一番大事なのは、水。ヴァリューズ、中国人の食に対する意識と支出金額を調査

一番大事なのは、水。ヴァリューズ、中国人の食に対する意識と支出金額を調査

越境EC利用習慣と訪日経験を持つ中国人が対象

株式会社ヴァリューズは、中国人の食に対する意識と支出金額について中国本土にてインターネットリサーチを実施し、その結果概要を2018年12月4日に発表しました。

同社は、市場調査および事業成長支援サービスを提供している企業。同調査は、多くの訪日中国人が日本食品を購入していることを受け実施されたものであり、越境ECの利用習慣および1年以内の訪日経験を持つ中国人を対象としています。

中国人の食に対する意識と支出金額調査

中国人の食に対する意識と支出金額調査

普段意識していることは「水分を2000ccとる」

同調査は、まず食生活の中で普段意識していることについて質問しています。結果は、意識している人の多い順に「水分を2000cc (8杯) とる」「野菜・海藻・キノコ類を多く食べる」「朝食をきちんととる」がトップ3に入りました。水分を大切にする意識は中国人に広く浸透していると、ヴァリューズは考察しています。

結果を性別・年代別に見ると、男性の30歳未満と女性の24歳以下では、「1日3食食べる」という回答が比較的上位に入りました。しかし、男性の30歳以上では「栄養バランスを考える」が位に入り、女性の35歳以上では「野菜・海藻・キノコ類を多く食べる」が「水分」よりも上位にランクイン。20代は食事の「回数」を意識し、30代以上は「質」を気にすると、同社は指摘しています。

最も支出額が大きいのは「男性の24歳以下」

同調査では、食品に対する1か月あたりの支出金額についても質問を実施。結果、最も支出額が大きかった層は、「24歳以下の男性」となりました。また男性では、「お菓子・スナック」への支出額に35歳前後で大きく差があることが、明らかになっています。

この結果についてヴァリューズは、若い中国人男性は友人やパートナーへのプレゼント用に「お菓子・スナック」に多く出費している可能性を指摘。中国人カップルをターゲットとする食品ギフトに、期待が持てると示唆しています。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド最大の中国市場は「旅マエ」にアプローチするのが重要!おすすめのインバウンド対策を資料で詳しくみてみる

「中国向けインフルエンサープロモーション」を資料で詳しくみてみる

「中国向け広告運用」サービスを資料で詳しくみてみる

「Wechatを活用したプロモーション」を資料で詳しくみてみる

「Weiboを活用したプロモーション」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

中国人の食に対する意識と支出金額調査 - 株式会社ヴァリューズ
https://www.valuesccg.com/knowledge/report/marketing/061/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部がセレクトした、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。