メトロエンジン株式会社 宿泊施設の市場調査ツールの提供を開始 新規建設ホテルデータ、客室単価の月次推移など

公開日:2017年11月10日

客室単価、レビュー情報、新規建設予定のホテル情報など様々なデータを提供します

[メトロエンジン株式会社]

人工知能を使ったレベニューマネジメントツールを展開するメトロエンジン株式会社(東京都港区、代表取締役:田中良介)は、宿泊施設の客室単価や建設予定宿泊施設など様々調査が可能な市場調査ツールの提供を開始致します。

 宿泊施設の市場を調査するには予約サイトを巡回、各種資料から手入力をする、蓄積されたデータをエクセルに落とし込むなど膨大な手作業が発生します。しかしながら、顧客への提案には視覚的な資料が必要不可欠であり、収集している情報も常に更新が必要なため、手作業での市場調査は物理的な限界がありました。

そこでメトロエンジン株式会社は、レベニューマネジメントのために収集していた様々なビッグデータを、市場調査ツール『メトロエンジン リサーチプラン』として提供を開始致します。データの羅列になっているのでは無く、地図表示やグラフなどビジュアル化されており視覚的な資料も作成が容易で、情報はつねに自動更新されることから情報収集にかかる時間を大幅に削減することができます。

▼メトロエンジン リサーチプラン
https://metroengines.jp/research/

以下のお悩みをお持ちの方は是非ご検討下さい。​
・市場調査に時間がかかっていた
・投資企業やクライアントに提供するデータが更に必要だと感じていた
・毎月レポートを執筆しており常に最新の情報が必要

主な調査可能項目

メトロエンジン リサーチプランについて
人工知能を使ったレベニューマネジメントツール『メトロエンジン』より、
弊社が収集しているビッグデータを市場調査ツールとしてスリリース致しました。
ご利用には以下サイトのお問い合わせよりお申し込み下さい。
https://metroengines.jp/research/

メトロエンジン株式会社について

メトロエンジン株式会社は、ホテル・旅館向けにリアルタイムのビッグデータから⼈⼯知能・機械学習を活用し客室単価の最適化設定を行うレベニューマネジメントツール「メトロエンジン」を提供を行うなど、宿泊事業者向けのサービスを展開しています。また、民泊事業者向けに民泊やマンスリーなど物件の短期貸し出しに対応したクラウド管理ツール「民泊ダッシュボード」を提供しています。

「メトロエンジン」
リアルタイムのビッグデータから⼈⼯知能・機械学習を活用し客室単価を導く世界初のレベニューマネジメントツール。
https://metroengines.jp/

​「民泊ダッシュボード」
民泊など物件の短期貸し出しに対応したクラウド管理ツール
https://minpaku-dashboard.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
【メトロエンジン株式会社の概要】
(1)社 名:メトロエンジン株式会社
(2)代 表 者 : 代表取締役CEO 田中 良介
(3)本 店 所 在 地 : 東京都港区麻布台1-11-3 麻布台第一ビル3F
(4)設 立 年 月 : 2016年10月31日
(5)電 話 番 号:03-6277-6870

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

「調査・リサーチ」の資料をDLして詳しく見てみる

「インバウンドデータ」の資料をDLして詳しく見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!