楽天リサーチ、「夏季休暇に関する調査」結果を発表 ‐ 夏季休暇は「自宅で過ごす」が4割、理由は「どこに行っても混んでいるため」が半数以上 ‐

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

[楽天株式会社]

URL: https://research.rakuten.co.jp/report/20180717/

 楽天リサーチ株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:田村 篤司、以下「楽天リサーチ」)は、「夏季休暇に関する調査」をインターネットで実施しました。今回の調査は、2018年6月11日(月)から6月12日(火)の2日間、楽天リサーチに登録しているモニター(約230万人)の中から、全国の20代から60代の男女1,000人を対象に行いました。

■□ 調査結果概要 □■

■夏季休暇(お盆休みなど)は約6割が取得予定、取得しない人は「専業主婦・主夫」がトップ
 今年、夏季休暇(お盆休みなど)を取得するかを聞いたところ、「はい」と答えた人が57.3%と半数以上を占めた。「いいえ」と回答した人が18.8%、「未定」が19.5%、「その他(別の時期に取得する)」が4.4%だった。
 また、職業別に見ると、「会社員」では、「はい」と回答した人が65.5%であるのに対して、「公務員・団体職員」では84.8%だった。

■理想の夏季休暇の長さは「8~14日」、夏季休暇の取得日数は「理想」と「現実」で差が開く結果に
 夏季休暇を取得する予定の人に、理想の取得日数と、現実の取得日数(取得した日数)を聞いたところ、「理想」では、「8~14日」(29.4%)、「6~7日」(28.9%)を挙げた人が多く、続いて「4~5日」(14.7%)となった。「現実」では、「4~5日」が34.3%で最も多く、以下「8~14日」(19.6%)、「6~7日」(18.5%)と続いた。
 平均日数は「理想」:11.0日、「現実」:6.8日となり、「現実」が4.2日少なかった。

◇夏季休暇の理想の日数と現実の取得日数(n=367:夏季休暇を取得する予定の人)単一選択 単位:%

■夏季休暇は「自宅で過ごす」が4割
 夏季休暇を取得する予定の人に、夏季休暇に何をするかを聞いたところ(複数選択)、「自宅で過ごす」が40.1%で最も高かった。以下「国内旅行」(36.0%)、「帰省」(31.3%)と続いた。

■夏季休暇を「自宅で過ごす」理由は「どこに行っても混んでいるため」が半数以上
 夏季休暇を「自宅で過ごす」と回答した人にその理由を聞いたところ、「どこに行っても混んでいるため」と回答した人が56.5%と最も高く、以下「普段忙しいので、自宅でゆっくりしていたい」(42.9%)、「出費を抑えたい」(39.5%)と続いた。また、「家族団らんの時間を自宅で過ごしたい」という回答も28.6%あった。

■夏のボーナス支給額は平均「40.1万円」
 会社員、公務員・団体職員の人に今年の夏のボーナスの支給額を聞いたところ、全体の約2割にあたる人が「0円」と回答していた。以下「20万円以上~30万円未満」(10.6%)、「30万円以上~40万円未満」(8.2%)と続いた。平均額は40.1万円となった。

■夏のボーナス昨年比「増えた(増える予定)」は約2割
 今年の夏のボーナスは昨年比で増えたか、減ったかを聞いたところ、「変わらない(変わらない予定)」と答えた人が39.8%と最も多かった。「増えた(増える予定)」と回答した人は19.5%、一方「減った(減る予定)」と回答した人は11.9%だった。

■夏のボーナス使い道は「貯蓄」が5割超え
 ボーナスをもらうと回答した人にボーナスの使い道を聞いたところ、「貯蓄」が最も多く53.0%となり、以下「旅行・レジャー」(34.2%)、「生活費の補填」(28.8%)と続いた。
 「まだ決まっていない・答えたくない」を回答する人は1割以下で、使い道が具体的に決まっている人が多数だった。

■夏季休暇の間、子どもが家で過ごすことを「負担に感じる」人は3割以上。理由は「昼食の用意が大変」が約7割に上る
 夏季休暇中は普段と異なり、家族で過ごす時間が増えることから、中学生以下の子どもがいる人に夏季休暇の間、子どもが家で過ごすことを負担に感じるかを聞いたところ、「どちらともいえない」が最も多く24.8%、以下「負担に感じない」(23.9 %)、「やや負担に感じる」(21.8%)と続いた。
 「負担に感じる」、「やや負担に感じる」を合計すると32.3%となった。その理由も聞いたところ、「昼食の用意が大変」と回答した人が67.5%と最も高くなった。以下「子どもが家にいる時間が増えて自分の時間が持てない」(62.3%)、「子どもをいろいろなレジャー施設や旅行に連れて行く必要がある」(39.0%)と続いた。

より詳細な調査結果は以下よりご覧いただけます。
https://research.rakuten.co.jp/report/20180717/

【調査概要】
調査エリア      : 全国
調査対象者      : 20歳~69歳 男女
回収サンプルサイズ: 1,000サンプル
調査期間       : 2018年6月11日から6月12日
調査実施機関    : 楽天リサ-チ株式会社

以 上

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

訪日ラボおすすめのセミナーや記事をご紹介します。

訪日ラボ トレンドLIVE! Vol.2 〜見逃せないインバウンドの最新情報をお届け〜


初回から人気を博した「訪日ラボ トレンドLIVE!」シリーズの第二弾を開催!

TVや新聞などでも日々取り上げられているインバウンドの動向ですが、業界が盛り上がるにつれて情報把握が難しくなっています。

「訪日ラボ トレンドLIVE!」では、訪日ラボとして取材や情報収集を行っている中で、これこそは把握しておきたいという情報をまとめてお伝えしています。

今回も、インバウンド業界最大級メディア「訪日ラボ」副編集長が、今月6月のインバウンドトレンド情報や、独自の取材で気づいたことについてお話ししていきますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

<本セミナーのポイント>

  • 毎月インバウンドの最新動向がわかる!
  • インバウンド業界最大級メディア「訪日ラボ」を運営する副編集長 石橋が登壇!
  • 30分間でサクッと学べる!

詳しくはこちらをご覧ください。
訪日ラボ トレンドLIVE! Vol.2 〜見逃せないインバウンドの最新情報をお届け〜

【インバウンド情報まとめ 2024年5月後半】「世界で最も成長している観光地」トップに東京 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年5月後半版レポートから、5月のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

※【インバウンド情報まとめ】は2024年5月より月2回発行いたします!最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

「世界で最も成長している観光地」トップに東京 / 富士山前のコンビニ、撮影防止の「黒幕・防護柵」設置【インバウンド情報まとめ 2024年5月後編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに