東京のホテル需要 インバウンドによりますます拡大/JLL不動産市場動向レポート

JLLレポート

不動産サービスを展開するジョーンズ ラング ラサール株式会社(JLL)は8月22日、「ジャパン プロパティ ダイジェスト(JPPD)2018 年第2四半期」を発表。東京のホテル市場の動向と見通しについても発表しています。

「JPPD 2018 年第2四半期」

「JPPD 2018 年第2四半期」

東京のホテル市場動向

ビジネスはもちろん、アジア圏の旅行先として人気のある東京は、2018年1月から5月までの訪日外国人客数は1,300万人を記録、前年同期比で17.3%増加していることから、需要が堅調な伸びをみせています。

2018年1月から3月の都内延べ宿泊者数は、前年同期比で2.3%増の12,900万人。日本人宿泊者数は横ばいに推移していますが、その中で外国人宿泊数は33.2%、前年同期比6.4%増となっており、インバウンドの需要が拡大しています。

また1日当たりの販売可能客室数当り宿泊売上(RevPAR)が、今年5月までの累計で前年比7.3%増加。客室稼働率が前年比で1.8%、平均客室単価が5.5%上昇したことによるとしています。

低予算の外国人レジャーへの対応が必要

今後の見通しについては、インバウンド需要を背景にホテル運営パフォーマンスの改善が続くとしています。しかし近年客室単価が急上昇したため、5ツ星ホテル以外のセグメントは成長ペースが上がりにくいのではとも予想しています。

(画像はJLL公式ホームページより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

JLLのプレスリリース
http://www.joneslanglasalle.co.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!