ベルトラ、インバウンド向け「英語ガイドバリアフリーツアー」の販売をスタート

公開日:2019年02月20日

車いすや介護が必要なインバウンドも安心

現地体験型オプショナルツアー専門予約サイトを運営する「ベルトラ株式会社(以下、ベルトラ)」は、介護旅行の「東京トラベルパートナーズ株式会社(以下、東京トラベルパートナーズ)」と業務提携し、インバウンド向け「英語ガイドバリアフリーツアー」の販売をスタートしました。

英語ガイドバリアフリーツアー

英語ガイドバリアフリーツアー

日本のバリアフリー旅行の魅力を発信

ベルトラは、英語によるウェブサイトを通じ、インバウンド向けにサービスの提供をしていますが、近年では、車いすでのツアー参加可否の問い合わせが増えていたといいます。

今回、リフト付き福祉車両を使用した少人数制の旅行を運行する「東京トラベルパートナーズ」との提携により、日本人向けだけでなく、インバウンド向けに英語ガイドバリアフリーツアーの提供をスタート。

ツアーはすべて貸し切りで、他の参加者を気にすることなく、ゆったりと参加できるのが特徴で、電動車いすも搭載可能なリフト付きバンなど、その人に合った最適な車両を用意するほか、介護ヘルパーの資格を持ったドライバーが、安心な旅をサポートします。

JNTOの調べによれば、インバウンド数は、2018年に年間3,000万人を突破。今年はラグビーワールドカップ、2020年にはオリンピック・パラリンピックを控え、その数はますます増加することが見込まれます。

ベルトラは、インバウンドが日本の旅をより一層楽しめるよう、バリアフリーツアーの魅力を発信していく考えです。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

ベルトラ株式会社 プレスリリース
https://corp.veltra.com/press/20190206/1156/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。