楽天トラベル、イニエスタ選手を起用した欧州向けの訪日促進プロジェクトを展開

日本国内でイニエスタ選手がオフの時間を楽しむ様子などを発信

2019年1月22日、楽天株式会社の運営する旅行予約サービス「楽天トラベル」は、JリーグJ1クラブの「ヴィッセル神戸」に所属するアンドレス イニエスタ選手(以下、同選手)が日本政府観光局(JNTO)の欧州向け訪日プロモーションに起用されたことを受けて、欧州各地から日本への旅行を促進するための施策をJNTOと共同で実施すると発表しました。

同選手は、出身国のスペインをはじめとする欧州で高い人気と知名度を誇り、来日後も注目を浴び続けています。

同選手が日本国内でオフの時間を楽しむ様子などを動画で撮影し、JNTOや楽天グループのSNSを通じて発信し、欧州の旅行者に日本をより身近に感じてもらうことで、更なる訪日意欲の喚起を目指すとしています。

イニエスタ選手を起用した欧州向け訪日促進プロジェクト

イニエスタ選手を起用した欧州向け訪日促進プロジェクト

訪日促進プロジェクトの概要

2019年1月22日(火)~2019年2月24日(日)の期間、JNTOのスペイン語版Facebookページもしくは海外向けに楽天のスポーツ&エンターテインメント情報を発信するFacebookページ「Rakuten Arena」をフォローして、訪日プロモーション動画を視聴し、感想をコメントした人の中から抽選で、欧州各地から日本への往復航空券や、スペインの名門サッカークラブ「FCバルセロナ」の選手のサイン入りグッズが抽選で当たるキャンペーンを実施します。

また、「FCバルセロナ」が本拠地のカンプ・ノウ スタジアムで2月2日(土)に開催するスペインプロサッカーリーグ(リーガ・エスパニョーラ)の試合において、来場者が墨絵や折り紙などの日本文化を体験できる観光情報ブースを設けるとともに、スタジアムのメインスクリーンで同選手が登場する訪日プロモーション動画を放映します。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

楽天トラベル プレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000181.000021228.html

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。