実はこんなに伸びてる!?世界では4.3兆円規模に成長する翻訳市場の現在とは:日本ではインバウンド需要の拡大が後押し

日本における翻訳市場は年々拡大しており、年間2,000億円〜3,000億円と言われています。この業界の特徴として、中小の会社が2,000社ほどあるようです。単純計算すると1社あたり1億円程度の売り上げを上げている事になります。日本で翻訳だけで上場している会社は少なく、グローバルの下記の調査でも20位以内には翻訳センター社しか入っていません。


参照:http://www.commonsenseadvisory.com/Marketing/2016-largest-LSPs.aspx?

市場が伸びている要因として、インバウンド需要の拡大 が挙げられると思います。2020年とその先の人口減少による外国人の雇用の促進が、翻訳の潜在ニーズの顕在化に繋がっていき、当面は翻訳市場は拡大するものと思われます。海外の翻訳会社にとっても日本の伸びている市場は魅力的なはずです。日本の翻訳会社が海外の企業と肩を並べて戦って行くための優位性を、今回は考えてみたいと思います。

世界の翻訳市場

現在世界の翻訳市場は4.3兆円程度だと言われおり、年率5%強の成長率で伸びています。先ほどのランキングの上位のLionbridge社やTransperfect社は、翻訳だけではなく、翻訳支援ツールをSaaS型で提供したり、通訳や派遣の事業など、言語に関するサービスを多角的に提供する事で成長しています。ここで、LionBridgeの戦略とサービス展開を見ていきましょう。

Lionbridgeの展開

Lionbridgeは機械と人力をうまく融合させた展開をしていくようです。昨今、NMT(ニューラル翻訳) により機械翻訳の精度が飛躍的に伸びてきており、従来のゼロベースでの人力の翻訳は、今後競争力がなくなっていくと言われています。その中で いかに人が機械を使って効率的にコストとスピードメリットのあるサービスを展開できるかが鍵となる としています。


参照:https://www.lionbridge.com/en-us/about

10万人以上の専門家が登録しており、様々な分野(翻訳、ローカライゼーション、デジタルマーケティング、グローバルエンジニアリング、アプリケーションテストなど)でそのスキルを活用しています。

テクノロジーの加速

機械翻訳は日々精度が向上しており、分野によっては人が訳す精度と変わらないレベルまで来ています。従来、翻訳支援ツールは機械が人の翻訳を支援するツールでしたが、今後機械翻訳のさらなる精度向上とともに、人が機械の出してくる結果をチェックする支援になる可能性があります。そしてそれが、翻訳を必要としている人にとっての品質向上とコスト削減に繋がっていくはずです。

日本の翻訳会社の優位性

外国の翻訳会社の提供する品質に比べても、日本の翻訳会社は品質が高い傾向にあります。恐らくそれは、日本の企業の求める要求品質基準が高いからであり、そこが海外の翻訳会社への参入障壁となるでしょう。

今後、そのクオリティを維持しつつ、価格を競争優位性のあるものにするために、翻訳会社も機械翻訳の活用が必要になってくると考えています。

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

株式会社エニドア

株式会社エニドア

株式会社エニドア 代表取締役 山田尚貴。8万5千人以上のバイリンガルが登録するプラットフォームConyacを運営。Conyacでは世界中のバイリンガルに翻訳や記事の執筆、リサーチなど様々なお仕事を依頼することができます。