【大分】NEXCO西日本、レンタカー利用の外国人観光客者に向け、多言語の注意喚起看板を設置

ピンポイント事故対策の実験結果を基に注意喚起看板を設置

NEXCO西日本が、訪日外国人観光客レンタカー利用者に向け、外国語による注意喚起看板を、大分自動車道に設置すると、8月17日に発表しました。

国土交通省・九州地方整備局は、地域道路経済戦略研究会九州地方研究会において昨年度、大分自動車道でピンポイント事故対策の実験を実施したところ、速度低下や急ブレーキの減少が確認されたとしています。この実験結果を基に同省は9月中旬に、外国語の注意喚起看板を、大分自動車道の2か所に設置する予定です。

外国人観光客レンタカー利用者

外国人観光客レンタカー利用者

利用者が多いのは韓国人や中国語圏の人 貸出時にもチラシを配布

訪日外国人観光客レンタカー利用者として最も多いのは、韓国人の64%、続いて中国語圏の人の23%となっており、平成29年12月から韓国語と中国語による注意喚起のチラシを、レンタカーの貸出時やサービスエリアで配布してきました。

今回の注意喚起看板の設置場所は、日田ICから天瀬高塚IC(福岡方面)本線部、そして玖珠サービスエリア(大分方面)入口部となる予定。具体的には、韓国語と中国語(繁体)で「速度落とせ」や「入口注意」が表示されるとしています。

(画像はNEXCO西日本 ホームページより)

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

NEXCO西日本 プレスリリース
https://corp.w-nexco.co.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!