今注目の「外国人観光客忘れ物国際配送サービス」は何故必要?/既存の国際宅配サービスに潜む大きなリスクとは

公開日:2018年10月02日

こんにちは、TUMOCA Expressです。

前回は、弊社の経験から、インバウンド訪日客の忘れ物を取り扱う際に気を付けるべきポイントをお話ししました。

『外国人のお客様の忘れ物、どうしたらいい?』必ず知っておくべき2つのポイントを徹底解説!「インバウンド忘れ物」対応時に、ホテル・旅館が確認す

こんにちは、TUMOCA Expressです。前回は、「インバウンド訪日客の忘れ物対応に苦心するホテル・旅館」というテーマで、いかにインバウンド訪日客の忘れ物対応が煩雑で、ホテルや旅館の負担となっているかをお話ししました。今回は、インバウンド訪日客の忘れ物の国際配送を行う弊社の経験から、少しでも現場のそのような負担軽減のお役に立てればと思い、「インバウンド訪日客の忘れ物受付時において注意すべきポイント」をお話ししたいと思います。※大前提として、インバウンド訪日客(以下、ゲスト)の忘れ物をホ...

しかし、それでもなおホテルや旅館の手間は依然として大きいままで、それゆえ近頃、そのような負担を解消してくれる「忘れ物国際配送サービス」の必要性が高まってきています。

そこで今回は、インバウンド訪日客の忘れ物対応において、既存のサービスでは不十分な理由と「忘れ物国際配送サービス」がどのようなサービスなのかについてお話ししようと思います。

既存の国際宅配サービスでは不十分な理由

読者の皆さんの中には、「国際宅配なんて昔から存在しているうえ、今では外国人向けの購入代行サービスもあるのだから、インバウンド訪日客(以下、ゲスト)の忘れ物を送るのにもそれらで十分じゃないの?」と思う方もいるかもしれません。

しかし、残念ながらこれら既存のサービスでは、ホテルや旅館(以下、総称してホテル)の手間を十分に解消することができません。そもそも、ホテルの手間には大きく分けて2つあり、

①「海外に送ることができる物品なのかを確認」する手間
②「配送料金の決済(海外送金)」に関わる手間

があります(これら2つの手間に関しては前回の記事にて詳しく記載しています)。これらの負担を既存のサービスでなくすことができるかどうか見ていきましょう。

よく耳にする外資系の国際宅配サービスについて

まず、このような国際宅配サービスの配達可能地域はいずれも世界各国の一部主要都市に限られているため、ゲストの住所がその範囲に含まれているかを調べる必要があります

また、これは日本の郵便局及び宅配業者にも同じことが言えますが、リチウム電池を搭載する電子機器やアルコールを含む化粧品のような、適切な梱包方法や申告が必要になる荷物はその確認作業もホテルが行うよう求められるため、結局①の手間は解消されません。

さらに、これらの国際宅配サービスでは、送り主(ホテル)と荷受人(ゲスト)のどちらか一方、もしくは両者がアカウントを作成するよう求められます。そして、基本的に荷受人(ゲスト)が集荷から配送の手配を自ら行うことになり、ホテルはそれに合わせて、梱包や書類作成を行って荷物を準備しなければいけません。これでは、ホテルもゲストも新たな手間が発生してしまいます。

外資系の国際宅配サービスでは結局手間がかかるケースが

外資系の国際宅配サービスでは結局手間がかかるケースが

外国人向けの購入代行サービスはどうだろうか。

購入代行サービスでは、荷物を差し出す際の梱包や申告を彼らが行うため上記①の確認作業の負担は解消されそうです。しかし、購入代行サービスはそもそも「海外にいる会員向け」に日本で購入したい商品を配送するという仕組みなので、「不特定多数の人」を対象としたサービスではありません

また、料金についても、彼らの手元で荷物を計量した後に配送料金が算出されるため、ホテルに保管されているゲストの忘れ物については、ゲストに料金を提示することができず、結果として②の料金決済の問題が解決されないのです。

したがって、既存の「外資系国際配送サービス」及び「外国人向けの購入代行サービス」ではホテルの手間を完全に解消することができず、ゲストの忘れ物対応時の解決策には不十分なのです。

では、今ホテルに求められている忘れ物国際配送サービスとはどのようなものなのか

簡単に言えば、これまで述べてきたホテルの負担を解消するサービスということになります。つまり、ホテルに代わって、ゲストの忘れ物を「相手国に送ることができるのか」どうかを確認したうえで、料金決済、そして送り先と忘れ物の物品に適した梱包及び申告を行い、荷物を海外のゲストの元まで責任を持って配送する、一気通貫した配送サービスということです。

このサービスによって上記2つの手間が解消されるのももちろん重要な点ですが、ここで強調したいのが、「荷物(忘れ物)に責任を持って」配送する点です。

前回お話ししたように、国際宅配では、荷物を受付した後に安全検査及び税関検査が行われ、その時、危険物が含まれている、もしくは必要書類に不備があれば送り主に返送されます。ただ、ゲストは日本の住所を持っていないため、郵便局及び大手宅配業者は返還先のないゲスト個人の荷物を扱うことを避けます。そのため、現在ゲストの忘れ物を海外に送っているホテルのほとんど全てが、自らを送り主として荷物を差し出しています。

しかし、これでは発送後の紛失及び破損等の対応から、万が一海外に送った荷物が危険物だった時の責任まで全てホテルが負うことになるため、このような送り方はできれば避けたいリスクでしょう。

このリスクまでも忘れ物国際配送サービスによってなくすことができるのです。ホテルにとっては、ゲストの忘れ物対応からの手離れが実現できる非常に便利なサービスといえるでしょう。

忘れ物国際配送サービスでは大きなリスクを防ぐことができる

忘れ物国際配送サービスでは大きなリスクを防ぐことができる

まとめ

インバウンド訪日客の忘れ物を送ってあげたいけれども相当な手間とリスクがあり困っているホテルや旅館と、「非居住者の荷物」を受け付けるのが困難な郵便局及び宅配業者、その両者の間に入ることにより、忘れ物を海外のご自宅まで円滑にお届けする「忘れ物国際配送サービス」がまさに今求められているのです。

そしてこれは、ホテルや旅館のみならず、レンタカー会社、航空会社、公共交通機関などさまざまな施設で広まりつつあります。

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

TUMOCA Express(ツモカエクスプレス)

TUMOCA Express(ツモカエクスプレス)

株式会社オー・エス・エス 代表取締役 荒本修一(あらもとしゅういち)。1991年創業。全国のホテル様・旅館様・レンタカー会社様・その他商業施設にて、インバウンド訪日客の忘れ物及び一般手荷物の国際配送サービスを展開しております。旅の思い出が詰まったお品物をお客様のご自宅までお届けいたします。