意外なインバウンド需要「イルミネーション×タクシー」 | 外国人に人気のイルミネーションスポット6選とタクシー会社の対策とは

意外なインバウンド需要「イルミネーション×タクシー」 | 外国人に人気のイルミネーションスポット6選とタクシー会社の対策とは

日本全国には数々のイルミネーションスポットがあります。しかし、イルミネーションが開催される時期は交通規制が厳しく路上駐車場が満車になっていることが多いことから、電車で行って徒歩でまわる人が大多数を占めているのではないでしょうか。

そのようななか、タクシーを貸し切ってのイルミネーション観光が注目されています。指定した場所までタクシーに迎えに来てもらい、有名なイルミネーションスポット巡りを楽しむというプランです。多くのタクシー会社では、イルミネーション巡りのモデルコースが用意されているほか、1日で複数のスポットを巡ることができます。

そこで今回は、訪日外国人観光客に人気のイルミネーションスポットと、タクシー会社の事例を紹介します。


訪日外国人に人気のイルミネーションスポット6選

1. 表参道イルミネーション2018

毎年、神宮橋交差点から表参道交差点にかけてイルミネーションが行われています。約1kmに渡り、表参道のけやき並木と背の低い植物には約90万球の電飾が灯されます。

2018年12月1日(土)~2018年12月25日(火)のクリスマスまで開催され、低木のみ2019年1月9日(水)まで開催するということです。東京都心というアクセスの良さもあり、訪日外国人に人気のイルミネーションスポットです。

(詳細)

表参道イルミネーション2018

住所:東京都渋谷区神宮前 神宮橋交差点~表参道交差点

点灯期間:2018年12月1日(土)~2018年12月25日(火)

※低木のみ~1月9日

点灯時間:日没~22:00(予定)

2. 東京ドイツ村 ウインターイルミネーション2018-2019「ドイツ村の奇跡 The Power of Smile」

千葉県袖ケ浦市の「東京ドイツ村」で毎年開催されているイルミネーションは、「あしかがフラワーパーク」「江の島 湘南の宝石」に並ぶ「関東三大イルミネーション」のうちのひとつです。「関東三大イルミネーション」とは、一般社団法人夜景観光コンベンション・ビューローが認めた関東地方の3つのイルミネーションのことです。

広大な敷地内には約250万球のイルミネーションがあり、ドイツの鉱山町ゴスラーをモチーフにした、光と音のショー、虹のトンネル、3Dイルミネーションが見どころです。

(詳細)

東京ドイツ村

住所:千葉県袖ケ浦市永吉419

点灯期間:2018年11月1日(木)~2019年4月7日(日)

点灯時間:点灯時間:日没後~20:00(最終入園19:30)

※期間中の営業時間9:30~20:00(最終入園19:30)

3. 白い恋人パーク 白い恋人パーク イルミネーション2018-2019

「白い恋人パーク」内にあるローズガーデンでは、2018年11月2日(金)~2019年3月31日(日)の間イルミネーションイベント「白い恋人パーク イルミネーション2018-2019」が開催されています。

また、雪の壁を利用した体験型のプロジェクションマッピング「スイーツエキサイトシューティング」も実施しています。巨大なスクリーンに映し出されたモンスターを、キャンディ・シューターで狙い射つというゲーム感覚で楽しめるアトラクションです。

(詳細)

白い恋人パーク

住所:北海道札幌市西区宮の沢2-2-11-36

点灯期間:2018年11月2日(金)~2019年3月31日(日)

点灯時間:日没~20:30

4. 東武ワールドスクウェア イルミネーションin東武ワールドスクウェア

「東武ワールドスクウェア」は、世界の建造物や世界遺産を再現した日本のミニチュアパークです。「東武ワールドスクウェア」の施設内には、「自由の女神」「スフィンクス」「ピサの斜塔」「サン・ピエトロ大聖堂」「エッフェル搭」「ウェストミンスター寺院」といった、旅行ガイドブックで誰でも一度は目にしたことのある数々の世界遺産が25分の1縮尺で再現されています。

「東武ワールドスクウェア」では、これらの世界遺産のイルミネーションを見ることができます。

(詳細)

東武ワールドスクウェア

住所:栃木県日光市鬼怒川温泉大原209-1

点灯期間:2018年11月3日(土)~2019年3月31日(日)

点灯時間:平日16:30~19:30、土日祝16:30~20:00

5. なばなの里イルミネーション

2018年で15回目の開催となる「なばなの里イルミネーション」も、訪日外国人に人気のイルミネーションスポットです。国内最大級を誇る「なばなの里イルミネーション」は、200mに及ぶ光のトンネルが有名です。

累計80,000部を超える写真集「死ぬまでに行きたい! 世界の絶景」で第5位に選ばれており、三重県の冬の風物詩のひとつとして、毎年多くの観光客で賑わいを見せています。

また、あじさい・花しょうぶ園が咲き誇る8,000坪の誇大な敷地にも、色とりどりの電飾があしらわれ、四季折々の日本の風情を楽しむことができます。

(詳細)

なばなの里イルミネーション

住所:三重県桑名市長島町駒江漆畑270

点灯期間:2018年10月20(土)~2019年5月6日(月)

点灯時間:9:00~22:00

6. ラグーナテンボス 「史上最光の冬ラグーナ 2018~2019」

「御殿場高原 時之栖 ひかりのすみか 時之栖イルミネーション2018-2019」は、2018年で開催17年目を迎える、全国でも人気のあるイルミネーションのひとつです。

「御殿場高原 時之栖 ひかりのすみか 時之栖イルミネーション」の名物は長さ約450mに渡る「光のトンネル」です。企業や学校が制作したという「富士山ヒカリの国フェスティバル」やツインツリー、高さ150mにも達する「王宮の丘」の噴水ショーが有名です。

(詳細)

ラグーナテンボス

「史上最光の冬ラグーナ 2018~2019」

住所:愛知県蒲郡市海陽町2-3 ラグーナテンボス「ラグナシア」

点灯期間:2018年11月3日(月)~2019年3月31日(日)

点灯時間:日没~閉園

【事例紹介】タクシーで巡る!日本のイルミネーション観光

1. 日本交通

日本交通株式会社では、2017年から「東京イルミネーションタクシー」を実施しています。タクシーを貸し切って、車内から都内のイルミネーションスポットや夜景を満喫できるプランです。

昨シーズンの2017年には、東京スカイツリーなどの照明デザインを手がけた、世界で活躍する照明デザイナー、戸恒浩人氏監修のモデルコースを用意しました。東京を代表するイルミネーションスポットを、約9,000名の乗務員の中から選ばれたドライバーが案内するというものです。

ただ単にイルミネーション巡りをするのではなく、タクシー車内にもムードを盛り上げる仕掛けがなされています。タクシー車内には青色LEDイルミネーションが彩りを添え、光るクッションや写真撮影で使えるペンライトを用意するなど特別仕様になっています。

2. 三和交通

三和交通株式会社でも、TOKYOイルミネーションツアーを実施しています。TOKYOイルミネーションツアーのモデルコースには、「2時間コース」と「3時間コース」の2種類が用意されています。

「2時間コース(8870円)」は、東京駅→丸の内→けやき坂→ミッドタウン→東京タワー→東京駅の順番に港区エリアの人気イルミネーションを楽しめるプランです。「3時間コース(13,090円)」では、東京駅→丸の内→恵比寿→渋谷→表参道→東京駅を巡るというものです。

まとめ

栃木県日光市のあしかがフラワーパーク「光の花の庭」や、和歌山県で人気の「マリーナシティ ポルトヨーロッパ 本当のクリスマスに出逢える場所 フェスタ・ルーチェ」など、日本全国には魅力溢れるイルミネーションスポットが数多くあります。本場ヨーロッパに負けない日本のイルミネーションは、訪日外国人にも人気があります。


<参照>

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!