コインロッカーが足りない!西武渋谷店で荷物預かりサービス「ecbo cloak」開始

コインロッカーが足りない!西武渋谷店で荷物預かりサービス「ecbo cloak」開始

3月11日より開始

株式会社そごう・西武は3月11日、ecbo株式会社と提携し、西武渋谷店1階案内カウンターにて、荷物預かりサービス「ecbo cloak(エクボクローク)」を導入し、荷物預かりの実証実験を開始しました。

「ecbo cloak」

「ecbo cloak」

コインロッカーが足りない現状

渋谷は、訪日外国人が新宿・銀座・浅草に次いで4番目に多く訪れる街です。渋谷駅の1日の乗降客数は約300万人と言われています。

しかしながら渋谷駅周辺にはコンロッカーが約1,400個少なく、特にスーツケースも入るような大型のものなると約90個しかありません。スーツケースや買い物袋を預けて、手ぶらで観光したいという訪日外国人のニーズに応えきれていないのが現状です。

そこで今回、西武渋谷店1階案内カウンターで「ecbo cloak」が導入される運びとなりました。同店は、スクランブル交差点を渡ってすぐという好立地にあり、そごう・西武の中でもインバウンド比率の高い店舗です。コインロッカーが空いていなくて困っている訪日外国人の助けとなることが期待されています。

「辿り着いたのに預けられない」を解消

「ecbo cloak」は、WEBまたはアプリでの事前予約が必須のサービスです。従って、コインロッカーと異なり、「辿り着いたのに預けられない」ということがありません。

同サービスの特徴として、対人で荷物を預かるということがあります。ユーザー側からすれば安心感があります。施設側からすれば、荷物を預かるだけでなく、施設案内をするなどして商機に繋げることもできます。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド対策なにから始めたら良いかわからない?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドコンサル」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンド研修」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

株式会社そごう・西武 プレスリリース
https://www.sogo-seibu.co.jp/pdf/20190308_02.pdf

予約ページ
https://cloak.ecbo.io/ja/space/tokyo/ARE8/SUB802/pSj0VgtQ

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部がセレクトした、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。