「国美」異文化交流×美術鑑賞プログラム「Let’s Talk Art!」開始

異文化交流プログラム「Let’s Talk Art!」

東京国立近代美術館は3月14日、鑑賞・異文化交流プログラム「Let’s Talk Art!」を開始すると発表。ピックアップした美術作品を、ガイドスタッフと英語でトークしながら鑑賞するプログラムです。

東京国立近代美術館「Let’s Talk Art!」

東京国立近代美術館「Let’s Talk Art!」

美術鑑賞を外国人に楽しんでもらう

同館では、選りすぐりの所蔵作品展「MOMATコレクション」を楽しんでもらうため、ガイドスタッフと参加者がコミュニケーションできるプログラムを実施しています。作品の解説だけでなく、意見の交換や作品の背景にある歴史や文化など、掘り下げて学ぶことができます。

美術館・博物館でもインバウンド対応が求められていることから、このプログラムを訪日外国人向けに企画。「Let’s Talk Art!」として、3月22日より開始します。

伝えるだけでなく、文化の相互理解として

同館はプログラムの体制を整えるため、2017年から着手。ファシリテーターの募集や研修を行い、千代田区内の大学の協力を得て、留学生向けにトライアルを重ねてきました。

描かれているものや日本文化の魅力を知ってもらうだけでなく、価値観の相違や相互理解を共有できる、コミュニケーションの場を提供していきたいと述べています。

プログラムの実施は3月22日より毎週金曜日、18時半から1時間で3つの作品を鑑賞していきます。事前申込制で定員は6名となっています。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

東京国立近代美術館のプレスリリース
https://kyodonewsprwire.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。