アスタリスクが富裕層に向け「GOYOH」をラグジュアリー施設で本格的に運用

アスタリスクが富裕層に向け「GOYOH」をラグジュアリー施設で本格的に運用

ラグジュアリーヴィラで「GOYOH」を本格的に運用へ

株式会社アスタリスクが、インバウンド・ウルトラ富裕層向け宿泊施設支援型コンシェルジュサービス「GOYOH」を、北海道ニセコのニセコヴィレッジ内にある約50棟のラグジュアリーヴィラで本格的に運用していくと、12月12日に発表しました。

同社が独自開発したスピンオフ・ベンチャーの株式会社GOYOH、そのインバウンド・ウルトラ富裕層向け、宿泊・居住施設支援型コンシェルジュサービス「GOYOH」を、「カサラ・ニセコビレッジ・タウンハウス」を含めた一泊あたり数十万円の宿泊施設で、12月から順次運用を開始していきます。

GOYOH

GOYOH

富裕層向けITインターフェイスの「GOYOH」

「GOYOH」では、施設ありきのラグジュアリーサービスから脱却し、専用端末、若しくは専用オンラインプラットフォームを導入するだけなので、専門人材の雇用や高額なインフラ投資も不要になります。

グローバルな富裕層が、地方やリゾート地などからもダイレクトに日本全国の様々な文化や、サービスにアクセスが可能。多くの国内企業や伝統産業との連携を進め、滞在場所や地域性を活かした商品・サービス・体験を提供していきます。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

株式会社アスタリスクのプレスリリース(ValuePress!)
https://www.value-press.com/pressrelease/212441

GOYOH
https://www.goyoh.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部がセレクトした、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。