外国人多すぎて困った→周りの観光地に分散だ! | 京都市がオーバーツーリズム対策に本腰、3つのゴールとは?

外国人多すぎて困った→周りの観光地に分散だ! | 京都市がオーバーツーリズム対策に本腰、3つのゴールとは?

京都市および京都市観光協会はVisaやVoyaginと連携し、伏見や大原などの隠れた周辺観光スポットにおける体験型メニューの開発に着手すると、2018年12月に発表しました。京都市は近年、訪日客による混雑で観光公害「オーバーツーリズム」に悩まされていることから、混雑緩和による観光客の満足度向上などを目指します。連携までの背景やインバウンドのコト消費需要を満たす体験サービス内容をふまえ、京都市のオーバーツーリズム対策を見ていきましょう。


京都におけるオーバーツーリズム対策は急務

▲多くの観光客で賑わう京都の街

観光公害「オーバーツーリズム」とは、ある地域で観光客が増加することで、地元住民の日常生活に支障がでる現象です。イタリアのヴェネチアでは観光客が増えすぎたことに対し、住民が怒りのデモを起こすなど、世界的にも問題となっています。日本では、京都でオーバーツーリズムが顕在化している状況です。

京都を訪れる訪日外国人観光客は年間740万人にものぼり、地元住民の日常生活に支障をきたし始めています。路線バスは観光客で溢れ、紅葉などのハイシーズンには地元住民でさえバスに乗れないといった事態が発生しています。住宅密集地でも民泊が増加したことで、騒音被害に悩まされる住民も少なくありません。訪日客の満足度向上はもちろん、地元住民の生活の質を向上させるためにも、京都のオーバーツーリズム対策は急務であると言えるでしょう。

京都市のオーバーツーリズム事業【3つのゴール】

▲京都市観光協会:「オーバーツーリズム対策事業」より引用

京都市と京都市観光協会は、オーバーツーリズムへの対策事業のゴールを3つ設定しました。

1. 「混雑状況に不満」と回答する観光客の減少

京都市が毎年実施している「京都観光総合調査」において「京都観光で残念に思ったこと」として「混雑」の回答を減らしていくことを目指します。平成29年度の調査結果によると、外国人観光客は約8割が「残念なことはなかった」と回答した一方で、日本人観光客の4割強が「残念なことがあった」と回答し、理由として17.1%が「混雑」を挙げたことが明らかになりました。

2. 「市民にとって暮らしやすい観光地である」と回答する市民の増加

京都市が毎年実施している「市民生活実感調査」では「京都は、市民にとって暮らしやすい観光地である」といった回答が、平成26年に最高値0.58を記録して以来、平成29年には0.33まで悪化しています。

3. 京都観光にとっての望ましい賑わい状況を規定する

観光地における「混雑」とは、空間的要因・混雑を感じる人の属性・あらかじめ混雑の覚悟があるか、といったさまざまな要因が関係するとしています。京都観光の魅力を最大限引き出すのに望ましい賑わい状況の程度の規定に向け、各所と連携し研究に取り組みます。

インバウンド向け体験メニューキャンペーンで広域周遊観光の実現へ

▲Voyagin:「Kyoto City Visa Offer」特設ページより引用

世界各国の会員向けに訪日旅行の情報発信サイト「Visit Japan with Visa」を展開するVisaと、訪日客向けに体験型ツアーを販売するWebサイト「Voyagin」が連携し、京都全域の体験型メニューの予約から決済まで可能なキャンペーンサイトをリリースしました。訪日客を分散させることで中心部の混雑を緩和し、満足度を向上させることが狙いです。

京都中心部の有名観光地だけでなく、大原や伏見など京都のあらゆる街を周遊できるようなメニューを用意しています。伏見の日本酒試飲体験といった地域ならではの魅力を満喫できるメニューや、大原や高雄の寺院巡りツアー、地域の人との交流が楽しめる料理教室などを開発しました。キャンペーンサイトの体験メニューをVisaカードで購入すると、5%割引になるといった仕組みも取り入れています。

まとめ:住民の生活を守り、訪日外国人観光客のさらなる満足度向上へ

京都全域に訪日客を分散する体験型メニューの充実により、オーバーツーリズムに悩まされている中心部の地元住民の生活の質や観光客の満足度の向上が期待されます。リピーターはもちろんコト消費需要の高まりに対しても、新たな地域の魅力発信は効果的と言えるでしょう。今後も京都市のオーバーツーリズム対策とその効果からは目が離せません。


<参考>

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!