訪日担当者必見!アジア5か国で聞いた「日本の調味料といえば?」:FUN! JAPAN調べ

日本の調味料の認知度は?

株式会社Fun Japan Communicationsは、アジア5カ国のFUN!!JAPAN会員へ食の実態を調査しています。第2回となる今回は、「日本の調味料」について8月20日に公表。圧倒的な醤油人気が裏付けられました。

「FUN! JAPAN」アジア5カ国 利用する調味料の実態 調査

「FUN! JAPAN」アジア5カ国 利用する調味料の実態 調査

醤油・ワサビ・味噌が圧倒的な人気

同調査は、アジア各国FUN!JAPAN会員から3,524の有効回答を得ています。「知っている日本の調味料」は、醤油・ワサビ・味噌が上位を占めました。味噌は台湾と香港で認知度1位を獲得しています。

醤油やワサビは寿司・刺身の人気からも裏付けられますが、キッコーマンやマルコメの功績は大きいと記事では述べています。またマルコメもアジア5カ国で展開し、台湾では味噌汁を作る家庭もあることが分かりました。

「食べたことがある日本の調味料」も、醤油・ワサビ・味噌。その中で特徴的なのがインドネシアで、1位が醤油、2位が味の素、3位がマヨネーズとなっています。味の素の世界進出も早くから行われており、結果が出ています。

意外な人気?「柚子胡椒」

「好きな日本の調味料」についても、インドネシア以外は醤油・味噌・ワサビですが、マヨネーズも一定の人気を獲得しており、キューピーではムスリム向けの販売も展開しています。

メジャーな調味料とは別に注目に値するのが「柚子胡椒」。福岡市の食品メーカーがアジア展開しており、香港では61%、台湾では48%の人が「食べたことがある」と回答しています。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

Fun Japan Communicationsのプレスリリース
https://fj-com.co.jp/blog/funjapanlab/post-20180820.php

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!