前年比20%で成長している「インバウンド×お菓子」の関係:農水省が初めて4兆円を突破したインバウンド消費について分析:化粧品や香水、医薬品などが引き続き好調、お菓子が中国・韓国市場を中心に堅調な成長

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

農林水産省は平成29年の訪日外国人旅行者の日本滞在中の旅行消費額について、食料品類のインバウンド消費の観点から速報を公表しました。これによると、訪日外国人の日本における旅行消費額は初めて4兆円を突破。買い物(お土産)代、宿泊費、飲食費、交通費、娯楽・サービス費の全てが増加しています。

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

無料レポート配布中!外国人が殺到する渋谷の飲食店をチェック

訪日外国人の旅行消費額は初めて4兆円を突破 買物(お土産)代が最多となる

平成29年の速報値によると、訪日外国人旅行者の日本滞在中の旅行消費額は4兆4,161億円となり、初めて4兆円を突破。対前年比で17.8%増加しました。最も多かったのは例年通り買物(お土産)代で、全体では37.1%、金額としては1兆6,398億円となりました。この中で飲食費は8,856億円となっており、全体では20.1%と、構成比としては平成28年から0.1%減少しています。この中で対前年比で伸びているのは宿泊費で、金額としては1兆2,451億円、比率としては1.1%の伸びとなりました。

買物(お土産)代の中では「菓子類」が大きく成長

訪日外国人の旅行消費額の中で最多だった買物(お土産)代の内訳を見ていきましょう。平成29年に訪日外国人旅行者の買い物額の中で最多となったのは「化粧品・香水・医薬品・健康グッズ・トイレタリー」で6,316億円となり、引き続き消費が拡大している事が伺えます。2番目に多かったのは服(和服以外)・かばん・靴で2,952億円。「その他食料品・飲料・酒・たばこ」は1,868億円、「菓子類」は1,589億円となり昨年比で大きく成長。特に「菓子類」は昨年比19%の成長となっています。

「菓子類」を最も購入しているのは中国だが、韓国の伸びが目立つ

菓子類に関して、国籍別に内訳を見ていくと日本の菓子類を最も購入しているのは「中国」であることは例年と変わりません。「韓国」、「台湾」、「香港」と続いていますが、これは日本を訪れる訪日外国人を国籍別に見ていった場合と同様の傾向が見て取れます。国籍別の構成比に大きな変化はありませんが、購入額自体が対前年比では21%の成長となっており、今後も成長が見込まれます。全体では韓国が333億円と昨年の226億円から伸びているのが目立ちますが、これは平成29年度に韓国からの訪日外客数が好調だったことと関連していると言えます。

「その他の食料品」の購入額もトップは中国、韓国が大きな伸びを見せる

「その他の食料品・飲料・酒・たばこ」の消費が最も多かったのは「中国」で、「台湾」、「韓国」が続いています。こちらも対前年比で18%の成長を遂げており、国別では「菓子類」と同様に、平成29年度の訪日外客数が好調だった韓国が伸びています。

「菓子類」、「その他食料品等」の消費はほとんどが東アジア各国

平成29年の速報値によると、「菓子類」を購入している約9割、「その他食料品等」を購入している約7割が東アジア各国からの訪日外国人旅行者であることがわかりました。引き続きこれらの分野の消費に関しては東アジア各国の訪日外国人旅行者に注力していくことに加え、東南アジア、欧米豪などの訪日外国人旅行者にも日本の「お菓子」、「果物」、「お酒」などの魅力をアピールして行くことが求められます。

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

「調査・リサーチ」の資料を無料でダウンロードする

「インバウンドデータ」の資料を無料でダウンロードする

<参考>

訪日ラボおすすめセミナーのご紹介

訪日ラボでは、インバウンド対策に課題を抱えるご担当者様向けに、お悩み・課題解決を支援すべく、無料のオンラインセミナーを実施しています。

3/13(水)開催「外国人向けプロモートのイロハを学ぶ」無料オンラインセミナー


訪日外客数が順調に回復を続ける中で、競争が加速する「訪日外国人の集客」。

企業・自治体様の中では、どのタイミングで、どのような施策を行うと効果的に外国人集客を増やせるか、模索されている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、日本への「旅行後」の経験に着目をし、訪日プロモーションを加速させることに成功したJAMS.TV Pty Ltdと共催セミナーを開催いたします。オーストラリアで来場者数10,000人を超える大型イベントを企画・運営を行う上で、どのようなポイントをおさえて施策を設計し、実行していったのか。

試行錯誤の上で見えてきた「訪日プロモーションのポイント」を事例をもとに分かりやすくお伝えいたします。

詳しくはこちらをご覧ください。

『外国人向けプロモートのイロハを学ぶ〜オーストラリアで1万人の日本ファンを集めた仕掛け〜』

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに