<最新!旅行意識調査>7割が旅行の「計画疲れ」に悩む!気づくといつも同じ「マンネリ旅」を6割以上が経験!~プロがあなたに代わって旅行計画!旅工房の「コンシェル旅」が本格始動~

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

[株式会社 旅工房]

株式会社 旅工房(本社:東京都豊島区/代表取締役会長兼社長: 高山泰仁)は、夏の旅行シーズンに向けて、旅行経験豊富なトラベル・コンシェルジュに、海外旅行の計画からホテルや飛行機の予約、またおすすめの行き先やお店などをメールや電話にて無料で相談でき、アドバイスをもらえるサービス「コンシェル旅」を本格始動します。
それに先立ち、全国の20~40代600名の女性を対象に、「旅行計画」に関する意識調査を実施しました。本調査では、旅行計画における情報収集の実態やそれに伴うストレス、またより良い旅行をするためのニーズについて以下の回答が得られました。

【主な調査トピックス】

◆旅行の探し方は自分でじっくり調べる「検索型」が主流に!
しかし7割が旅行の「計画疲れ」に悩む…情報や選択肢が溢れ返っていることが原因に!?
・旅行の計画を立てる際に「インターネット」を利用する人が85.4%
・約7割に上る人が旅行の計画に「手間がかかる」、「難しい」などのストレスを感じる
・ストレスに感じる理由は1位:「情報や選択肢が多い」、2位:「すぐに好みの情報が見つからないから」、3位:「飛行機やホテルの予約の手続きが面倒なため」
・2泊3日以内の旅行に行く半数以上が、旅行日数以上の時間を計画に費やしている

◆計画疲れが原因?「いつも同じ情報源を使う」人が半数以上!
またいつも同じ内容にしてしまう「旅行のマンネリ化」も6割以上の人が経験
・半数以上が、旅行計画に使う情報源はいつも同じだと判明
・66.5%が気づいたらいつも同じスポットや内容で旅行しているなど、
“旅行のマンネリ化”を感じたことがあると判明
・64.5%がもっと良い旅の選択肢があったと感じたことがあると回答

◆もっと良い旅行計画の為には「知識」が足りないと感じる人が多数
プロが代わって旅行計画を立ててくれる「コンシェル旅」を使いたい人が6割以上!
・良い旅行計画を立てる為に、600人中409人の6割以上が「知識」が足りないと回答
・旅行経験豊富なトラベル・コンシェルジュに相談やアドバイスをもらいたいと65.4%が回答

【調査概要】
調査エリア:全国
調査対象者:20~40代女性
サンプル数:600名
調査期間:2018年5月19日~2018年5月20日
調査方法:インターネットパネルを利用したWEB定量調査
*本資料に含まれる調査結果をご掲載頂く際は、必ず『旅工房調べ』と明記ください。

〈調査結果概要〉

◆旅行の探し方は自分でじっくり調べる「検索型」が主流に!
しかし7割が旅行の「計画疲れ」に悩む…情報や選択肢が溢れ返っていることが原因に!?

  旅行の計画を立てる際に、何の情報を参考にしているか聞いたところ、インターネット(85.4%)、雑誌・本・観光ガイド(8.3%)、旅行会社のツアー(4.7%)と、インターネット検索による「検索旅」がスタンダード化していることが明らかになりました。続いて、旅行の計画を手間がかかる、難しいと感じたことがあるかについては、ある(24.5%)、どちらかといえばある(46.0%)と回答し、7割もの人が計画中にストレスを感じていることが分かりました。また、その原因について聞いたところ、1位:情報や選択肢が多いため(66.7%)、2位:すぐに好みの情報が見つからないため(52.5%)となり、情報や選択肢が多い程、旅行の計画にもストレスを感じている「計画疲れ」の実態が判明しました。
  また、旅行期間として多いのはどれかと聞いたところ、2泊3日以内の短期間の旅行が主流になっていることが分かりました。続いて、旅行計画に費やす時間を聞いたところ、1か月以上(5.1%)、1週間以上1ヶ月未満(18.9%)、3日以上1週間未満(30.0%)と、2泊3日の短期間の旅行にも、半数以上が計画に3日以上を費やしていることが分かりました。

Q1.旅行の計画をたてる際にまず利用するのは何ですか。

Q2.旅行の計画(行き先の検索、ホテルや飛行機の予約、友人/家族との相談時間なども含む総合的な期間)は手間がかかる、または難しいと感じたことがありますか。

Q3.前問で「旅行の計画は難しい、手間がかかると感じたことがある」とお答えした方にお伺いします。
その理由として、あてはまるものを選んでください。(いくつでも)

Q4.旅行期間として多いのはどれですか。

Q5.前問で「2泊3日」以内の旅行期間が多いとお答えした方にお伺いします。旅行の計画(行き先の検索、ホテルや飛行機の予約、友人/家族との相談時間なども含む総合的な期間)に費やす期間はどれくらいですか。

Q6.旅行の計画(行き先の検索、ホテルや飛行機の予約、友人/家族との相談時間なども含む総合的な期間)を立て始めるのはいつからですか。

◆計画疲れが原因?「いつも同じ情報源を使う」人が半数以上!
またいつも同じ内容にしてしまう「旅行のマンネリ化」も6割以上の人が経験

  旅行の計画を立てる際にインターネットや雑誌を参考にする方々に情報源が決まっているか聞いたところ、決まっている(12.5%)、どちらかといえば決まっている(41.3%)と半数以上がいつも決まった情報源をもとに旅行の計画を立てていることがわかりました。続いて、気がつけば同じスポットに行ったり、同じような内容の旅になっていると感じた経験があるかどうかについては、ある(18.5%)、どちらかといえばある(48.0%)、という結果が判明しました。同じ情報源を参考に、同じような内容の旅を経験する、「旅のマンネリ化」の実態が明らかになりました。
  また、旅行をする際に、もっと良い旅の選択肢があったと感じたことがあるかを聞いたところ、ある(20.2%)、どちらかといえばある(44.3%)と64.5%の人が自分で立てる旅行計画に十分に満足していないことが分かりました。

Q7. Q4で「インターネット、もしくは、雑誌・本・観光ガイド・その他雑誌」を利用するとお答えした方にお伺いします。利用するサイトや雑誌等は決まっていますか。

Q8.気づいたらいつも同じようなスポットや内容で旅行をしていると感じたことはありますか。

Q9.もっと良い旅の選択肢があったのではないかと感じたことがありますか。

◆もっと良い旅行計画の為には「知識」が足りないと感じる人が多数
プロが代わって旅行計画を立ててくれる「コンシェル旅」を使いたい人が6割以上!

  旅行計画の手間や、つい同じような旅行にしてしまうことへの後悔といった不満がみえるなか、もっと良い旅行を計画するために、自分が不足していると感じているものを聞いたところ、600人中409人の6割以上が「知識」が足りていないと回答しました。また、良い旅行計画のために、何を参考にしたいかを聞いたところ、600人中391人が「旅先に行った経験がある人の意見」を参考にしたいと回答し、「知識」や「経験」にニーズがあることが判明しました。
  そこで、よりストレスのない旅のために、旅行の知識と経験が豊富なトラベル・コンシェルジュが、旅行計画段階で行き先やホテル、飛行機の予約、おすすめのお店や遊びなどを無料で、アドバイスなどをくれる「コンシェル旅」を利用したいかと聞いたところ、思う(20.7%)、どちらかといえば思う(44.7%)と、半数以上が利用したいという結果が得られました。

Q10.よい旅行計画を立てるために自分に何が足りないと感じますか。(いくつでも)

Q11.より良い旅の計画のために何を参考にしたいですか。(いくつでも)

Q12.旅行経験豊富なコンシェルジュに、旅行計画を立てる前から、行き先、ホテルや飛行機の予約、おすすめのお店や遊びなどを、気軽にメールや電話で無料で相談ができ、アドバイスをもらえるサービス、「コンシェル旅」を利用したいと思いますか。

◆旅工房が提供する「コンシェル旅」について

  「コンシェル旅」は、旅工房で旅行の申し込みをする際に無料でご利用頂けるサービスです。旅行先の選定、ホテルや飛行機の予約、おすすめのお店や遊びなど、なんでも気軽にメールや電話で相談ができ、アドバイスをさせていただきます。現地に詳しく、知識と経験を兼ね備えた地域専門のトラベル・コンシェルジュが、お客様のご要望に応じて、お客様に代わって最適な旅行プランを組み立て、ご提案いたします。サービスの詳細情報、お申込みは、以下URLよりご確認ください
URL: https://www.tabikobo.com/tabikobo/

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

「調査・リサーチ」の資料を無料でダウンロードする

「インバウンドデータ」の資料を無料でダウンロードする**

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

専門家が徹底議論!地域に眠る観光資源の「磨き上げ」、結局何をしたらいいの


観光庁は、インバウンドの地方誘客を目的とし、「観光資源の磨き上げ」を推進しています。

これに沿って観光コンテンツの造成や発信力強化に取り組みたいと思うものの、「何からやればいいのかわからない」「やってはみたものの、まだ観光客を呼びこめていない」といった悩みを抱えている自治体・企業の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、食体験、ツアー造成、アクティビティ、アドベンチャートラベルなどを専門として第一線で活躍するスペシャリストたちが集結

「観光資源の磨き上げ」とは何なのか、外国人を惹き付ける観光コンテンツはどう作り、どう発信するべきなのか、徹底議論します!

詳しくはこちらをご覧ください。
専門家が徹底議論!地域に眠る観光資源の「磨き上げ」、結局何をしたらいいの?

成功事例から見るインバウンド対策とは。外国人採用の実例から紐解く成長戦略

インバウンド(国際)市場の拡大に伴い、国内では大阪万博やインバウンドへの対応などでグローバルに対応できる環境が必要になっており、日本企業にとって国際市場での競争力確保は重要な課題の一つとなっています。

その鍵を握るのが、インバウンド対策と効果的な外国人採用です。外国人観光客やビジネスパートナーを惹きつけ、国際的な人材を活用することで、企業は新たな成長戦略を構築し、市場で競合に勝つことができます。

今回のセミナーでは、実際に行われた人材活用法を通じて、インバウンド対策と外国人採用が企業にもたらす効果について解説いたします。

実際の事例から学び、自社に適した戦略を見出すためのヒントを得ながら、日本企業がグローバルな舞台で勝ち抜くために必要なスキルや知識を共有し、新たなビジネスの可能性を発見できる機会となっています。

詳しくはこちらをご覧ください。
成功事例から見るインバウンド対策とは。外国人採用の実例から紐解く成長戦略

【インバウンド情報まとめ 2024年5月後半】「世界で最も成長している観光地」トップに東京他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年5月後版レポートから、5月のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

※【インバウンド情報まとめ】は2024年5月より月2回発行いたします!最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。
「世界で最も成長している観光地」トップに東京 / 富士山前のコンビニ、撮影防止の「黒幕・防護柵」設置【インバウンド情報まとめ 2024年5月後編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる4月から観光・インバウンドに関わる仕事に就いたり、関連部署へ異動となり、知識のインプットに追われていませんか? また、より一層事業を推進するために必要な学び直しの機会を設ける担当者も増えてきております。
このセミナーでは、
新担当になって、インバウンドの何から始めたらいいか分からない
インバウンド推進が本格化し、改めて情報やノウハウを学び直したい
そもそもインバウンドに興味があるが、情報を収集できていない
方にとって必要な基礎情報と、知っておきたい新情報をお届けする機会となっております!
詳しくはこちらをご覧ください。
→4月までに学んでおきたい!【基礎から始めるインバウンド対策】 〜ラーチーゴー & ジャパンガイドが教える市場別最新データ〜

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに