会社(LCC)の普及や、中国や東南アジア諸国などを対象にしたビザの条件緩和、また円安が進んだことなどを理由に、訪日外国人観光客の数が増え続けています。近年ではリピーターの訪日外国人観光客も増えてきており、このような人たちは前回の訪日時に体験できなかったことを求め、地方に訪問する傾向にあります。インバウンド動向において、地方にもスポットライトが当たりはじめる中、情報伝達の不足や、インバウンド対策の遅れを理由に、地方間でも訪日外国人観光客の訪問数に差が出始めています。訪日客...

Favicon訪日ラボ

 

観光資源とは「あるもの」ではなく「つくるもの」であることがよく分かる事例集その4:ねこの駅長「たま駅長」が香港人に大ヒット 地域の2次交通を活用した観光地域づくり

地域のインフラと観光、地域の活性化を結びつける取り組みが、全国で増えています。それぞれの地域が持つ固有のインフラ資源を積極的に活用し、観光客の誘致や受け入れに積極的に取り組むことが、地域活性化の1つのカギとなると言えます。今回はそうした全国の事例をご紹介しましょう。地域インフラを活用した観光地域づくり事例1:富山県世界遺産を結ぶバスの運行による、観光2次交通の充実地域インフラを活用した観光地域づくり事例1:富山県世界遺産を結ぶバスの運行による、観光2次交通の充実観光庁...

Favicon訪日ラボ

 

観光資源とは「あるもの」ではなく「つくるもの」であることがよく分かる事例集その3:徳島県は「過疎地」であることを観光資源としてPR!?一風変わった観光地域づくり

観光によって地方創生・地域活性化を行い、観光地域づくりを実践している地域が全国各地に存在しますが、その中でも一風変わったユニークな取り組みをしている地域をご紹介しましょう。ユニークな観光地域づくり事例1:福島県漢字・古代文字を活用した街づくりユニークな観光地域づくり事例1:福島県漢字・古代文字を活用した街づくり観光庁より福島県喜多方市では、観光資源としての「蔵」と、食資源としての「ラーメン」に続く新たな魅力として、「漢字」をアピールして観光資源にしています。...

まとめ:自治体のインバウンド誘致 海外の事例も参考に

今回は、2009年に行われたオーストラリアのクイーンズランド州における自治体PR「Best Job In The World(世界で最高の仕事)キャンペーン」に関してご紹介しました。

日本と海外では、慣習や文化的バックグラウンドが異なるため、外国人観光客の誘致という観点において必ずしも取るべき施策が一致するとは限りませんが、海外での自治体における観光PR成功事例から学べることも多くあります。

<参照>

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!