「リアルマリオカート」に批判の声/訪日外国人に人気の公道カート、安全性・著作権に問題も

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

男女を問わず多くの訪日外国人が知っているレースゲームといえば『マリオカート』が挙げられます。『マリオカート』とは任天堂が開発、販売をしているゲームで、同じく任天堂のゲームの『マリオ』に登場するキャラクターがカートに乗ってレースをするゲームです。

訪日外国人の『マリオカート』に関する認知度の高さ、人気の高さを受けて、東京都内にはレンタルカートで公道をコスプレして走行できるサービスを提供している企業があります。

しかし、任天堂は公道カートのレンタル会社「マリカー」に対して、損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こしています。

そして訪日外国人の中には日本の交通ルールを知らない訪日外国人がいるなど、安全性に問題があると批判の声もあがっています。

関連記事
「マリカー」に対し任天堂訴訟へ
「マリカー」の問題点・課題とは

インバウンド受け入れ環境整備の資料を無料でダウンロードする

「翻訳・多言語化」の資料を無料でダウンロードする

「多言語サイト制作」の資料を無料でダウンロードする

「多言語化表示サービス」の資料を無料でダウンロードする

「テレビ電話型通訳サービス」の資料を無料でダウンロードする

「訪日外国人向け道案内」の資料を無料でダウンロードする

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

既存の公道カートの位置づけは非常に曖昧

既存の公道カートの一番の問題点は、様々な車両が行き交う公道においてその位置づけが曖昧であったため、危険が生じていたことにあります。まず、自動車や原動機付き自転車、軽車両などの所有権、保安基準などを定める道路運送車両法においては、公道カートは「原動機付き自転車」にあたり、道路における危険の防止、交通の安全に関するルールを定めた道路交通法では「自動車」という扱いです。

つまり、原動機付き自転車では必須となるヘルメットが不要、また、自動車でも必須となるシートベルトが不要になるなど、通常の原動機付き自転車、自動二輪車、自動車と比較すると、極めて安全性が低い乗り物であり、なおかつ他の車輌からの視認性が著しく悪い といった特徴がありました。

リアル「マリカー」訪日客による事故率は77%に及ぶ 法的要件の背景から見る問題点・課題とは

日本のゲームキャラクターは訪日外国人にも高い人気を誇りますが、その中でも任天堂の人気タイトル「スーパーマリオシリーズ」はどの国でも高い認知度を誇るキャラクターです。「マリオシリーズ」の中でもカートで様々なコースを走行するレーグゲームである「マリオカート」は、レースという要素とマリオの面白さが合わさった人気タイトルです。こうした人気を受け、訪日外国人向けに、公道を「マリオカート」さながらに走行出来るというサービスを手がけている事業者が東京の秋葉原を中心に存在しています。しかし近年では 訪日外...

保安基準の改正案で公道カートはこうなる

昨年国土交通省が2017年12月5日に開いた有識者検討会において、道路運送車両法に基づく保安基準が改正されることとなりました。その内容としては、まずシートベルトの装着、夜間でも視認性を高めるため、高さ1mほどの場所に赤色の尾灯の装着、ヘッドレストの装着、ハンドルへの衝撃吸収装置の装着、衣類などの巻き込みを防ぐためのフェンダーの装着、歩行者などとの衝突の際のために、車両前部を衝撃を吸収しやすい構造とすることなども必要となります。

車両のイメージが大きく異なること、車両の改修が必要があることなどから、事業者側からは不満の声も聞こえそうですが、車高が非常に低いため、普通車からも見えにくく巻き込み事故、接触事故などが実際に発生していることから、こうした対策は必要不可欠と言えます。こうした保安基準は実際の改正案が施行された後など、ある程度の期日以降の「新車」から適用される予定ですが、シートベルトの装着、尾灯の装着は既存の車両にも適用され、今後も死傷事故などが相次ぐ場合は、遡って適用となる予定です。

マリオのコスプレ衣装を貸し出しての公道カートに任天堂が待った

こうしてご紹介してきたような安全性の問題もそうですが、実際こうして訪日外国人向けに公道カートのレンタルを行っているサービス企業は、任天堂の人気キャラクターのマリオ、そして人気ゲームのマリオカートに登場するキャラクターのコスプレ衣装を貸し出して記念撮影を行うことなどを推奨、こうした行為を集客手段として使用していました。

これを受けて、昨年2月下旬に任天堂は公道カートのレンタル会社「マリカー」に対して、著作権などを侵害しているとして、侵害行為の中止と1000万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こしています。現在「マリカー」のホームページでは、任天堂のこうしたキャラクターのコスプレ衣装の取扱をやめているようですが、一部ディスニーのキャラクターのコスプレ衣装などは今だに見受けられます。

任天堂訴訟へ 外国人観光客にも大人気の公道「マリカー」実は無許可だった…訪日プロモーションでも著作権には要注意

本日2月24日、任天堂株式会社(以下、任天堂)が「公道カートのレンタルサービスに伴う当社知的財産の利用行為に対する訴訟提起について」と銘打った発表をしました。任天堂によれば、特に訪日外国人観光客に人気の体験となっている公道マリオカートレンタルサービスを運営する株式会社マリカーを相手取り、訴訟を提起したとのことです。目次株式会社マリカー、任天堂に訴えられる不正競争行為・著作権侵害行為差止め&損害賠償1000万円請求の訴訟へインバウンド人気が高かった「マリカー」TripAdvisorでは397...

訪日外国人に人気のサービスとは言え、安全性の観点から、今後も公道カートには問題が残る

さて今まで見てきたように、公道カートには安全上の大きな課題があることから、保安基準の改正が行われることとなりました。しかし、この保安基準の改正が行われたとしても自動車や原動機付き自転車と比較して安全性が高いわけではありませんし、何よりも日本の交通ルールに関して、ほぼ無知の訪日外国人が運転をする可能性がないわけではありません。引き続きこの公道カートに関しては、どのような形でサービス提供が行われていくのか注視が必要だと言えるでしょう。

インバウンド受け入れ環境整備の資料を無料でダウンロードする

「翻訳・多言語化」の資料を無料でダウンロードする

「多言語サイト制作」の資料を無料でダウンロードする

「多言語化表示サービス」の資料を無料でダウンロードする

「テレビ電話型通訳サービス」の資料を無料でダウンロードする

「訪日外国人向け道案内」の資料を無料でダウンロードする

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

訪日ラボおすすめのセミナーや記事をご紹介します。

訪日ラボ トレンドLIVE! Vol.2 〜見逃せないインバウンドの最新情報をお届け〜


初回から人気を博した「訪日ラボ トレンドLIVE!」シリーズの第二弾を開催!

TVや新聞などでも日々取り上げられているインバウンドの動向ですが、業界が盛り上がるにつれて情報把握が難しくなっています。

「訪日ラボ トレンドLIVE!」では、訪日ラボとして取材や情報収集を行っている中で、これこそは把握しておきたいという情報をまとめてお伝えしています。

今回も、インバウンド業界最大級メディア「訪日ラボ」副編集長が、今月6月のインバウンドトレンド情報や、独自の取材で気づいたことについてお話ししていきますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

<本セミナーのポイント>

  • 毎月インバウンドの最新動向がわかる!
  • インバウンド業界最大級メディア「訪日ラボ」を運営する副編集長 石橋が登壇!
  • 30分間でサクッと学べる!

詳しくはこちらをご覧ください。
訪日ラボ トレンドLIVE! Vol.2 〜見逃せないインバウンドの最新情報をお届け〜

【インバウンド情報まとめ 2024年5月後半】「世界で最も成長している観光地」トップに東京 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年5月後半版レポートから、5月のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

※【インバウンド情報まとめ】は2024年5月より月2回発行いたします!最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

「世界で最も成長している観光地」トップに東京 / 富士山前のコンビニ、撮影防止の「黒幕・防護柵」設置【インバウンド情報まとめ 2024年5月後編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに