訪日客需要が増える「ホテル/レジャー/外食系/旅行」で、人材募集拡大の兆し

~2017年8月 グローバル転職求人倍率1.17倍~

[ダイジョブ・グローバルリクルーティング株式会社]

ヒューマンホールディングス株式会社の事業子会社で、バイリンガルのための転職・求人情報サイトDaijob.comを展開するダイジョブ・グローバルリクルーティング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:篠原 裕二)は、2017年8月末時点のグローバル転職求人倍率※をまとめました。

※グローバル転職求人倍率:2ヵ国語以上の言語において、ビジネスレベル以上のスキルを条件とする求人と、そのスキルを持つ転職希望者の需給バランスを算出したもの <転職求人倍率=求人数÷転職希望者数>

 2017年8月のグローバル転職求人倍率は、1.17倍となりました。特に「ホテル/レジャー/外食系/旅行」といった職種の求人数が拡大基調で、訪日外国人客向けの人材需要が依然として高い水準にあることがうかがえます。

◆業種別グローバル転職求人倍率

▼業種TOP3

  • 「金融業・保険業」         2.05倍(前月比 -0.67pt)
  • 「電気・ガス・熱供給・水道業」   1.91倍(前月比 -3.09pt)
  • 「製造業」             1.90倍(前月比 -0.60pt)

 グローバル転職求人倍率を業種別に見ると、TOP3は「金融業・保険業」、「電気・ガス・熱供給・水道業」、「製造業」となりました。12業種のうち、求人倍率が上昇したのは、「宿泊業、飲食サービス業」、「運輸業、郵便業」の2業種のみにとどまりました。  また求人数は、「宿泊業、飲食サービス業」、「運輸業、郵便業」、「農林水産・鉱業」の3業種で前月より増加。特に「宿泊業、飲食サービス業」においては、前月比19.0%増、前年同月比66.7%増と、訪日外国人客の増加を背景に需要が高まっています。

◆職種別グローバル転職求人倍率

▼職種別TOP3

  • 「財務/会計」        4.00倍(前月比 +0.46pt)
  • 「総務/人事/法務」      3.50倍(前月比 -1.31pt)
  • 「マーケティング/PR」    2.67倍(前月比 -1.60pt)

 グローバル転職求人倍率を職種別に見ると、TOP3は「財務/会計」、「総務/人事/法務」、「マーケティング/PR」となりました。また、22職種のうち、前月より求人倍率が上昇したのは、「財務/会計」、「営業」、「ホテル/レジャー/外食系/旅行」の3職種にとどまりました。  求人数は、「ホテル/レジャー/外食系/旅行」で、前月比85.7%増と高い伸びを見せました。

詳細はこちらからもダウンロード可能です。:https://hrclub.daijob.com/report/3101/

■会社概要■

ダイジョブ・グローバルリクルーティング株式会社
●代表者 :代表取締役 篠原 裕二
●所在地 :東京都港区赤坂1丁目7番1号 赤坂榎坂ビル5F
●事業内容:バイリンガルに特化した就職・転職の求人広告事業、人材紹介事業、イベント事業
●資本金 :1,000万円
●ホームページURL :https://corp.daijob.com/
●運営サイト :https://www.daijob.com

■事業に関するお問い合わせ■

ダイジョブ・グローバルリクルーティング株式会社 事業推進室 島村
TEL:03-6682-5443 FAX:03-6682-5485 Email: info@daijob.com

■本件に関するお問い合わせ■

ヒューマングループ 広報担当
TEL:03-6846-8002 FAX:03-6846-1220 Email: kouhou@athuman.com

インバウンド受け入れ環境整備についてより詳しい資料のダウンロードはこちら

「翻訳・多言語化」の資料をDLして詳しく見てみる

「多言語サイト制作」の資料をDLして詳しく見てみる

バーコードやQRコードを活用した多言語ソリューション「多言語化表示サービス」の資料をDLして詳しく見てみる

お手軽に通訳対応できる「テレビ電話型通訳サービス」の資料をDLして詳しく見てみる

<関連>

インバウンド需要 その雇用創出効果はなんと63万人!日本の雇用を下支える一方、平均賃金を押し下げるリスクも

インバウンド事業者としては、普段はインバウンド消費をいかに増やすか?いかに日本を海外にプロモーションしていくか?とうことに注目しがちですが、少々視点を変えて、 インバウンド需要が雇用へ与える影響 とはどのようなものなのかを見ていきましょう。みずほ総合研究所の調査によると「 インバウンド需要は約27万人の雇用誘発効果がある 」とのこと。詳しく見ていきましょう。目次インバウンド需要が足元の雇用を下支え年々拡大するインバウンド市場 2016年には2400万人の訪日客、3.7兆円のインバウンド消費...

インバウンド対策として外国人雇用をする5つのメリット 言語対応はもちろんのこと訪日客のニーズ理解に効果的

今月のJNTO(日本政府観光局)の発表によれば、今年9月までの訪日外国人観光客数は1797.8万人。このペースで行けば、来月には昨年2015年の年間地1973.7万人を突破し、今年の年間地は2500万人前後まで到達しそうな見込みです。<関連記事>着々と増えつつある訪日外国人観光客に対して、あらゆる受け入れ体制整備・インバウンド対応が急ピッチで進められているものの、現状では手が回りきっていない印象です。特に、インバウンド対応に未着手、ないしまだ受け入れ体制の整備が進んでいない一般小売店や宿泊...

インバウンド対策での外国人雇用で注意したい5つのデメリット 実はメリットの裏返しが多い?課題は受け入れ体制整備にあり!

昨日10月25日、介護現場で働く外国人を大幅に増やす2法案が衆院で可決され、今国会で成立する見通しとなりました。政府は介護現場での外国人労働者の受け入れを段階的に拡大していく意向で、外国人技能実習制度を介護分野に拡大し、一定の条件を満たせば在留資格を認める方向で検討が進んでいます。このように、人材不足を補い、労働力の確保のためにも外国人雇用は国が牽引しているところですが、インバウンド業界において外国人スタッフを雇用するデメリットとはどのようなものがあるのでしょうか。 目次インバウンド対策と...

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!