7割が取引中止意向 中国電商法の影響について中国人バイヤーにアンケート調査実施

7割が取引を中止する意向

バイドゥ株式会社は「中国電子商取引法」の影響を調査するため、中国人バイヤーへアンケートを実施。2月27日に結果を公表しました。取引を休止する意向があるバイヤーは、全体の70.9%にも及んでいます。

「中国電子商取引法」に関するアンケート

「中国電子商取引法」に関するアンケート

取引を継続するバイヤーは3割弱

「中華人民共和国電子商務法」の施行により、行政許可の取得や納税義務などが発生することから、代理購入を行う事業者や個人が減少する可能性があります。そこで同社は在日中国人バイヤーに対し、今後の対応などについてアンケートを実施しました。

「中国電子商取引法」を認知していたバイヤーは68.0%。施行後も業務・取引を「継続する」バイヤーは29.1%、「休止する」バイヤーは70.9%となっています。

購入していた商品は、全体で見ると「スキンケア」「栄養補助食品」「メイクアップ化粧品」。仕入れ場所は「ドラッグストア」「Amazon.co.jp」が多いですが、取引を継続するバイヤーはショッピングモールやスーパーなどでも仕入れています。

日本商品の購入ポイントは?

中国へ販売する日本商品の仕入れで重視していることは、「中国で人気がある商品・ブランドであること」がトップで48.5%、次いで「仕入れる際に、安売りやセール中の商品であること」が42.4%となっています。

ほかには「中国の口コミ評価が高い商品・ブランドであること」「中国でプレミアが付いている商品であること」などがあげられました。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド最大の中国市場は「旅マエ」にアプローチするのが重要!おすすめのインバウンド対策を資料で詳しくみてみる

「中国向けインフルエンサープロモーション」を資料で詳しくみてみる

「中国向け広告運用」サービスを資料で詳しくみてみる

「Wechatを活用したプロモーション」を資料で詳しくみてみる

「Weiboを活用したプロモーション」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

バイドゥ株式会社のプレスリリース
https://www.baidu.jp/info/557/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。