3つの「交流」から日本文化発信・インバウンド誘客を/神田明神「EDOCCO」誕生の背景とは

3つの「交流」から日本文化発信・インバウンド誘客を/神田明神「EDOCCO」誕生の背景とは

訪日客にも人気の秋葉原からほど近い神田明神の境内に、神田明神文化交流館「EDOCCO」が2018年12月15日にオープンしました。2029年に創建1300年を迎える神田明神ですが、モダンな造りが特徴の日本文化の新たな発信拠点として、訪日客の誘客を目指します。EDOCCO誕生の背景をふまえ、神田明神が伝統を守るために革新を起こした、インバウンド誘客に向けた取り組みを見ていきましょう。

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

3つの交流からインバウンド誘客も目指すEDOCCO

▲神田明神文化交流館「EDOCCO」公式ウェブサイトより引用

神田明神の境内に造られたEDOCCOは、4階建てのモダンなデザインが特徴です。地下1階には訪日客向けの日本文化の体験スペース、1階には飲食・物販エリア、2〜3階には着席400人・立席700人が収容できる大きなホール、4階には多目的ラウンジスペースを完備しています。

EDOCCOが交流拠点として掲げる目標は以下の3つです。

  1. 神道文化の発信による文化の交流:訪日客に向けて神社神道の文化を中心に発信
  2. 伝統芸能・工芸による価値の交流:日本古来の価値観を伝え、日本および東京の文化への興味関心を高める。
  3. 江戸のおもてなしによる精神の交流:江戸から根付く「意気」という美意識の精神でおもてなしをし、精神的な交流を目指す。

3つの"交流"から、訪日客に日本文化の魅力を発信することで、日本ファンを増やすことが期待されます。

伝統×革新をテーマに訪日客を魅了


▲神田明神文化交流館「EDOCCO」公式ウェブサイトより引用

神田明神の宮司である大鳥居信史氏が、2029年に創建1300年を迎えるにあたり、記念事業の一環として日本の伝統文化発信地となるような取り組みをしようと構想したのがきっかけです。2013年9月に東京オリンピックの開催が決定したことから、訪日客の注目を集め日本文化を発信するチャンスを活用するために、前倒しで計画が実行されました。

EDOCCOとは「 EDO Culture COmplex」の略です。江戸の賑わいを連想する雰囲気や風景を単純に再現するのではなく、現代との調和も意識した施設となっています。訪日客だけでなく参拝客やビジネスマンなど日本人も含め幅広い層が気軽に立ち寄れる空間を目指しました。

伝統が時代の流れとともに消え失せてしまわないよう、革新的なものにも挑戦し取り入れることで、次の伝統へ繋ぐといった大鳥居信史氏想いが込められています。神田明神はこれまでもアニメや野球のコラボレーションなど、革新的な取り組みを実施してきました。神道に興味を持つきっかけとして、神社とは一見縁のないような物も受け入れ、新たな伝統を発信する神田明神の取り組みはまさに革新的な例と言えるでしょう。

日本の食文化と江戸文化を"体験"によってPR

▲「EDOCCO CAFE MASU MASU」公式ウェブサイトより引用

地下1階に造られたスタジオでは、食事を楽しみながら伝統芸能などのショーを鑑賞できるだけでなく、訪日客向けに着物や和食、サブカルチャーなどのワークショップも実施しています。コト消費の需要が高まるインバウンド市場において、EDOCCOのような文化体験の提供は訪日客を惹きつける上で効果的と言えます。

1階の飲食エリアは、昼間はカフェ、夕方からはおでんを提供する居酒屋として営業します。神社とエール(声援)を掛け合わせたすりおろし生姜入りのジンジャーエールなど、神社ならではのメニューが充実しています。物販エリアでは神棚や賽銭箱、盛り塩セットまで陳列しているほか、神道に触れるきっかけ作りとなるよう書籍の販売もあります。お守りやおみくじ代は、SuicaやPASMOといったICカードでの支払いも可能です。キャッシュレス決済の導入は、訪日客の受け入れ体制整備における工夫の1つと言えるでしょう。

まとめ:日本の文化発信・交流拠点としてさらなるインバウンド誘客の促進に期待

神田明神文化交流館「EDOCCO」は、新たな日本文化発信・交流拠点として、さらなるインバウンド誘客の促進に期待が集まります。伝統をそのままにしておくのではなく、革新的なことにも挑戦し新たな伝統を生み出すといった取り組みは、他の文化財などにおいても応用できる点ではないでしょうか。今後も「 EDOCCO」におけるインバウンド誘客への取り組みから目が離せません。


インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる

<参考>

EDOCCO 神田明神文化交流館:公式ウェブサイト

東洋経済ONLINE:神田明神が目指す「らしくない」神社の姿

東京新聞:神田明神から日本文化発信 交流拠点、15日開業

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!