今年は「ニッチ志向」 バイドゥ、2018年訪日中国人の検索動向ランキングを発表

今年は「ニッチ志向」 バイドゥ、2018年訪日中国人の検索動向ランキングを発表

中国人が日本で興味のあるものは?

バイドゥ株式会社(以下、バイドゥ)は、2018年訪日中国人の検索動向ランキングを発表しました。

訪日中国人の検索動向ランキング

訪日中国人の検索動向ランキング

検索対象は年々細かくなる傾向に

今年検索された都道府県や、地域、観光地は、以前の検索内容と比べてより細かくなり、「奈良 鹿」「大涌谷」「心斎橋」「横須賀」などが挙げられたといいます。

また、昨年はランク外だった「皇居」が1位にランクイン。一方、2016年から2年連続でトップだった「富士山」はランク外となり、「河口湖」が3位にランクインするなど、細かい観光対象を調べている人も出てきていることがうかがえます。

グルメ検索ランキングに関しては、昨年はランク圏外だった「フグ」が2位にランクイン。中国の法改正により、中国では「フグ」が解禁になったことから、「フグ」のイメージがアップしたと考えられます。

一方で、昨年は、「日本酒」「サーモン」「おでん」などがランクインしていたものの、今年はランク外になりました。

バイドゥでは、今年から「アニメ検索ランキング」をスタート。人気アニメ「ONE PIECE」の登場人物「ゾロ」が、日本のアニメ・漫画のキャラクターとして唯一ランクインしたことから、中国人のアニメに関する知識の広がりがうかがえるといいます。

同社は、中国の検索市場において第1位のシェア。今後も様々なコンテンツを提供していく考えです。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド最大の中国市場は「旅マエ」にアプローチするのが重要!おすすめのインバウンド対策を資料で詳しくみてみる

「中国向けインフルエンサープロモーション」を資料で詳しくみてみる

「中国向け広告運用」サービスを資料で詳しくみてみる

「Wechatを活用したプロモーション」を資料で詳しくみてみる

「Weiboを活用したプロモーション」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

バイドゥ株式会社 プレスリリース
https://www.baidu.jp/info/502/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部がセレクトした、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。