4言語対応で利便性も向上 JR九州、外国人向け向けに多言語ネット列車予約サービスをスタート

4言語対応で利便性も向上 JR九州、外国人向け向けに多言語ネット列車予約サービスをスタート

インバウンドの列車予約がもっとスムーズに

九州旅客鉄道株式会社(以下、JR九州)は、3月下旬より、インバウンド向けに、海外からインターネット(PC・スマートフォン)できっぷを予約・購入できる列車予約サービス「JR-KYUSHU Train Reservation」をスタートします。

JR-KYUSHU Train Reservation

JR-KYUSHU Train Reservation

4言語対応で利便性も向上

「JR-KYUSHU Train Reservation」の予約可能エリアは、九州新幹線、山陽新幹線、東海道新幹線ならびに、JR九州、西日本エリアの在来線特急。

インバウンドは、予約可能エリア内の通常のきっぷと九州ネットきっぷ、九州ネット早特3の割引きっぷを、クレジットカード決済にて購入することができ、日本到着後は、予約時(決済)に使用したクレジットカードを、JR九州の一部の指定席券売機、みどりの窓口へ持参することで、きっぷを受け取ることが可能です。

なお、予約サイトの対応言語は、英語、中国語(簡体字、繁体字)、韓国語の4言語となっています。

現在、インバウンド向けの九州内周遊きっぷ「JR九州レールパス」(及び付帯する指定席)については、専用サイト「JR KYUSHU RAIL PASS Online Booking」で予約・購入が可能ですが、3月下旬以降は、よりサービス内容が拡大されることになりました。

JR九州では、これまで以上に便利になるネット予約を、ぜひ利用してもらいたい考えです。

(画像はプレスリリースより)

まずは知ってもらう!旅マエに有効なインバウンド集客を資料で詳しくみてみる

「インバウンド動画プロモーション」を資料で詳しくみてみる

「SNSを活用したプロモーション」を資料で詳しくみてみる

「インフルエンサーマーケティング」を資料で詳しくみてみる

「広告プロモーション」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

JR九州 プレスリリース
http://www.jrkyushu.co.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!