外国人向け相撲体験教室「雷炎-RAIEN-」、クラウドファンディング開始

本格始動を目指して

三鷹市相撲連盟と株式会社スペースパンダ22は1月18日、外国人向け相撲体験教室「雷炎-RAIEN-」(以下、「雷炎」)の本格始動を目指し、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」にて、支援の募集を開始しました。

支援は1,000円から可能で、期限は2019年2月23日までです。5,000円以上支援すると、相撲教室体験無料のリターンがあります。 「雷炎」

「雷炎」

まわしを締めて相撲を体験

三鷹市相撲連盟は、訪日外国人に相撲を体験してもらいたいとの思いから「雷炎」を実験的に始めました。

「雷炎」では、参加者が実際にまわしを締め、四股やすり足、取り組みなどを体験できます。また元力士や通訳スタッフが、相撲の作法や精神を解説します。

なお女性や子供も参加でき、1名からの参加も受け付けています。「雷炎」は週3回開催しているため、訪日旅行のスケジュールに組み込みやすいのも特徴です。

「雷炎」は、訪日外国人を始めとする多くの人々から好評を博していますが、実験的なプロジェクトとして始まったため、2019年2月をもって終了予定です。

そこで3月以降も「雷炎」を継続するため、三鷹市相撲連盟と株式会社スペースパンダ22は支援を募ることにしたのです。

(画像はプレスリリースより)

訪日客の地方誘致に重要なのは、まず「知ってもらうこと」。効果的なインバウンドプロモーションを資料で詳しくみてみる

「インバウンド動画プロモーション」を資料で詳しくみてみる

「インフルエンサープロモーション」を資料で詳しくみてみる

「SNSプロモーション」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドメディア」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

株式会社スペースパンダ22 プレスリリース
https://www.atpress.ne.jp/news/175261

雷炎
https://raien.co

CAMPFIRE 外国人が手軽に相撲を体験できる貴重なアクティビティを本格スタートさせたい!
https://camp-fire.jp/projects/view/121304

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。