2019年のインバウンドはどうなる?アウンコンサルティング、2018年-2019年のインバウンド動向・予測を発表

2019年のインバウンドはどうなる?アウンコンサルティング、2018年-2019年のインバウンド動向・予測を発表

インバウンドのこれまでとこれから

アウンコンサルティング株式会社は2月14日、2018年の訪日外国人の年間動向調査結果と、2019年の予測を発表しました。観光庁の統計をもとに動向を分析しています。

2018年訪日外国人の年間動向調査結果+2019年の予測

2018年訪日外国人の年間動向調査結果+2019年の予測

訪日外国客数は過去最高・伸び率ではベトナム

2018年の訪日客数は、前年比8.7%増で約3,119.1万人、250万人のプラスとなり過去最高を更新。訪日外国人数では1位が中国で838.0万人、2位は韓国で753.9万人 3位は台湾で475.7万人となりました。

伸び率が高い国はベトナムで、前年より26.0%増加しています。レポートでは、観光庁がベトナムをターゲットに行った取り組みが伸び率を後押ししたと見ています。日本旅行や京都旅行への検索数もベトナムが高い割合となっています。

滞在中の支出は、リピーターの多い台湾・香港では宿泊や飲食費、タイ・シンガポール・マレーシア・ベトナム・インドでは娯楽サービス費にお金をかける傾向にあります。

2019年のインバウンド施策動向とトレンド

訪日外国客数が過去最高となった2018年ですが、一方で自然災害の影響も出ており、積極的なプロモーションの必要性が指摘されています。レポートでは地方やニーズを意識した詳細なターゲティングとSNSの活用がトレンドになると予測しています。

また訪日外国客数の増加に対し、消費金額は爆買いブームが去って消費が減少傾向にあることから、2019年は消費への取り組みが行われると予測しています。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

アウンコンサルティングのプレスリリース
https://www.auncon.co.jp/corporate/2019/0214.html

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。