国籍関係なく案内に気づけるように/京急電鉄、錯覚を活用した「錯視サイン」等の設置を開始

国籍関係なく案内に気づけるように/京急電鉄、錯覚を活用した「錯視サイン」等の設置を開始

目の錯覚を活用し、床に貼り付けた絵が立体的に見える案内サイン

2019年1月28日、京浜急行電鉄株式会社(以下、京急電鉄)は、羽田空港国際線ターミナル駅において、錯覚を活用した案内サイン「錯視サイン」等の設置を開始しました。

「錯視サイン」とは、目の錯覚を活用した案内サインで、床に貼り付けた絵が立体的に見えることから、ハッと目がいく案内を行うことができ、国籍や年齢を問わずに効果があります。

錯覚を活用した案内サイン「錯視サイン」

錯覚を活用した案内サイン「錯視サイン」

羽田空港国際線ターミナル駅における設置内容

案内サインが浮き上がるとともに床面に穴が空いている錯覚に陥る「錯視サイン」を、同駅構内コンコース床面に設置して、エレベーターへの誘導案内を行い、増加する訪日外国人利用者を中心にエレベーター利用を促すことで、旅客を誘導するとともに、エスカレーターからの手荷物落下による事故の防止を図ります。

また、京急電鉄の車両が壁から飛び出すフォトスポット「飛び出す!赤い電車とけいきゅん」を設置しました。羽田空港に来た際には、記念として利用してくださいとのこと。

さらに、2019年1月28日から約3か月間の期間限定で、錯視作品展「杉原厚吉のふしぎ?錯視展」を同駅において開催します。

世界的錯視研究の第一人者で、テレビ番組等のメディアでも馴染みの明治大学先端数理科学インスティテュート(MIMS)所長 杉原厚吉特任教授が生み出した「不可能立体作品」の展示を通して、国内外から訪れる客を不思議な錯覚の世界に案内します。

(画像はプレスリリースより)

顧客満足度を上げる!旅ナカに有効なインバウンド対応を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「バイリンガル採用・派遣」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

京急電鉄 ニュースリリース
https://www.keikyu.co.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部がセレクトした、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。