WeChatで越境ECサイト(微店/WeChat Shop)をオープンする方法5選を徹底解説!

にーはお。皆さんこんにちは。アレンジの筑波です。今週も中国事情に関してのお話をしたいと思います。昨今越境ECが盛んになり、各メーカーさんも日本では小売店との絡みがあるので、ECを展開できない状況ではありますが、海外であれば縛りも特にないので、進出支援を受けながら越境ECを展開する場面に多く遭遇します。

個人的な雑感ではありますが、9割以上がTmall、JDといったECプラットフォームに乗っかった形での進出が多いなと思います。 ただ、一部のクライアントさんでは自社ドメインを持ったり、微店WeChat Shop) といった3rdパーティーの仕組みを使いながら越境ECサイトを構築しているのが見受けられます。そんな微店をどういう方法でオープンさせられるか?今日はそんな話をしたいと思います。

ここにまず簡単な図式をまとめたので、参照しながら下記詳細を見て頂ければと思います。

関連記事
WeChatのミニプログラムとは
Web版のWeChatの使い方

WeChatで越境ECサイトをオープンする方法その1:YouShop(微店)

  • 費用:タダ
  • 個人登録:電話番号(中国)
  • 会社登録:ビジネスライセンス
  • 支払い:CC(クレジットカード)、デビットカード(銀聯)、WeChat Pay、他
  • レスポンシブ:YES
  • メリット:UI、英語、トラフィック
  • デメリット:デザインが決められている、AliPay非対応
  • Website:http://www.weidian.com/

WeChat内でのECサイトとしては非常に有名。ほとんどのユーザーがその存在を知っているため、このECサイト大丈夫かな?詐欺サイトじゃないかな?という懸念点をまずは払拭できる のもメリット。UIは非常にキレイだが、デザインがほぼ変更できない のがデメリットではある。

WeChatで越境ECサイトをオープンする方法その2:WalktheChat

  • 費用:300 - 600USD/月(お試し期間15日間)
  • 条件:ビジネスライセンス
  • 支払い:AlipayWeChat Pay、デビットカード(銀聯)
  • レスポンシブ:YES
  • メリット:多言語
  • デメリット:英語対応

ここでの一番のメリットはなんといっても、中国でのライセンスが特に必要ないこと だろう。日本であれば日本のライセンスのみで行う事が可能だ。オンラインで基本的には全て解決するので、非常にスムーズで対応もマメに行ってくれる。弊社でも仲介を行っている会社だ。

WeChatで越境ECサイトをオープンする方法その3:Youzan

  • 費用:4,800元/年
  • 条件:電話番号
  • 支払い:WeChat Pay、CC、デビットカード(銀聯)
  • レスポンシブ:YES
  • メリット:UI、UXカスタマイズ、メニュー、音楽、ディスカウント機能
  • デメリット:Alipay非対応
  • Website:http://youzan.com/

大きなメリットは他社にはない機能がついているところだ。食品のデリバリー、店でのピックアップ、配達時間指定などが機能としてついている。

テンプレートも多く含まれているため、構築も非常に簡単にできる のも大きなメリットだ。

WeChatで越境ECサイトをオープンする方法その4:JD.COM

有名プラットフォーム。コメントやレーティング機能も常備しているため、非常に優秀。ただ、参入がちょっと難しい。 簡単にリストだけ表示すると、

  1. ビジネスライセンス(中国) - 特定の業界のみ - JD.COMの利用規約縛りが強い - 売上の10%+毎月1,000元 - 毎年の審査 - 10点中8.5点以上のレーティングが毎年必要

こんな感じで本当は調べればもっとあるんだろうが、とにかく維持が大変だろうと思われる。

WeChatで越境ECサイトをオープンする方法その5:LEWAIMAI

  • 費用:無料
  • 条件:電話番号
  • 支払い:WeChat Pay、Ali Pay
  • レスポンシブ:NO
  • メリット:食品デリバリーに強い
  • デメリット:食品デリバリーに特化しすぎている
  • Website:http://www.lewaimai.com/

食品デリバリープラットフォームに近い。将来的に食品デリバリーを検討しているならこれを行うのがいいだろうと思われる。

いかがだっただろうか?かなり簡素にまとめたので、詳しく知りたい人はアレンジに連絡してみてくれ。ちなみにオススメはWalktheChatだ。なんで?そりゃ、アレンジとのリレーションが一番強いからだ。あはは。

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

株式会社アレンジ

株式会社アレンジ

株式会社アレンジ 代表取締役CEO 筑波次郎(つくばじろう)。2015年まで海外にいた生粋のインバウンドスペシャリスト。SNSでのバイラルマーケティングが非常に得意で、今まで数々の会社のバイラルを手伝った経験をもとに中国関係の情報を発信します。