『おらが群馬でおもてなし英語』グローバル人材を地域で育てる!群馬県の観光おもてなし英語教材

公開日:2018年11月27日

『おらが群馬でおもてなし英語』

高崎商科大学では、群馬県の観光・サービス業に特化した語学教材『おらが群馬でおもてなし英語』を発行。インバウンドに対応できるグローバル人材を地域で育成する取り組みについて、11月8日に発表しています。

『おらが群馬でおもてなし英語』

『おらが群馬でおもてなし英語』

群馬県の魅力を認識して、外国人に伝える教材

これは、群馬県の観光・サービス業に従事する地域の人々が、英語での接客・接遇に挑戦できるように作られた教材。文法的な説明を最小限に抑えて、日常会話を中心に実践的なコミュニケーションを重視しています。

また、土地の文化や歴史をどれだけ魅力的に伝えるかにも重点が置かれており、群馬県の各観光地がもつ歴史的変遷、文化的変容に関してなど、日本語と英語の両方で書かれたエッセイを掲載しています。

例えば群馬県の特産・養蚕文化、富岡製糸場やそこで働く工女、伊香保温泉で真田昌幸にまつわる歴史的なエピソードなど、群馬県の豊富な観光資源を取り上げています。

開かれた観光地を目指す群馬県

この教材は、高崎商科大学が地域志向教育研究費制度を活用し、3年間をかけて開発しました。地域課題となっていたグローバル人材の育成をサポートすることで、世界の人々を迎え入れる地域社会にすることを目的としています。

今後もこの教材は、観光業界を目指す高校生や大学生向けなど、利用者のニーズに応えながら改良していく予定です。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

高崎商科大学のプレスリリース(@Press News)
https://www.atpress.ne.jp/news/170075

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。