増加要因はインバウンド!平成29年「奈良県観光客動態調査報告書」を発表

公開日:2019年02月04日

5年間で観光客が大幅に増加

奈良県観光局インバウンド・宿泊戦略室は、平成29年(1月~12月)の奈良県への観光客数等の調査結果を取りまとめた資料として、平成29年「奈良県観光客動態調査報告書」を発表しました。

平成29年の奈良県への観光客数は、4,420万人。インバウンドの増加を背景に、前年比13万人(0.3%)の増加となり、5年前と比較すると、873万人(24.6%)の大幅増となりました。

奈良県観光客動態調査報告書

奈良県観光客動態調査報告書

県北部にインバウンドが多く来訪

エリア別でみてみると、年間を通して最も多く訪れたのは、県東部に位置する天理市、橿原市、桜井市、宇陀市、曽爾村、御杖村、高取町、明日香村エリアで、1,783万3,000人にのぼりました。

5年間で比較すると、199万人増(12.5%)で、平成28年9月の「キトラ古墳壁画体験館 四神の館」のオープンや、飛鳥・山
の辺など、エリア全体へのインバウンドの増加が要因とみられています。

一方、5年間比較で最も増加したエリアは、県北部に位置する奈良市、生駒市、山添村で、576万人増(54.3%)となりました。インバウンドの大幅な増加や、春日大社における第六十次式年造替の賑わいの継続などが増加要因だといいます。

また、来訪者の発地割合を調べたところ、宿泊観光客で、最も多いのが東京都(15.7%)。次いで愛知県(11.5%)、中国・四国(10.0%)、神奈川県(7.7%)となりましたが、インバウンドが(6.4%)と、日本の他地域より比較的高い割合となり、インバウンドが着実に増加していることが伺える結果となりました。

(画像は奈良県のホームページより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

奈良県 プレスリリース
http://www3.pref.nara.jp/hodo/item/60186.htm#itemid60186

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。