日本で唯一 世界7位にランクインの快挙/NYタイムズ「2019年行くべき52ヶ所」に瀬戸内エリアが選定

日本で唯一 世界7位にランクインの快挙/NYタイムズ「2019年行くべき52ヶ所」に瀬戸内エリアが選定

アメリカで最も著名な「The New York Times」にて「52 Places to Go in 2019」が発表されました。「瀬戸内エリア」が7位にランクインし、日本で唯一の選出となっています。2019年に行くべき52ヶ所の中で瀬戸内エリアが紹介された理由について、近年のせとうちDMOによる瀬戸内エリアのインバウンドプロモーションの取り組みを見ていきましょう。


「52 Places to Go in 2019」に日本から唯一瀬戸内エリアがランクイン

▲「The New York Times」:「52 Places to Go in 2019」特設ページより引用
「 The New York Times」は、アメリカで最も著名な新聞の1つであり、国際的な影響力も大きい媒体です。紙面はもちろん電子版でもランキングは公開されており、世界中からの注目が集まります。日本からは瀬戸内エリアが唯一第7位に選出される結果となりました。

第10位までのランキングを参考までに掲載します。

  1. プエルトリコ
  2. ハンピ(インド)
  3. サンタバーバラ(アメリカ)
  4. パナマ
  5. ミュンヘン(ドイツ)
  6. エイラート(イスラエル)
  7. 瀬戸内エリア
  8. オールボー(デンマーク)
  9. アゾレス諸島(ポルトガル)
  10. オンタリオの氷の洞窟(カナダ)

選出にあたり本誌の旅行部門編集部は、過去に寄稿していたジャーナリストたちに最も興味深かった旅先について、150字ほどで魅力をまとめてもらったものをもとに、数が多かった順に最終的なリストとして掲出したとのことです。2019年にフォーカスしたランキングということもあり、近年新たな成長や見所が取り上げられている、または特別なイベントが2019年に実施される予定の旅先に注目しています。

世界で評価された瀬戸内エリアの7つのコンテンツ

▲「 SETOUCHI TRIP」:公式ウェブサイトより引用
本誌の瀬戸内エリアに関する記事では、「アートと自然が調和した島」と紹介されています。評価された点として、以下の7点が挙げられました。

  1. 瀬戸内国際芸術祭 2019
  2. 豊島(瀬戸内国際芸術祭 2019 会場)
  3. 広島平和記念資料館
  4. サイクルシップ(Cycleship Lazuli)
  5. guntû 
  6. せとうち SEAPLANES
  7. 人工流星プロジェクト(ベンチャー企業によるプロジェクト)

2019年に開催されるイベントとして「瀬戸内国際芸術祭 2019」と会場の豊島がピックアップされたのが印象的です。近年世界中からサイクリストを招く一大イベントとなっているしまなみ海道のサイクリングや昨年就航したサイクルシップ・ラズリ、リニューアルオープンした広島平和記念資料館、ベンチャー企業が企画する人工流れ星プロジェクトなど、日本の地域の新たな魅力の1つとして瀬戸内エリアがPRされました。

【地方誘致】香川県が前年比241.6%増のインバウンド誘致に成功した2つの理由

訪日外国人観光客数が初めて2,000万人を突破し、2016年はインバウンド業界にとって記念すべき年になりました。矢野経済研究所の調査では、来年2017年の訪日外国人観光客数を2,822万人、再来年を3,086万人と予測しており、これからも安定してインバウンド需要は拡大していくことが期待できます。このような背景をもとに、地域のPR、観光業の活性化を目的に、地方の自治体はインバウンドの地方誘致に取り組んでいます。<関連記事>訪日客の地方誘致に重要なのは、まず「知ってもらうこと」。効果的なインバ...


せとうちDMOの欧米市場へのマーケティング活動

▲「 SETOUCHI TRIP」:公式ウェブサイトより引用
本誌のランキングに選出された経緯として「せとうちDMO」のおけるインバウンドマーケティングが挙げられます。「せとうちDMO」は、一般社団法人せとうち観光推進機構と金融機関・域内外の民間企業が参画する株式会社瀬戸内ブランドコーポレーションで構成されており、観光需要の創出と商品やサービスの供給体制の強化を実施しながら、持続可能な観光地域づくりに取り組んでいます。

昨年度より英・独・米・仏の欧米圏の4つの市場に注目し、各国の旅行業界に精通したマーケティング会社を現地に設置、さらに現地メディアや旅行会社に対する戦略的なマーケティングを実施してきました。2018年にナショナル・ジオグラフィック・トラベラー英国版に“SETOUCHI”が1位に選出されたり、今回の「The New York Times」でのランキング選出は、これまでの「せとうちDMO」によるマーケティングの効果も発揮した結果であると言えるでしょう。

一方で、主に旅行者向けのデジタルマーケティングの取り組みとして「SETOUCHI TRIP」というウェブサイトを、2017年12月より運営しています。宿泊施設や体験アクティビティの予約機能や外国人ライターによる瀬戸内の魅力発信などを6ヶ国語(英語・ドイツ語・フランス語・中国語(繁体字)・韓国語・タイ語)で展開しているサイトです。動画配信をはじめとしたデジタルプロモーションを組み合わせ、予約の成立状況やどうかの視聴結果などのデータを蓄積し、マーケティングに活かしています。

なぜ日本の観光業は広告依存をやめて「PR」に注力すべきなのか?せとうちDMOが語る『世界基準のインバウンド対策』とは?ツーリズムEXPOジャ

昨日9月20日(木)から、旅行や観光に関する世界最大級イベント「ツーリズムEXPOジャパン2018」が開幕しました。場所は東京ビッグサイトで23日(日)までの4日間の開催で、日本政府観光局(JNTO)、日本観光振興協会と日本旅行業協会(JATA)の3団体の共催となります。今回は「ツーリズムEXPOジャパン2018」初日の現場レポートをお届けしたいと思います。訪日客の地方誘致に重要なのは、まず「知ってもらうこと」。効果的なインバウンドプロモーションを資料で詳しくみてみる「インバウンド動画プロ...


まとめ:瀬戸内エリアのさらなるインバウンド誘客促進に注目

「The New York Times」に取り上げられたことは、瀬戸内エリアが世界的に魅力ある旅行先として認められ始めた結果であると、せとうち観光推進機構は捉えています。「The New York TImes」だけでなく、ナショナル・ジオグラフィック・トラベラー英国版でも1位に選出された瀬戸内エリアでは、世界的に旅行先として注目され、さらなるインバウンド誘客の促進が期待されるでしょう。


<参考>

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!