多言語化サイトを作るときの4つの落とし穴:インバウンド対策でホームページの多言語化対応するなら必ず知っておきたいこととは

多言語化サイトを作るときの4つの落とし穴:インバウンド対策でホームページの多言語化対応するなら必ず知っておきたいこととは

さて、前回、訪日外国人向けのウェブサイトの多言語化対応において、サイト制作にも様々なコストがかかるというお話をしました。

「翻訳・国際化・多言語化」って何が違うの?サイトの多言語化をするなら必ず知っておきたい重要な3つキーワードを解説!

もし、あなたが訪日外国人向けに多言語版の自社サイトを作る場合、どんな作業が思い浮かびますか?翻訳会社に依頼して完了!と思っているなら大きな間違いです。実は、「外国語対応」とひとくちにいっても、色々な作業があります。外国語対応されたウェブサイトやサービスを展開する場合は、「翻訳」と、さらに「国際化」と呼ばれる「システム対応」が必要になります。「翻訳」と「国際化」と「多言語化」「翻訳」とは?「翻訳」の意味は当然みなさんも分かりますよね。ある言語の文章を他の言語に他の言語...

もし、あなたが多言語サイトを作る際には、元の日本語サイトの時点から気をつけなければいけないことが沢山あります。実際にいくつか紹介したいと思います。

今回は、「多言語サイトの作り・構成に関する落とし穴」「アドレス(URL)の作り・構成に関する落とし穴」の観点から、4つの落とし穴について説明したいと思います。

多言語サイトの作り・構成に関する落とし穴

多言語化サイトで気をつけるべきポイントその①:入力ボックスの落とし穴

ECサイト、予約サイト、色々なサイトがありますが、テキストの入力ボックスはさまざまなサイトで使われています。例えば、メールアドレスの入力欄や、住所の入力欄など、さまざまな文字情報をサイト入力出来るかと思います。そんな 入力ボックス を作る際には、大きな落とし穴があります。

例えば、ユーザーから入金をして貰う場合、下記画像のGoodパターンとBadパターンを見比べて見ましょう。

  • Goodパターンは「いくら入金しますか? ¥◯◯」
  • Badパターンは「口座に¥◯◯入金する」

となっています。これを英語に翻訳するとどうなるでしょうか?

Goodパターンの「How much will you deposit? ¥◯◯」は、入力ボックスとテキストの順番が変わりません が、Badパターンは「Deposit ¥◯◯ into bank account.」と口座(bank account)と入金(Deposit)の順番が入れ替わってしまう ので、適切ではありませんね。

サイズ入力についても同様で、文中にテキストや選択ボックスがあると、言語を翻訳した際に整合性が取れなくなってしまう ことを気をつけなければいけないでしょう。

多言語化サイトで気をつけるべきポイントその②:テキスト入り画像の落とし穴

これは東アジアに非常に多い習慣ですが、ECサイトなどでは画像に文字が入っているケースが多くあります

日本語のままだといいのですが、もし、英語版や中国語版のサイトを作るとなった場合、テキストだけを作るのにくらべて「画像制作」という、さらに大きなコストがかかってくることになります。さらにはその管理、画像入れ替え、などなど、知らずにつくってしまうと大きなコストになってしまうことを気をつけなければいません。

今は CSSと呼ばれるスタイルシート用のプログラミング言語によって、非常に簡易的に画像にテキストを入力、修正出来る 為、もし制作をお願いする際は「画像に文字を付ける際はCSSでお願いします」と注文するとよいでしょう。

多言語化サイトで気をつけるべきポイントその③:文字の長さについての落とし穴

「蝶」という単語はドイツ語だと「Schmetterling」と訳します。もしあなたが、何も気にせずに蝶の形をしたピアスの商品をアップロードした場合、説明分の長さサイトのレイアウトがほぼ確実にくずれてしまうことになるでしょう。この場合は、文字フォントのサイズを調整したり、元サイトに余白を作っておく必要があるでしょう。

アドレス(URL)の作り・構成に関する落とし穴

多言語化サイトで気をつけるべきポイントその④:アドレス(URL)を設計する時の落とし穴

もし、日本語サイト、英語サイト、中国語サイトを運営していた場合、検索エンジンからのアクセス流入 が欲しいと思います。そんな時にウェブページばかりに気を取られて、URLに気を使わずにサイトを作ってしまうと、せっかくのサイトが台無しになってしまいます。

例えば「http://yoursite.com」というURLであなたがECサイトを運営している場合、英語も日本語も同じURLで表示すると、元の言語しか検索エンジンの結果に表示されません。さらに、アクセス数の解析もURL毎にしか行う事ができないので、同じURLで英語も中国語も表示されるようにしておくと、「どの言語でどのくらいアクセスがあったか?」がわからなくなってしまいます

日本語版が http://yoursite.com だった場合、英語版は http://en.yoursite.com や、 http://yoursite.com/en/ といったように 言語コードをURLに含める 必要があります。忘れずに行いましょう。

次回もサイト多言語化で気をつけることを紹介していきたいと思います。

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

Wovn Technologies 株式会社

Wovn Technologies 株式会社

Wovn Technologies 株式会社 代表取締役 林鷹治(はやしたかはる)。もともとエンジニアとしてキャリアをスタートし、WEBサイト多言語化ツール「WOVN.io」(ウォーブンドットアイオー)を開発し同社を設立。観光情報・宿泊・EC・体験予約など国内外10,000を超えるサイトの導入実績を踏まえ、インバウンド対応において第一歩ともなる「WEBサイト多言語化」のノウハウやコツをお届けいたします。