北海道の観光事業会社、ルスツリゾートと地域をつなぐ複合施設計画を発表

北海道の観光事業会社、ルスツリゾートと地域をつなぐ複合施設計画を発表

統合型リゾート(IR)の構想計画

加森観光株式会社は1月21日、北海道留寿都村統合型リゾート誘致推進協議会に協力し、統合型リゾート(IR)の構想計画を発表しました。複合施設で観光の発展と雇用創出を図ります。

統合型リゾート(IR)構想計画

統合型リゾート(IR)構想計画

国内外の観光客を誘致

同社は、自然資源と文化体験を魅力とする観光地、留寿都村でルスツリゾートを運営。道内ゲスト、道外ゲスト、インバウンドゲストに季節ごとのアクティビティやエンターテイメントのプログラムを提供しています。

今回の構想はそのルスツリゾートを中心とした地域密着型の複合施設。

1,300のホテル客室、スパ、レストラン、バーとラウンジ、多彩なショップ、MICE施設、ゲームエリアからなるレジャー・エンターテイメントエリア、そしてカジノエリアなどを予定しています。

地域が1つになるまちづくりを目指して

夏はゴルフ、冬はスキーなどアウトドアに十分な観光資源を持っているエリアで、カジノなどの娯楽施設を増やすことで、国内のみならず海外観光客の誘致も期待できます。

カジノは全体計画の一部で、将来的なビジョンとしては医療施設、学校、商業および小売り地区、多世帯の住居なども含まれています。同社では札幌と函館をつなぐハブとしての役割を創出し、地域人口の増加と雇用創出を目指すと述べています。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド対策なにから始めたら良いかわからない?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドコンサル」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンド研修」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

加森観光株式会社のプレスリリース(@Press News)
https://www.atpress.ne.jp/news/175128

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部がセレクトした、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。