観光スポットだけじゃなく「ガイド」にも口コミを/日本初 ガイド対象の口コミサイト「トリップパートナー」:ガイドの質向上でインバウンドFIT旅行者の満足度向上へ

観光スポットだけじゃなく「ガイド」にも口コミを/日本初 ガイド対象の口コミサイト「トリップパートナー」:ガイドの質向上でインバウンドFIT旅行者の満足度向上へ

訪日客とガイドのマッチングサービスを提供しているトリップパートナーは、2018年10月10日より日本で初めてガイドの口コミ投稿サイトをオープンしました。

300人のガイドを審査を経て選出しガイドの質向上を図ることで、FIT旅行者がより満足度の高い体験ができるようなサービスを目指しています。コト消費の需要が高まるインバウンド市場で、特別な旅や体験を提供するトリップパートナーの狙いと魅力を見ていきましょう。

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

▲Trip Partner公式ウェブサイトより引用
▲Trip Partner公式ウェブサイトより引用

質の高いガイドで訪日客の満足度向上を狙う

▲Trip Partner公式ウェブサイトより引用
▲Trip Partner公式ウェブサイトより引用

SNSやインターネットで旅先の情報が簡単に手に入るようになった現代だからこそ、定番のスポットや体験が目立つ一方で、珍しい特別な体験を求める旅行者の声も大きくなってきているのが現状です。

口コミ分析でわかった中国人旅行者が思う「日本旅行で不便なこと7選」と、これからのトレンド「高級プライベートカスタマイズ旅行」とは

JNTO発表の2018年1~10月までの訪日外客数によると、中国からの旅行客は10か月間累計716.3万人となりました。昨年12か月間の累計は735.5万人であり、11月の数字が出れば昨年の累計を超えることになりそうです。中国人の海外旅行行先でも、年間を通して日本はタイや香港と並ぶ人気観光地です。しかし、実際に日本に来ている中国人は皆日本旅行に満足しているのでしょうか?本編では「日本旅行の不満」とこれからの中国インバウンドのトレンドになりうる「高級プライベートカスタマイズ旅行」ついて掘り下...


大手ツアーで有名観光地をまわるような定番の旅では満足できない、またはリピーターがより充実した訪日旅行を楽しむために必要なのは、質の高いガイドだとトリップパートナーは考えました。

よって、2018年10月から、トリップパートナー独自の審査に合格した質の高いガイドと旅行者のマッチングサービスを提供することとなったといいます。

ガイドブックには載っていないレア体験が魅力

▲Trip Partner公式ウェブサイトより引用
▲Trip Partner公式ウェブサイトより引用

トリップパートナーでは、旅行者の多種多様なニーズに応えるため、街歩きから本格的な日本文化体験まで幅広くガイドツアーを取り揃えています。ウェブサイトは日本語・英語・簡体字・繁体字・韓国語の5言語対応で展開しています。

風呂敷と茶道の2つの日本文化を同時に体験できるものや、隠れ家レストランを巡るものなど、ユニークな企画が人気を集めています。トリップパートナーが特に力を入れてPRしているのが、ホテルの往復送迎付きで夕食後に今話題のショーやバーに行くナイトコースです。ガイドブックには載っておらず訪日客だけではなかなか行く機会がないようなナイトスポットへ案内します。

【その経済効果80兆円】インバウンドにおいて手付かずの成長市場である「ナイトタイムエコノミー関連市場」とは

未開拓の夜間市場の活用 を行うことが、大きな経済的インパクトを発生させるということで、日本でもナイトタイムエコノミーが大きな注目を集めています。 日本政策投資銀行、日本政策投資銀行がアジア8地域、欧米豪4地域の訪日外国人観光客旅行者を対象に行なった調査によると、「日本旅行で不満だった点は何ですか?」という質問に対して、「ナイトライフ(バーやクラブ・ナイトマーケット等)体験」という回答が7番目に多い回答となっています。[blogcard url=”https://honichi.com/ne...


現在は東京が中心のエリアとなっていますが、ガイドは徐々に全国各地へと広がってきているとのことです。

ガイド登録者は20〜70代の約300人で、日本人だけでなく日本在住の外国人ガイドも活躍しています。個人だけでなく企業や団体などあらゆる人がガイドとして登録が可能なのも特徴の1つです。

トリップパートナーは、旅先での人との出逢いが旅の充実度や満足度に大きく影響するため、ガイドとの繋がりこそが旅の醍醐味になり得ると考えています。2018年春の通訳案内士法の改正により、誰でもガイドが可能になったことから、より多くの人が挑戦できるようになりました。

インバウンド担当者なら知らなきゃまずい改正通訳案内士法:なにがどう変わったの?2018年以降

2018年1月4日に改正通訳案内士法が施行されました。インバウンド業界でなにかと話題のこの法案。具体的にはどのようなものなのでしょうか?インバウンド受け入れ環境整備の資料を無料でダウンロードする「翻訳・多言語化」の資料を無料でダウンロードする「多言語サイト制作」の資料を無料でダウンロードする「多言語化表示サービス」の資料を無料でダウンロードする「テレビ電話型通訳サービス」の資料を無料でダウンロードする「訪日外国人向け道案内」の資料を無料でダウンロードする改正通訳案内士法とは:国家資格なしで...


だからこそ今後ガイドの質がさらに問われるようになると言えます。そこでトリップパートナーが着目したのが、ガイドのクチコミ評価サイトです。体験の内容はもちろん、旅行者自身がクチコミを参考にガイドを選択できるシステムを構築しました。

旅行者・ガイドともに満足できるサービスの提供


▲Trip Partner公式ウェブサイトより引用
▲Trip Partner公式ウェブサイトより引用

トリップパートナーは、旅行者・ガイドともに満足できる仕組みのサービスを提供しています。

旅行者がトリップパートナーを利用するメリットは、旅行や体験の目的に合わせて自分でガイドを選べる点です。また、トリップパートナーによる審査に合格し選抜されたガイドは、通訳案内士はもちろん日本在住の外国人ガイドも多数のため、コミュニケーションの問題によるストレスを感じることもありません。

事前にチャットでガイドと連絡が取り、細かい要望も気軽に相談することで、よりオリジナルな体験が満喫できます。地元民しか知らないような穴場スポットやナイトコースなど、大手ツアーでは体験できない特別な時間を過ごせる点が、大きな魅力の1つです。ガイドは旅行者専属のガイドとなるため、大人数のツアーなどと違い自分の行きたいところ・体験したいことにフォーカスでき、限られた時間を有効活用することができます。

ガイドがトリップパートナーを利用するメリットは、空き時間を有効活用し気軽にガイドができる点です。自分のスケジュールに合わせ自分で設定した金額で、自由に体験サービスを提供できます。

審査を通過し選抜された約300人のガイドは、自分自身の連絡先を公開することなく旅行者とコミュニケーションが取れます。体験料も全てトリップパートナーを通して事前決済されるため、旅行者と直接お金のやりとりがなく安心して活動できるのもメリットの1つです。

まとめ:FITの訪日客の満足度UPへ

トリップパートナーは国内初のガイドクチコミサイトということで、より質の高い体験を訪日客に提供できる注目のサービスです。ガイド側も、誰でも通訳ガイドができるようになったからこそ、ガイドのスキルアップを目指す人には評価が目に見えてわかり、実績作りに効果的なサービスと言えます。

今後は、インバウンドを取り扱うさまざまな旅行会社や有名ホテルとの連携を進め、訪日外国人旅行客向けガイド紹介サービスとしてNO.1を目指すとのことです。2020年の東京オリンピックの受け入れ態勢強化とリピーター獲得に対する効果が期待されます。


インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる


<参考>

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!