『外国人のお客様が急病になったらどうしよう…』 日本初の多言語医療相談サービス「UrDoc(ユアドク)」がスタート

『外国人のお客様が急病になったらどうしよう…』 日本初の多言語医療相談サービス「UrDoc(ユアドク)」がスタート

インバウンドの体調不良に即対応

株式会社サーティーフォーが運営する「UrDoc(ユアドク)」は、8月21日(火)より、日本初となる多言語医療相談アプリのβ版を一般公開すると同時に、オンラインによる医療相談サービスの提供をスタートしました。

訪日外国人が滞在中、体調不良を感じた際、言語の壁や必要情報の不足等により、医療へのアクセスは困難な状況です。「UrDoc」は、これらの課題を解決し、医療のボーダーレス化を目指す「多言語医療相談サービス」第1弾として、発表されました。

多言語医療相談サービス「UrDoc」

多言語医療相談サービス「UrDoc」

「UrDoc」のサービスを拡充、海外へ展開

「UrDoc」の利用者は、アプリを開いて、オンラインの医師から相談したい医師を選ぶと、医師は、リアルタイムに対応します。相談形式は動画だけでなく、テキストや音声も選択することができます。

また、英語、中国語、韓国語、マレー語、ドイツ語など各言語に精通した医師30人が参加。医師は、利用者から寄せられた健康上または医療上の相談にもとづいて、医療機関への受診勧奨を行います。

さらに、アプリの無料機能として、最寄りの外国人受け入れ可能な医療機関、および最寄りの薬局を地図で自動表示。利用者は、訪れた医療機関や薬局の窓口にて、「UrDoc」の医師が発行する日本語問診票を使用することも可能です。

なお、相談料は各医師が設定した1分あたりの価格をもとに、相談時間に応じて決定されます。

「UrDoc」は、2019年には100人、2020年には300人の医師の参加を予定しており、今後も世界中の医療者および医療を必要とする人をつなぎ、将来的には海外展開も図る計画です。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

株式会社サーティーフォー プレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000032112.html

「UrDoc」公式サイト
https://www.ur-doc.com/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!