東京の地域資源活用に最大1,500万円の助成金 7月17日より募集開始:助成金による支援のほか、専門家からのきめ細かいサポートも

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

[公益財団法人東京都中小企業振興公社]

公益財団法人東京都中小企業振興公社(本社:東京都千代田区、理事長:福田 良行)は、東京都内の「地域資源」を活用した新製品・新サービスの開発・改良に要する 経費の一部を助成する事業の募集を 7月17日(火)より開始することを お知らせします。

【事業目的】
東京には、地域色あふれた魅力的な「地域資源」が様々存在しています。都内中小企業者等が、その「地域資源」を活かして取り組む新製品・新サービスの開発及び改良を支援することにより、地域経済の活性化を図ることを目的としています。

【昨年度の採択事例(※一例です)】
●東京の工芸品をつなぐぬいぐるみワークショップ事業
創作性の高いぬいぐるみを開発し体験ワークショッププログラムを構築
※地域資源「江戸くみひも(東京の工芸品)」を活用

●バスタブ用ベビーチェアの開発
精緻な金型技術を活用し、安全安心かつ自立型のベビーチェアを開発
※地域資源「大田区の金型」を活用

【3つの特徴 】
助成金による支援のほか、専門家からのきめ細かいサポートなど、3つの特徴をご紹介します。

◆ 最大1,500万円の助成金
製品・サービスの「開発費」及び「販路開拓費」に係る10区分の経費を対象に助成を受けることができます。

<開発費>
1. 原材料・副資材費 2. 機械装置・工具器具費 3. 委託外注費 4. 専門家指導費
5. 貸借料 6. 産業財産権(商標権等)出願・導入費 7. 直接人件費

<販路開拓費>
8. 広告費 9. 展示会等参加費 10. イベント開催費

◆ 専門家の伴走で、事業の効果を最大化
開発段階の進捗管理や、販路開拓を見据えた助言等、無償で専門家支援を受けることができます。また、弁護士やデザイナー等と連携したチーム支援も可能です。事業者に不足する分野の専門性をご支援することで、事業の効果を最大化します。

◆ 完成後のPR支援等を実施
開発した商品・サービスの販路開拓を見据えて、PR動画の作成や展示会(産業交流展)出展等をサポートします。

【説明会のご案内(先着順)】

下記HPより説明会にお申込みいただけます。(先着順)
http://www.tokyo-kosha.or.jp/topics/1806/0002.html?pr

【TOKYOイチオシ応援事業 概要】

●主な申請資格
1. 中小企業者(法人及び個人事業主)
2. 一般財団法人、一般社団法人、特定非営利活動法人
3. 組合等(企業組合、協業組合、事業協同組合、商工組合、協同組合連合会など)

※上記事業者であっても、各種条件により、対象とならない場合がありますので、詳しくは募集要項をご確認いただくか、お問い合わせください。

●助成対象期間
2018年12月1日~2020年11月30日
●助成限度額(申請下限額)
1,500万円(200万円)
●助成率
1/2以内
●スケジュール

【助成対象となる「地域資源」の確認手順】

◆東京都に指定されている場合
東京都が指定している「地域産業資源」であれば、助成対象となります。TOKYOイチオシナビでは、指定されている300以上の地域資源を簡単にご検索いただけます。

(TOKYOイチオシナビ)http://chiikishigen.tokyo/search/index.html#tab2?pr

◆東京都に指定されていなかった場合
TOKYOイチオシナビに掲載されていない「地域資源」であっても、一定の条件(下記3つのすべて)を満たす場合には、助成対象となります。

1.東京の地域資源として、地域の中小企業等が共有して活用できる(又はその可能性がある)資源であること
2.東京の地域資源として、生産量、品質、機能、歴史的・文化的背景等の面で特徴があり、消費者等にそのことが一定程度認識されていること
3.次の3分類に該当すること
(1)農林水産物 (2)鉱工業品・生産技術 (3)観光資源

【お問い合わせ先】
ご不明な点や、ご質問等ございましたら、お気軽にご連絡ください。

(公財)東京都中小企業振興公社助成課 安齋、中川
電話 03-3251-7894
メール josei@tokyo-kosha.or.jp

【詳細URL】
● 平成30年度 TOKYOイチオシ応援事業 HP
http://www.tokyo-kosha.or.jp/support/josei/jigyo/ichioshi.html?pr
● 募集要項
http://www.tokyo-kosha.or.jp/support/josei/jigyo/documents/30_ichioshi_youkou.pdf?pr
● 説明会お申込みURL(先着順)
http://www.tokyo-kosha.or.jp/topics/1806/0002.html?pr

インバウンド対策なにから始めたら良いかわからない?

「インバウンドコンサル」の資料を無料でダウンロードする

「調査・リサーチ」の資料を無料でダウンロードする

「インバウンドデータ」の資料を無料でダウンロードする

「インバウンド研修」の資料を無料でダウンロードする

訪日ラボおすすめのセミナーをご紹介

インバウンド市場の最新動向がわかる訪日ラボおすすめのセミナーをご紹介します。

2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション

昨年12月、JTBが2024年の旅行動向見通しを発表し、 訪日外国人旅行者がコロナ前の2019年を上回る過去最多の3,310万人に達するとの予測を立てました。

インバウンド市場が回復の動きを見せる中、訪日外国人を集客するために、どのような対策をすべきかお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで本セミナーでは、訪日外国人の集客支援を行う2社にて、 2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション成功のポイントを独自の視点から紐解いていきます。

【訪日外国人の行動データと口コミデータで紐解く】2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに