成田空港 2017年度上期 空港運用状況

[成田国際空港株式会社]

航空機発着回数をはじめ7項目について開港以来最高となりました。
= 航空旅客数が年度上期として、初めて2,000万人超え =

【航空機発着回数】
▶航空機発着回数
国際線及び国内線共に好調だったことにより、前年同期比4%増の127,381回と、6期連続で開港以来の最高値を更新しました。
▶国際線発着回数
インドネシア・エアアジアXの新規乗り入れやジェットスター・ジャパン/上海線、エアプサン/大邱線等の新規就航に加え、韓国、香港等のアジア方面を中心に新規就航・増便があったことから、前年同期比3%増の99,684回と、3期連続で開港以来の最高値を更新しました。
▶国内線発着回数
バニラエアの大阪(関西)線及び函館線への新規就航や増便等により、前年同期比7%増の27,697回と、2期ぶりに開港以来の最高値を更新しました。

【航空旅客数】
▶航空旅客数
国際線外国人旅客数や国内線旅客数ともに好調だったことにより、前年同期比3%増の20,541,158人と、3期連続で開港以来の最高値を更新しました。
▶国際線外国人旅客数
日本全体で訪日外客数が年度上半期で過去最高と好調なことや、航空路線の拡充などにより、前年同期比10%増の7,844,239人と、4期連続で開港以来の最高値を更新しました。
▶国内線旅客数
大阪(関西)線や札幌(新千歳)線などが好調だったことにより、前年同期比8%増の3,849,874人と、6期連続で開港以来の最高値を更新しました。

【国際航空貨物量】
▶仮陸揚貨物量
前年同期比3%増の421,739t(積込:218,781 t、取卸:202,958 t)と、2期連続で開港以来の最高値を更新しました。

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

「調査・リサーチ」の資料をDLして詳しく見てみる

「インバウンドデータ」の資料をDLして詳しく見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!