インバウンド対策を強化! 外国語レッスンを実施しているスキー場4選を紹介

インバウンド対策を強化! 外国語レッスンを実施しているスキー場4選を紹介

日本全国には数百カ所ものスキー場があります。そのなかでも新潟県の「GALA湯沢スキー場」「上越国際スキー場」や、長野県の「竜王スキーパーク」では、訪日外国人観光客向けのスキーレッスンを実施しています。

外国人向けスキーレッスンには、英語や中国語のほか、タイ語にも対応しているところがあります。スキーレッスンの申し込みやレッスン中のやり取りはすべて外国語で対応できるため、言葉が通じない不安がありません。

そこで今回は、外国語レッスンを開講しているスキー場をご紹介します。


日本全国にある外国語レッスンを開催しているスキー場

1. GALA湯沢スキー場

魚沼郡湯沢町にある「GALA湯沢スキー場」は、最寄り駅である「ガーラ湯沢駅」直結のスキー場です。東京駅から上越新幹線で1時間15分というアクセスの良さから、日帰りでも楽しめると毎年多くのスキーヤーで賑わっています。

同スキー場のオープン期間は、12月中旬〜翌年4月20日頃までです。春スキーのシーズンがピークを迎える4月の初旬以降は、リフト券を通常よりも格安で購入することができます。

スキー場がオープンする12月16日~4月1日までのリフト1日券の価格は、大人4,600円、小学生以下2,300円です。しかし、4月2日以降になると、大人3,700円、小学生以下1,850円と春特別料金が適用されます。さらに、4月15日はスキー子供の日で小学生以下のリフト1日券が無料になります。

また、国外からの利用者が多い同スキー場では、英語のほか中国語、タイ語で受講可能なスキーレッスンも開催されています。

(詳細)

GALA湯沢スキー場

住所: 新潟県南魚沼郡湯沢町大字湯沢字茅平1039-2

営業時間:8:00~17:00

2. 竜王スキーパーク

長野県の「竜王スキーパーク」は、標高1,770mの場所に位置するスキー場です。北志賀高原エリアのなかでも最大規模のスケールを誇り、3つのゲレンデエリアには、17種類以上ものコースが用意されています。

「竜王スキーパーク」の名物コースといわれているのが、上級者用の「木落しコース」です。林の間を縫いながら滑り抜ける、難易度の高いコースです。

「竜王スキーパーク」では、「スキーははじめてだから滑れるか心配」という方のためにスキーレッスンも定期的に開催されています。中国語や英語での対応も可能な「International Snow Academy」という外国人向けのレッスンプランも用意されているため、言葉が通じないという心配がありません。

プライベートレッスン(2時間20,000円〜)や団体レッスン(2時間8,000円〜)などさまざまなプランがあり、専任のインストラクターが手取り足取り丁寧にレクチャーしてくれます。上級者用のレッスンプランもあるため、初心者から経験者までそれぞれのスキーレベルに応じたレッスンを受けられます。

また、東京から 「竜王スキーパーク」へは北陸新幹線で2時間弱、大阪方面からだと3時間ほどでアクセスすることが可能です。「竜王スキーパーク」の最寄駅である「湯田中駅」からは無料のシャトルバスも出ているので、駅からスキー場への移動もスムーズです。

(詳細)

竜王スキーパーク

住所:長野県下高井郡山ノ内町夜間瀬11700

営業時間:8:00〜17:00

3. 上越国際スキー場

新潟県中央部の魚沼丘陵地帯に位置する「上越国際スキー場」は、日本屈指の広さを誇るスキー場です。

同スキー場のリフト1日券は大人4,000円、小学生以下2,500円です。しかし3月下旬~4月上旬クローズまでの期間中は大人2,000円、小学生以下1,500円と半額価格になります。12~4月の『5』の付く日は「ハッピーデー」としており、こども1日レンタルセット・スクール半額、女性1日レンタルセット30%OFF、託児所3時間無料など、さまざまな特典があります。

また、スキーレッスンも充実しています。『雪を楽しむ!』をコンセプトに、雪に触れるのが初めてという初心者方からレベルアップを目指す中上級者まで、それぞれのニーズに合わせレッスンプランが用意されています。経験豊富なインストラクターが、実演を交えながら丁寧にレクチャーしてくれると口コミでも高評価です。

(詳細)

上越国際スキー場

住所:新潟県南魚沼市樺野沢112-1

営業時間:8:00〜17:00

4. 舞子スノーリゾート

「舞子スノーリゾート」は、東京から上越新幹線で2時間弱で行けるアクセス抜群なスキー場です。「舞子スノーリゾート」の最寄り駅、越後湯沢駅東口改札を出てすぐ右のシャトルバス発着所からは、スキー場まで直で行ける無料送迎シャトルバスも運行しています。スキー場に行くまでに、電車やバスを何度も乗り換える手間がありません。

「舞子スノーリゾート」のゲレンデ内に併設されている「舞子高原ホテル」で降ろしてくれるため、チェックインを済ませればすぐにゲレンデに出てスキーを楽しめます。こうしたアクセスの良さから日帰りで利用するスキーヤーも多く、平日もリフト待ちができるほど多くの利用者で賑わっています。

ちなみに、「舞子高原ホテル」のリフト券付き宿泊プランを予約しておけば、「舞子スノーリゾート」で使えるリフト券をフロントで受け取ることができます。わざわざチケット売り場まで行く必要がありません。

また、「舞子スノーリゾート」では外国人向けの英語専用スキーレッスンも開催。スクールの申し込みやレッスン中のインストラクターとも英語でやり取りができるため、言葉が通じないことへの不安もなく安心です。

(詳細)

舞子スノーリゾート

住所:新潟県南魚沼市舞子2056-108

営業時間:平日 8:30~16:00、土日祝8:00~16:00

まとめ

スキー目的に日本を訪れた訪日外国人観光客を取りこぼさないためにも、スキー場でもインバウンド対策が必須です。多くの訪日外国人観光客が抱えるコミュニケーションの壁を払拭することが重要です。


<参照>

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!